続きを読む

iFreeGPIFバランス、SBI証券からリリース(8/31~)

iFreeシリーズから、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオに近づけることを目指すバランスファンドが登場します。

第一報は、いつものとおりアウターガイさんです。
https://www.valuetrust.net/entry/2018/08151612.htm

なお、GPIFの基本ポートフォリオとは、国内株25%、外国株25%、国内債券35%、外国債券15%です。
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000197096.pdf#search=%27GPIF+%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AA%E3%82%AA%27

続きを読む

スリムシリーズの直販は秋以降に延期へ

eMAXIS Slimシリーズの運用会社である三菱UFJ国際投信が直販に踏み切るのではないかとの報道がなされたのは、2017年10月10日でした。

●MUFG:投信ネット直販に来年度参入へ、個人投資家開拓
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-10/OXEBAQ6K50XV01

上記記事はこのように述べます。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、2018年度第1四半期(4-6月)に個人投資家向けに投資信託の直接販売に参入することが分かった。
MUFG傘下の三菱UFJ国際投信は現在、10人以上のプロジェクトチーム(PT)で計画を進めており、10月中に専任担当者2,3人の準備室を開設する。主な対象は投資経験が浅かったり、未経験の20-40代の投資家層。当初は国内公募投信5-10本を投入する見通しで、複数の資産に分散投資するバランス型や信託報酬の低いインデックス運用、運用実績があるアクティブ運用のファンドなどが有力という。

上記記事によれば、直販は遅くとも今年の6月にはスタートしていたはずでした。
しかし、今はもう8月です。
三菱UFJ国際投信の直販はどうなってしまったのでしょうか。

続きを読む

ちきりん流投資のススメ

ブロガー界の巨星、ちきりんさんが

●「普通の投資」を始めよう
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20180810

という記事を公開しています。

やばいですね。
何がやばいかというと、イケハヤさんに続き、ちきりんさんまでがインデックス投資を勧めてきたからです。
梅屋敷本などの投信ブロガーの相次ぐ出版といい、なんだか過熱した感じがしています。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●iFreeS&P500は買うべきではない
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-991.html

続きを読む

iFreeS&P500は買うべきではない

S&P500指数に連動する低コストインデックスファンドとして期待されたiFreeS&P500。
その純資産額は54億1100万円であり、人気を集めています。

しかし、このファンドは買うべきではありません。

続きを読む

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理