たわら先進国株、230億円を突破+超低コスト戦争から一抜け

たわら先進国株の純資産額が、2018年5月23日付けで230億円を突破しました。

同日付けの純資産額は、232億2700万円00です。


※クレジットカードでnanacoギフト券を買える方法はこちら。

●エポスカードを作り、nanacoギフト券を買って、8000ポイントゲットだぜ
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-906.html

広告

220億円に到達したのは5月10日ですから、そこからわずか10営業日での230億円到達となります。

先進国株の決定版はスリム先進国株ですが、一部のネット証券等でしか買えないスリム先進国株とは異なり、たわら先進国株の販路は順調に拡大しており、今ではそこらの信用金庫の店頭でも購入することができます。

正直、販路がここまで拡大しているとは思わず、非常に驚きました。
そして、たわら先進国株が超低コスト戦争から一抜けしたことを感じ、寂しい思いを抱きました。

普通のファンドに大きく舵を切ったと思われるたわら先進国株とは異なり、ニッセイ外国株はまだまだ販路を絞っていることから、スリム先進国株への対抗値下げの芽は残されています。
私は、スリムシリーズが日本のバンガードをめざすと宣言したことで、ニッセイシリーズもまた自らの存続をかけた勝負に出るのではないかと考えます。

なお、私は、もしニッセイシリーズが対抗値下げに出なかったとしたら、ニッセイからスリムへの雪崩現象が起きると考えます。この予測が当たれば、下手な映画を見るより楽しめることでしょう。

ニッセイ外国株の対抗値下げによって超低コスト戦争が最終局面を迎えるのか、あるいはスリムからニッセイへの雪崩現象が起きるのか、どちらに転んでも面白い展開になりそうです。

運命の日まで、残りはおよそ150日。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理