ヤマゲン式10万円投資法

楽天全世界株の純資産額が、6月12日、90億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、90億2400万円です。

また、eMAXIS Slim全世界株(除く日本)の純資産額が、6月12日、10億円を突破しました。
同日付けの純資産額は、10億1800万円です。

さて、昨日付けで、ヤマゲン先生がヤマゲン式10万円投資法を公表しています。
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/14331

広告

それでは、ヤマゲン式10万円投資法の発表です。

第1位 eMAXIS Slim全世界株(3地域均等型)に10万円
第2位 先進国株式6万円+TOPIX4万円
第3位 楽天全世界株に10万円

ヤマゲン先生は、3資産均等型に極めて好意的です。


3地域固定になっているというところが非常にわかりやすいと思います。
iDeCoやNISA、一般的な課税口座など、個人が複数の場所で運用をすることが多くなっている中で、いろんな商品をごちゃごちゃ持っていると、おそらく全体のウエイトがきちんと管理できないと思います。
そういう意味では、3地域均等型のファンドであれば、全体を把握しやすいのではないでしょうか。
https://www.am.mufg.jp/lp/253214/


しかし、ヤマゲン先生が絶賛する3地域均等型ですが、残念ながら売れていません。

新規設定日は4月3日ですが、純資産額はまだ2億4100万円しかありません。
明らかにスタートダッシュに失敗しています。
eMAXIS Slim全世界株(除く日本)の新規設定日は3月19日ですから、ほぼ同時期といってよいのに、かたや2億、かたや10億ですから、3地域均等型ははっきり言って不人気です。

スタートダッシュに失敗した3地域均等型が、これから劇的に純資産額を増やしていくとは思えません。
残念ですが、スリムシリーズ初の頓死ファンドとなりそうです。


また、こんなご質問をいただきました。


はじめまして。ブログ拝読させて頂いております。
これから積み立てNisaを始める為、楽天証券にNisa口座を作りました。ですが、購入するファンドが決まりません。自分的には、eMAXISスリム8資産のバランスファンドを1本、金額1万円で積み立てるか、楽天全米株式と楽天全世界株式をそれぞれ5,000円ずつの2本立てでいこうか迷っております。
当初は1万円スタ-トですが、住宅ロ-ンが終わる7年後には、満額の3.3万円ずつ積んでいく予定でもあります。 また企業型DCで月2万円元本確保で拠出しております。
あと、リバランスが良く分からず、リバランスを行なわなくても良いバランスファンドに傾いておりますが、全米と全世界は株式100%なので、別にリバランスを行なわずにほったらかしでも宜しいのでしょうか。
素人な質問で大変恐縮ではございますが、ご指導願います。


さて、ヤマゲン先生は、バランスファンドについてこう言っています。

バランスファンドは、現在人為的に低利回りにコントロールされている債券が含まれるので不利だという理由で、明白にダメなので除外した。
資産配分を運用者が操作するタイプも、「8資産均等」、「4資産均等」といった資産配分を固定するタイプも、無駄が大きいし、自分でリスクの大きさをコントロールする学習がされにくい。
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/14331

私は、スリムバランスはいいファンドだと思いますが、歴史的な超低金利時代に債券ファンドを買うべきではないと考えています。

●軍用地投資入門、そして絶版へ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-922.html

上記記事で説明したとおり、債券は利上げで必ずやられてしまいます。
今は債券投資をすべきタイミングではありません。

また、楽天全米株と楽天全世界株を半々ずつ買いたいという理由が分かりません。
このブログで何度も言及しているとおり、米国株集中はリスキーですし、楽天全世界株は三重課税コスト問題を抱えており、超低コストとはいえません。

ここはケチの付け所が一切ないスリム先進国株100%で行くべきです。
しかも、

>企業型DCで月2万円元本確保で拠出しております。

ということですが、せっかくの非課税投資枠がもったいないです。
企業型DCですから、投資できるファンドが限定されているとしても、非課税投資枠のメリットを最大限に享受するためにも、ここは先進国株インデックスファンド100%で行くべきです。


なお、ヤマゲン先生は、ついに個人向け国債のキャッシュバックキャンペーンに言及しました。

「個人向け国債変動金利型10年満期」は、現在おおよそ無リスクな商品の中では、銀行や保険会社よりも信用度が高く、金利上昇率国も強く、利回りも相対的に悪くないので、最もおすすめできる商品だが、さすがに、10万円を買って面白みはないし、学びが小さい。あえて言うなら、銀行預金に置いておきたくない1,000万円以上の資金向きだ。
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/14331


「あえて言うなら、銀行預金に置いておきたくない1,000万円以上の資金向きだ。」

楽天証券は個人向け国債1000万円で3万ポイントの付与ですが、4万円のキャッシュバックキャンペーンと比べると明らかに見劣りします。
ヤマゲン先生らしくない歯切れの悪いコメントは、楽天証券を忖度したからでしょうね。


広告

コメント

No title

>第1位 eMAXIS Slim全世界株(3地域均等型)に10万円TOPIX

このTOPIXは要らないのでは?

No title

コメントありがとうございます。

ご指摘ありがとうございます。
最近、時々パソコンが前に打ち込んだワードを勝手にコピーしてしまうという面倒な症状を発症して困っています。

数字がおかしい記事もあったりしますが、数字ボタンを押すと前に押した数字が自動入力されておかしい表記になるせいです。

また誤字があればご指摘ください。

企業型確定拠出年金について

いつも拝見させていただいています。

idecoでイーマクシススリム先進国株に23000円拠出していたのですが、このたび、企業型確定拠出年金がある会社に転職することになりました。
選択できる外国株インデックスファンドが信託報酬0.27パーセントのものしかなく、イーマクシススリムから乗り換えるのがバカバカしく感じられ、元本保証100パーセントの商品を選択するつもりでした。
(マッチング拠出も最大額行って、所得控除のメリットだけは最大限受けようと思っていました。)

もしよろしければ、たわら男爵さまが、信託報酬の高いファンドでも選択すべきと考える理由を詳しく教えていただければと思います。

年齢は30代後半です。よろしくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>選択できる外国株インデックスファンドが信託報酬0.27パーセントのものしかなく、イーマクシススリムから乗り換えるのがバカバカしく感じられ、元本保証100パーセントの商品を選択するつもりでした。

0.27%であっても、少し前のお宝ファンドですから、選択肢としては悪くはありません。

何よりも、退職まで残り20年以上(どうせ退職年齢が延長されるでしょうから30年以上)あるわけですから、先進国株インデックスファンドに投資すればかなりの儲けが期待できます。

退職金控除を使えば、その儲けにかかる税金をできるだけ抑えることができますので、非常に魅力的です。

確定拠出年金で定期預金をするのは非常にもったいないです。

いつも勉強になる記事、楽しく読ませて頂いております。

投資についてご相談なのですが
現在私は

・つみたてNISA:Slim 先進国株式インデックス
・特定口座:Slim バランス(8資産均等型)

上記で積立投資を行っております。
相談というのは特定口座で続けている積立投資なのですが、このまま続けていくか悩んでおります。
(投資方針は無リスク資産と50:50で調整)

今回の記事でも、債券が入っているバランスファンドは今は買うべきではないのではというお話もあり、利益も1万円程度しか出ていない状況ですので先進国株式インデックスに乗り換えてしまおうかと頭を抱えております…

20代ゆえまだ投資に回せる資産も100万程度しかなく、知識のない中でとりあえずバランス!と走ってしまいましたが、お知恵をお借りしたく、お願い致します。

No title

コメントありがとうございます。

>20代ゆえまだ投資に回せる資産も100万程度しかなく、知識のない中でとりあえずバランス!と走ってしまいました

投資資金が少ないのであれば、なおさら債券投資ではなく、より多くのリターンが期待できる株式投資を選択すべきです。

インデックスファンドに長期投資する限り、元本割れのリスクは無視できます。

また、

>投資方針は無リスク資産と50:50で調整

まだ若く、今後の人的資源(給与等)が期待できますので、私ならば、リストラのリスクがほぼないという前提ですが、リスク資産をかなり増やします。

公務員であれば、当面の生活費を除き、余った金は全てスリム先進国株を買ってもよいかもしれません。

>利益も1万円程度しか出ていない状況ですので先進国株式インデックスに乗り換えてしまおうかと頭を抱えております

今が乗り換えのベストタイミングですね。含み損で売却するともったいないので、含み益が少額のうちにスリムバランスは売却し、スリム先進国株を買ってください。

ご教示頂きありがとうございます…!乗り換えに踏み切ります。

無リスク資産とリスク資産の比率の見直しもしていこうと思います。

まずは売却し、また1から1320分の1の毎日積立をしてまいります…先は長い…

記事、拝読させていただきました!

No title

コメントありがとうございます。

>まずは売却し、また1から1320分の1の毎日積立をしてまいります

リスク資産からリスク資産への乗り換えですから、売却金で一括購入すべきです。

理想は同日売買ですが、スリムバランスの予想売却代金相当額のキャッシュがなければスリム先進国株の注文が出せません。

>記事、拝読させていただきました

今後もご愛読ください。

一括購入、なるほど…
乗り換えの記事を読み返させて頂き、できる限り同日売買に近いところを目指します。

その後で月々の余剰金を使い毎日積立を行おうと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理