現物株売買手数料0円の新時代が本日幕開け

4か月前、こんな記事を書きました。

●東証の売買手数料が完全無料の時代に突入
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-814.html

本日、フルサービスの申込みが開始されました。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●アマゾンプライムデーはこれを買え(本・CDは20%ポイントバック)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-968.html#more

広告

SNS機能限定版から取引アカウントへのアップグレードの方法は次のとおり。

(1)アプリの市況銘柄の欄の適当な銘柄を選択する。

(2)「取引アカウントにアップグレードして、機能を開放する」を選択する。
※これが表示されないときは、アプリをアップデートしてください。

(3)アプリ上で、本人確認情報の確認が求められるので、アプリの指示に従って次々に確認し、最後にアプリの指示に従ってマイナンバーカードを撮影すると口座申込みが完了する。

(4)審査完了まで2日ほど待つ。

(5)口座開設通知書が発送されるので、それに記載された開設コードを入力する。

(6)利用開始。



スマートプラス社のサービスはこのようなものです。

【転載開始】

改めて、STREAMの特徴は?
ーーーーー
1)日本初 株式委託手数料ゼロ!
何度でもいつでも、取引高にかかわらず、恒常的に手数料はかかりません。
ーーーーー
2)手数料ゼロよりお得なSMART取引!
東証立会取引と立会外取引を比較し有利な方で約定!立会外取引で約定した場合には東証の株価気配値との差額相当分から一部を手数料とします。投資家とWIN-WINな新方式です!
※ 東証立会取引で約定した場合にはお客様に手数料は一切かかりません
→詳しくはこちら
https://blog.smartplus-sec.com/question1/
ーーーーー
3)取引アイディアがザクザク見つかる
コミュニティで株取引を学んだり、取引アイディアを得られます!
アイディアを得たら、スムーズに取引まで完了!
ーーーーー
これまでの株取引の常識が変わります!
さぁ、STREAMで「新しい株取引」を体験してみませんか?

商号等:株式会社スマートプラス(金融商品取引業者)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第3031号
加入協会:日本証券業協会

【転載終了】

当初のアナウンスから時間がかかりましたが、いよいよ正式サービス(現物株取引)が開始されます。
私は、楽天証券の大口顧客であるため、8月から1回10万円以下の現物株取引手数料が回数無限定で無料となります。
そのため、4か月前のモチベーションはもはやありませんが、楽天証券であっても10万円を超える銘柄には手数料がかかってしまいますし、ダークプール取引による東証よりも安値での約定というコンセプトには原因不明のワクワク感を覚えます。

なにより、スマートプラス社のサービスは、楽天証券の大口顧客割引とは異なり、全ての人に対し等しく開かれたものです。

本日、現物株取引に革命が起こりました。

これからは、望むと望まざるとにかかわらず、いやおうなしに現物株の売買手数料実質無料化の時代に突入していくものと考えられます。


広告

コメント

No title

穿ち過ぎかもしれませんが、業者側の収益源は立会外取引で約定した場合の東証気配値との差額の一部ということですが、一般ユーザーとしては本当に立会外取引の方が有利だったのか検証のしようがないので、そのあたりで不適切な操作などがなされないか気になります。

No title

コメントありがとうございます。

>一般ユーザーとしては本当に立会外取引の方が有利だったのか検証のしようがないので、そのあたりで不適切な操作などがなされないか気になります

ばれたら会社がつぶれますし、社長は逮捕されるでしょう。
非常にリスキーですから、心配する必要ないと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理