洗濯乾燥機を買いました(追記:ドラム式は扉の開く方向に注意)

8年間使っていた洗濯乾燥機に激しい異音がするようになったので、先ほど新たに購入しました。

広告

これまでは、オーソドックスなタテ型の洗濯乾燥機を使っていました。

今回、ヤマダ電気の店員に聞いたところ、

1、ドラム式の方が水と電気の節約になる。最新型で比較してもドラム式の方が1回あたり50円は安くなる。8年前のタテ型と比べると、年間3万円は安くなるのではないか。

2、ドラム式の方が低い温度で乾燥させるため、衣類の縮みが少ない。
※ドラム式は60度、タテ型は90度だそうです。

うちは毎日洗濯をしています。
深夜電力契約をしていることから、料金が安くなる23時過ぎに洗濯乾燥機を回し、乾燥までして翌朝取り出し、その後、子供の上着類を洗濯だけして家の中に干すか、天気が悪いときは浴室乾燥機に掛けます。
子供の上着類を乾燥機に掛けないのは縮みがひどく、子供が嫌うからです。

毎日乾燥機を酷使したせいか、先ほど述べたとおり、少し前から乾燥の段階に入ると、まるで猫が絞め殺されるような異音がするようになってしまいました。2,3分で正常運転に戻るとはいえ、その段階で一時停止しようとしても操作を受け付けないことから、深刻なトラブルがあることは間違いありません。

購入した機種はこれです。
http://kakaku.com/item/J0000017172/

ヤマダ電気で一番人気だそうです。
日立のインセンティブが高いのかもしれませんが、店員は、日立は洗濯機の世界では圧倒的なシェアがあるが、その理由は他社より圧倒的に性能が良いからだと力説していました。

今使っている洗濯乾燥機の処分費用を含めて、税込15万7000円(+1万7000ポイント)だったので、近くのケースデンキに行ったところ、ポイントなしの税込14万円を提示されました。
一度帰宅し、上記のカカクコムの口コミを見たところ、ポイント考慮後の実質価格が11万5000円から12万円が最安値(ただし、東京のヤマダ電気池袋本店に行かなければいけない)のようです。

そこで、再度、ヤマダ電機に行き、一応、ケースデンキの見積書を渡したうえで、カカクコム価格(東京のヤマダ電気の価格)に近付けてくれるなら今すぐ買うが、難しいようであれば他店を回ってみたいと伝えました。

そうしたところ、税込13万円(+1万2000ポイント)を提示してくれたので即決しました(実際はこれより2,300ポイントの端数が上乗せされています)。
リクルートカードプラスで支払ったので、2%のポンタポイント(2600ポンタ)も付与されます。

ヤマダポイントの端数の数百ポイントとポインタポイントを考慮すると、カカクコム最安値11万5000円に限りなく近づくことができました(正確には、本体価格は税抜11万7071円になります)。

やったね。

なお、私が購入した洗濯乾燥機は安かろう悪かろうというものではなく、日立のフラッグシップモデルです。ただし、6月に新型が導入されます。
そのおかげで、発売当初は30万円した商品がここまで安く買えたというわけです。

また、最近、幼児がドラム式の中に入って死亡する事故がありました。
この機種は、チャイルドロックが掛かり、かつ、万が一チャイルドロックが外れても中から開けられるように設定できます。

というわけで、届くのは月曜日ですが、なかなかいい感じです。
ここまで安く買えるとは思っていませんでしたが、何事もタイミングなのかもしれません。

追記)
ドラム式は、タテ型とは違い、前にドアが開きます。基本仕様は左開きです(型番の最後に「L」と記載されている)。
左側が壁だと左開きで良いのですが、右側が壁だと左開きだと非常に使い勝手が悪くなります(前洗濯機、右壁、左ドアで囲まれながら洗濯物を出し入れすることになる)。

昨夜それに気づき、先ほどヤマダ電機に相談したところ、右開き(型番の最後が「R」)に変更してくれました。最初の納期はメーカー取寄せで4週間後ということでしたが、その後、電話があり、他店舗に在庫があるということで、納期は1週間後になりました。

よかったです。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理