スリム先進国株、170億円を突破

eMAXIS Slim先進国株の純資産額が、2018年7月25日、170億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、170億1300万円です。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

インデックス運用から資金が逃げてもバイアンドホールド
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-975.html#more

広告

eMAXIS Slim先進国株の純資産額の推移です。

2/27 新規設定
5/22 5億0700万円
8/3 10億1300万円
9/5 15億2600万円
11/1 20億2800万円
12/8 25億0100万円
12/29 30億円
1/11 35億7500万円
1/18 40億6900万円
1/26 45億4700万円
2/13 51億4200万円
2/19 56億8800万円
2/22 60億9000万円
3/5 65億0300万円
3/9 70億8700万円
3/19 75億3200万円
3/30 80億4700万円
4/6  85億8900万円
4/13 91億0900万円
4/19 95億9300万円
4/25 100億1400万円
5/2  105億3900万円
5/10 111億5100万円
5/15 115億4500万円
5/18 120億6700万円
5/23 125億3400万円
6/4 130億3300万円
6/7 135億9200万円
6/13 140億2900万円
6/25 145億4600万円
7/2 151億0300万円
7/6 155億6500万円
7/10 160億8200万円
7/13 165億7500万円
7/25 170億1300万円

異次元の値下げをした12月29日の純資産額は30億円です。
スリム先進国株の純資産額が30億円になるまでには、新規設定から10か月かかっています。

しかし、異次元の値下げ後、わずか7か月で140億円を集めることに成功しました。
値下げ前は10か月で30億円だったのに、値下げ後は7か月で140億円です。
この間の純資産額の増加には目を見張るものがあります。

そして、本日、スリムシリーズは、ニッセイシリーズに対抗し、信託報酬を引き下げました。

●スリムシリーズ、ニッセイと同額値下げ。そしてニッセイの天下に
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-956.html

ニッセイ外国株の値下げは8月21日ですから、スリム先進国株が約1か月早く値下げしたことになります。
スリムシリーズの対抗値下げの発表日と実施日の早さには目を見張るものがありますが、しかし所詮は同額値下げにすぎません。

純資産額953億3200万円の偉大なチャンピオンであるニッセイ外国株に勝つためには、同額では絶対にダメです。
なぜなら、値段が同じであれば、一部の投信マニアを除き、誰もがニッセイ外国株を買うからです。ニッセイ外国株はすぐに1000億円の大台に到達し、1500億円をめざすことになるでしょうが、スリム先進国株は1000億円はおろか500億円に到達することさえ難しいと考えます。

とはいえ、スリム先進国株の純資産額は既に170億円に達し、200億円が射程距離に入ってきました。
この規模であれば低コストで安定運用をすることができますので、我々にとってはスリム先進国株がチャンピオンにならなくても一向に構いません。

また、ファンドにとって、急激な資金の流出入は下方乖離の原因となる害悪です。
なんとなくインデックスファンドを買おうと思った人がニッセイ外国株に流れれば、そういう人は暴落時にすぐに手放すでしょうから、結果的にスリム先進国株の運用が守られることになります。

そういう意味では、スリム先進国株の一人勝ちという不健全な状況ではなく、ニッセイ外国株一強のもとに複数のファンドがひしめく現在の状況のほうが我々にとってはいいのかもしれません。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理