スリム先進国株150億円、スリムバランス130億円を突破

eMAXIS Slim先進国株の純資産額が、2018年7月2日、150億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、151億0300万円です。

また、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の純資産額が、6月29日、130億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、130億3000万円です。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●nanacoギフト券で2%得して税金を払おう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-952.html#more

広告

eMAXIS Slim先進国株の純資産額の推移です。

2/27 新規設定
5/22 5億0700万円
8/3 10億1300万円
9/5 15億2600万円
11/1 20億2800万円
12/8 25億0100万円
12/29 30億円
1/11 35億7500万円
1/18 40億6900万円
1/26 45億4700万円
2/13 51億4200万円
2/19 56億8800万円
2/22 60億9000万円
3/5 65億0300万円
3/9 70億8700万円
3/19 75億3200万円
3/30 80億4700万円
4/6  85億8900万円
4/13 91億0900万円
4/19 95億9300万円
4/25 100億1400万円
5/2  105億3900万円
5/10 111億5100万円
5/15 115億4500万円
5/18 120億6700万円
5/23 125億3400万円
6/4 130億3300万円
6/7 135億9200万円
6/13 140億2900万円
6/25 145億4600万円
7/2 151億0300万円

異次元の値下げをした12月29日の純資産額は30億円です。
スリム先進国株の純資産額が30億円になるまでには、新規設定から10か月かかっています。

しかし、異次元の値下げ後、わずか6か月で120億円を集めることに成功しました。
値下げ前は10か月で30億円だったのに、値下げ後は6か月で120億円です。
すさまじいですね。


低コスト先進国株インデックスファンドの純資産額ランキングです。

1、二ッセイ外国株 910億3900万円
2、SMTグローバル株式 646億0200万円
3、eMAXIS先進国株 349億9400万円
4、たわら先進国株 238億0200万円
5、外国株式インデックスe 159億2900万円
6、eMAXIS Slim先進国株 151億0300万円
7、Funds-i外国株 97億2000万円

ついにインデックスeが射程に入ってきました。
これまでの純資産額の増え方からすると、今月中には確実にインデックスeを抜き、低コスト先進国株インデックスファンドの5位に入賞するでしょう。

そして、4位のたわら先進国株との差は86億9900万円。
これまでの純資産額の増え方からすると、今年中には確実にたわら先進国株を抜き、低コスト先進国株インデックスファンドの4位にランクアップするはずです。

異次元かと思われたスリム先進国株の信託報酬に対し、ニッセイ外国株がわずか0.0005%であるもののスリム先進国株を下回る値下げをし、信託報酬ランキング暫定1位を獲得しました。
ニッセイ外国株が異次元の値下げに追随したことで、このままだと早期償還を迎えることになるiFree外国株も動くでしょう。

私は、iFree外国株こそ、いち早く0.09999%に値下げするのではないかと考えています。
iFree外国株の純資産額は13億3800万円です。現在の信託報酬0.19%から0.09999%に値下げしても、120億万4333円(13億3800万円×0.09001%)の報酬を失うだけです。実際には、これを販売会社と折半することから、大和証券投資信託委託が失う金額は60万2166円にすぎません。

たった60万2166円のコストで、今回のニッセイ外国株の値下げの衝撃を陳腐化し、ナンバーワンインデックスファンドの座を手に入れることができます。
どうせなにもやらなければ13億3800万円から増えることはありません。減っていくだけです。
このままだとジリ貧ですから、私は、iFreeシリーズが起死回生を果たすには、外国株の信託報酬を0.09999%とし、同時にS&P500の信託報酬を0.10%に下げることだと考えます。

そして、たわら先進国株は、これまでの異常なまでの腰の重さからすると、iFree外国株が値下げに踏み切ってしばらくした後、具体的には今年か来年の年末ころ、他社の様子を見て渋々ながら信託報酬を引き下げるでしょうが、そのときは既に純資産額をスリム先進国株に追い抜かれており、なにもかもが全て手遅れになってしまっていることでしょう。

たわら先進国株が生き残る道は、スリム先進国株に純資産額で追いつかれ、iFree外国株が0.1%の壁を破る前に、いち早く0.09999%に値下げすることしかありません。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理