楽天・インデックスバランス・ファンドが登場(7/20~)

2か月前にこのような記事を書きました。

●楽天・インデックス・バランスが登場
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-888.html

これはDCのデフォルト商品(株式15%、債券85%)でしたが、ついに「楽天・バンガード・ファンドシリーズ」として一般発売されます。
https://www.rakuten-toushin.co.jp/news/pdf/20180703.pdf

第一報はいつものとおりアウターガイさんです。
https://www.valuetrust.net/entry/2018/07031008.htm


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●「たわら男爵15種」の構成銘柄を変更しました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-954.html#more

●スリム先進国株150億円、スリムバランス130億円を突破
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-953.html#more

●nanacoギフト券で2%得して税金を払おう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-952.html#more

広告

●楽天・インデックス・バランス・ファンド

債券重視型(債券70株式30)、均等型(債券50株式50)、株式重視型(株式70債券30)の3種類

信託報酬は、税込0.1296%(楽天バンガードファンドシリーズで共通)

販売会社は、SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社。
全て7月20日から取扱予定。


このファンドは、冒頭の関連記事で既報のとおり、株式はVT、債券はアイルランド籍のインデックスファンドの2本で構成されます。
債券は為替ヘッジされます。
VTの経費率は0.10%、アイルランド籍の債券ファンドは0.15%ですので、これらを含む実質的な信託報酬は株式比率が高いほうが安いことになります。

株式重視型 0.2446%
均等型 0.2546%
債券重視型 0.2646%


このうち均等型は、明かにセゾングローバルバランスファンドを意識したものです。
販売会社が楽天証券のみではなく、ネット証券3社が同時に取り扱うことからしても、楽天は確実にセゾンを殺しに来たといえます。
これはいいファンドです。

今回は速報記事ですが、スリムバランスとの比較記事を今日か明日には書きますので、ご期待ください。


広告

コメント

No title

> 債券は為替ヘッジ
日本円にヘッジしてくれると良いのですが、
どうでしょうか?

No title

先ほど投稿した者です。

こちらのサイト
http://anbowasset.blog.fc2.com/blog-entry-577.html
にて、円ヘッジと記載がありました。
> バンガード・インベストメント・シリーズ・ピーエルシー - バンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンド - インスティテューショナル円ヘッジシェア

失礼しました。

No title

コメントありがとうございます。

>こちらのサイトにて、円ヘッジと記載がありました


債券部分は、日本円にフルヘッジされます。
この部分がこのファンドの非常に良い点です。

いつも楽しみにしています。

次回の記事では、債券部分の為替ヘッジのメリットデメリットについても解説いただけると嬉しいです

No title

コメントありがとうございます。

>次回の記事では、債券部分の為替ヘッジのメリットデメリットについても解説いただけると嬉しいです

外債は、外株と異なり、為替リスクがあることから、為替ヘッジをすべきです。

しかし、為替ヘッジをするとヘッジコストがかかります。
ヘッジコストは金利差があるほど多くなります。現時点のドル円のヘッジコストは2%もあることから、仮にフルヘッジをかけると、ヘッジコストのせいでリターンが-2%されてしまいます。

外債投資をする際はできるだけ為替ヘッジをかけるべきところ、金利差が大きいとヘッジコストでリターンの大半が消えてしまうというジレンマがあるわけですね。


非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理