「たわら男爵15種」の構成銘柄を変更しました

本日、楽天証券で、スリムSP500の取扱いが開始されました。

そこで、「たわら男爵15種」の構成銘柄を変更しました。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●スリム先進国株150億円、スリムバランス130億円を突破
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-953.html#more

●nanacoギフト券で2%得して税金を払おう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-952.html#more

広告

たわら男爵15種100円投資」とは、100円積立×15種類の積立買付設定をし、1銘柄につき3楽天ポイントをゲットするというものです(15種類なのは、1日のポイント付与の上限が15回だからです)。
具体的なやり方は、下記リンク先の記事をご覧ください(くれぐれも楽天証券には聞かないでください)。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-427.html

楽天証券が毎営業日積立てに対応することを願って、たわら男爵15種の構成銘柄は15種類としています。
できるだけ時価総額比で購入していきたいことから、国内株1銘柄、先進国株8銘柄、新興国株1銘柄の構成比が理想ですが、超低コスト先進国株インデックスファンドが7銘柄しかないことから1:7:1としています。

たわら男爵15種】
※毎月5日は受取型、毎月20日は再投資型で、1銘柄100円×15銘柄×毎月2回の積立買付設定

【国内株】
eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)

【先進国株】
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
eMAXIS Slim先進国株式インデックス
iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)
i-SMTグローバル株式インデックス(ノーロード)
たわらノーロード先進国株式
Smart-i先進国株式インデックス
EXE-iつみたて先進国株式ファンド

【新興国株】
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

【話題のファンド】
野村つみたて外国株投信
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))


なお、楽天証券のつみたてNISA口座では毎営業日積立設定が可能です。
100円ずつ買えば3楽天ポイントが付与されますので、15銘柄×3楽天ポイント×22営業日=990楽天ポイントが毎月手に入ります。

私が推奨する構成銘柄を記載しておきますが、私は、つみたてNISA口座ではその非課税口座のメリットをしゃぶりつくすためにスリム先進国株の年初一括投資を推奨しており、ポイントを稼ぐために利用するのは勿体ないと考えています。


【楽天証券のつみたてNISAで1銘柄100円で毎営業日積立設定をするときの推奨構成銘柄】

eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)(再投資型)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド×2(受取型、再投資型)
eMAXIS Slim先進国株式インデックス×2(受取型、再投資型)
iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)×2(受取型、再投資型)
たわらノーロード先進国株式×2(受取型、再投資型)
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(再投資型)
野村つみたて外国株投信(再投資型)
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)(再投資型)
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)(再投資型)
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(再投資型)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))(再投資型)


広告

コメント

楽天証券でのつみたてNISA銘柄について

たわら男爵様

いつも興味深く拝見させて頂いており、
大変参考にさせて頂いています。

わたしもつみたてNISAを始めようと
楽天証券にて口座開設を致しました。

本来年初一括での購入が望ましいのですが、
資金がなく毎月の購入で積み立てようと思っています。

そこでたわら男爵様の楽天証券のつみたてNISAで1銘柄100円で毎営業日積立を参考にさせて頂こうと思っているのですが、2点ほど気になっている点がございます。


受取型と再投資型を別銘柄でカウントすると全部で17銘柄あるように見受けられます。
記事中にあるように15銘柄を設定しようと思ったのですが、17銘柄設定したほうがよいでしょうか?
もしくは17銘柄から15銘柄選択した方がよいでしょうか。


本来であればたわら男爵様と同様eMAXIS Slim先進国株式インデックスだけを買い続けるのがよいと思っています。そのため15銘柄買うとしても出来るだけ先進国株インデックスファンドを買ったほうがよいのではないかと思うのですが、たわら男爵15種に入っている先進国株インデックスファンドが楽天証券つみたてNISA推奨銘柄に全て入っていないのは何か理由があるのでしょうか?
(Smart-i先進国株式インデックスやEXE-iつみたて先進国株式ファンドなどです)

なにぶん初心者のため的外れな質問をしているかもしれないのですが、ご教授頂けますと幸いです。

No title

コメントありがとうございます。

>受取型と再投資型を別銘柄でカウントすると全部で17銘柄あるように見受けられます

単純な間違いです。
訂正しました。ご指摘ありがとうございました。

>Smart-i先進国株式インデックスやEXE-iつみたて先進国株式ファンドなどです

これらの純資産額は余りに少なく、20年後まで生き延びているとは思えないからです。
早期償還されるとつみたてNISAの非課税枠が無駄になることから、危なそうなファンドは避けたほうがよいと考えます。

年初一括投資ができないとしても、ポイントには執着せず、スリム先進国株だけを購入したほうが最終的に儲かると考えています。

No title

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は
「たわら男爵15種2軍」にも入っていたような気がするのですが、
両方に入れていらっしゃるのですか?

No title

コメントありがとうございます。

2軍はやめて、15種×2回に整理しました。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理