エポスカードを作り、nanacoギフト券を買って、8000ポイントゲットだぜ

先日、丸井がエポスカード決済で投資信託を販売し、その際、エポスポイントを付与するという報道がなされました。

エポスカードは、年間50万円以上のショッピング利用者に対し、無料ゴールドカードのインビテーションをしています。
報道によれば、丸井は、投資信託の決済額についてもゴールドカードのインビテーション選考の対象とする考えのようです。

エポスゴールドカードは、基本的なポイント付与率こそ0.5%と平凡ですが、

(1)各種保険が無料付帯する
(2)空港のラウンジも利用可能
(3)決済先を最大3か所まで登録すると、付与ポイントを3倍にできる(付与率が1.5%となる)
(4)年間50万円以上の利用で2500ポイント、100万円以上の利用で1万ポイントが付与される
(5)リボ決済をすると、ポイントが2倍になる(口座から引き落とされるよりも前にATM支払をすると、リボ手数料が最大999円にかかるだけでポイント2倍になる)

という特典があります(なお、最後の裏技については、実際にエポスカードを利用した後にレポートします)。

リボ決済・ATMによる事前支払という裏技を利用しないときでも、年100万円の利用でポイント付与率が最大1.5%(最大3か所の登録先は2.5%)となるのは魅力的です。
投資信託の購入が最大3か所の登録先に含まれるのか、投資信託を100万円購入して1万ポイントが付与されるのかは分かりませんが、もしそうなればお祭りですし、もしそうならなくても0.5%のポイントが付与されるわけですから、いずれにしても素晴らしいことです。

さて、エポスカードで投資信託を買うためには、エポスカードがなければなりません。

広告

現在、エポスカードを作ると最大8000ポイント貰えるキャンペーンを実施中です。

詳細は上記からご覧ください。

簡単に説明すると、

(1)入会した時点で2000ポイント
(2)7月末までに10万円利用すると3000ポイント
(3)ネットショッピングを3万円利用で1600ポイント
(4)携帯電話のカード払で1000ポイント
(5)アプリダウンロード・ログインで200ポイント
(6)メール登録で200ポイント

が付与されます。

このうち、(3)ネットショッピングを3万円利用で1600ポイントは、アマゾンでアマゾンギフト券を3万円購入すれば達成できます(エポスカードに確認済)。
還元率5.83%(基本付与率0.5%を含む)ですから、なかなかの還元率です。
アマゾンギフト券の有効期限は10年ですから、期限切れの心配も不要です。

ただ、(2)10万円利用で3000ポイントは少しハードルが高いです。

1万円以上利用で500ポイント、3万円以上利用で1000ポイントという救済措置はあるものの、どうせなら3000ポイントがほしいです。
10万円利用して3000ポイント付与だと、基本ポイント付与率とあわせて還元率は3.5%となります。

ところで、税金を支払う人にとって、クレジットカードでチャージができるnanacoは必須アイテムです。
nanacoで税金を支払う際はポイント付与されませんが(コンビニ納付書を発行してもらい、セブンイレブンに行ってnanaco払をします)、nanacoへのクレジットカードチャージをする際にショッピングポイントが付与されることから、クレジットカードの還元率に応じてになりますが、最大で1.2%が付与されます。

しかし、nanacoチャージへのポイント付与は改悪の一途をたどっています。
還元率2%のリクルートカードプラスはnanacoチャージへのポイント付与率をゼロに改悪し、還元率1.2%のリクルートカードは、今年の4月16日から全ての電子マネーチャージへのポイント付与の上限を1か月3万円としました。

私は、リクルートカードをもっているものの、先月の改悪によって月額3万円分しかnanacoチャージをすることができなくなりました。

固定資産税を年20万円。
国民健康保険は7割減額の最低額ですが、それでも毎月6000~7000円はかかります。
自動車税は1台3万9500円が2台分です。

納税通知書の送付時期が5~6月に集中するため、1か月3万円が上限のリクルートカードだけでは不足してしまいます。
かといって、法定納期限を過ぎると延滞税が加算されることから、手元に納付書を持っておきたくはありません。秋とか冬まで納付書を保管するのではなく、早急に全額を支払ってしまいたいのです。
そうすると、毎月3万円ずつチマチマとnanacoチャージをしている場合ではないいわけですね。

●還元率1.2%(ただし、ポンタポイントで付与されます)のリクルートカードに興味がある方は、はこちらからどうぞ。

ならば、どうやってnanacoを用意するかが問題となります。

kiigoというサイトがあります。
https://www.kiigo.jp/

運営会社はインコム・ジャパン株式会社。
コンビニに行くと、様々なギフトカードをレジに持っていって現金を渡すと有効化してくれる「POSAカード」というものがあります。
インコム社はその開発会社であり、2014年度グッドデザイン賞を受賞しています。

授賞理由です。
http://www.g-mark.org/award/describe/41815
デジタルコンテンツをカードという親しみやすい形状で表現し、POSとの融合により安全な決済を可能にしている。店舗販売のみならずプロモーション、ギフトなどへの展開も可能で、電子情報の販売モデルデザインとして秀逸である。


何を言いたいのかというと、非常に怪しい感じがしますが、怪しい会社ではなさそうだということです。
アマゾンギフト券をヤフオクで買ったり、値引きサイトで買ったりすると、購入したポイントが無効となるほか、登録したアカウントが無効になるリスクがあるという話をよく耳にしますので、怪しいサイトでnanacoを買うわけにはいきません。

インコム社が運営するkiigoでは、nanacoギフト券が販売されています。
1か月の購入額の上限は5万円です。
ビザとマスターが使えますので、エポスカード(ビザカード)で買うことができます。

試しにエポスカード決済で3000円分のnanacoギフト券を購入し、その後にエポスカードに電話したところ、10万円以上利用で3000ポイントの対象取引であるとの確認が取れました。

そこで、私は、今回、エポスカードを作り、kiigoで10万円分のnanacoチャージをして3000ポイントをゲットすることにしました。
エポスカードでは、定期的に入会キャンペーンをしていますが、今回の8000ポイントは最も条件が良いものの一つになります。

また、kiigoに登録する際、お友達紹介コードを入力すると、紹介者・入会者ともにポイントが貰えますので、ぜひ下記の紹介コードを利用して登録してください。

7y3sXg2D65


さて、nanacoギフト券の購入の手順です。

(1)クレジットカードの3Dセキュアが利用できるように、クレジットカードのログイン画面から事前に設定しておく。
※キーゴでは必ず3Dセキュアが求められます。

(2)キーゴに登録する。その際、ぜひ私のお友達紹介コード(7y3sXg2D65)を利用してください。

(3)キーゴにログインし、nanacoギフト券を購入する。
※試しに楽天カードで購入したら大丈夫でした。なお、初めてクレジットカード決済をすると、キーゴによる自動キャンセル処理がなされ、購入することができないことがあります(私はそうでした)。キーゴにメール連絡し、自動キャンセル処理がなされないようにしてほしいと頼むと解除してくれます。

※キャンセル処理時にキーゴから送信されるメールには、「クレジットカード決済のお客様におかれましては、キャンセルの理由またキャンセルに伴うご返金日及び明細への記載タイミング等については弊社に開示されておりません。お手数ではございますが、発行元カード会社へご確認いただきますようお願い申し上げます。」と記載されていますが、カード会社のせいではなくキーゴがキャンセル処理したせいですので、キーゴにメール連絡して自動キャンセル設定を解除してもらってください。

(4)キーゴから送信される「注文確認書」というタイトルのメールに「PINコード」が記載されているので、それをnanacoの公式サイトにログインし、nanacoギフト登録の「ギフトID」に入力する。
なお、メールのPINコードは小さな字で見難いことから、キーゴにログインし、マイページの注文履歴を見て、PINコードをコピペするほうが楽です。


私は、今回、丸井の報道を受け、エポスカードで投資信託を買うための準備として、エポスカードを新たに作りました。
10万円以上利用で3000ポイントの条件も、キーゴでnanacoギフト券を買えば簡単にクリアすることができます(ただし、1か月5万円までの購入制限がありますので、6月と7月に5万円ずつ購入できるように、早急にエポスカードを作ることをお勧めします)。

また、既にエポスカードを持っており、nanacoが欲しい人は、手持ちの最も還元率が良いカードを使ってkiigoでnanacoを買うのもよいでしょう。
その際は、私の友達コード(7y3sXg2D65)の利用もお願いします。


広告

コメント

いつも拝読いたしております。
キーゴでのnanaco購入ですが、楽天カードでの支払いでもポイント対象となったのでしょうか?
楽天JCBが0%となり、リクルートカードを二枚持ちしても月¥60000でしたので、もしこれらのカードのポイント対象となるなら、固定資産税支払いの強い味方です。
ANAプリペイド同様に今後潰される可能性もありそうですが。。。

No title

いつも楽しみに読ませてもらっています!

このキャンペーンは知っていましたが、どんな
投資信託のラインナップになるかわからないし…
もうちょっと待とうかなぁと思っていましたが。しかし!

kiigoを使ってnanacoチャージに使うとは!
恐れ入りました!素晴らしいですね!
エポスカード、本気で検討します!

もしも…もしもですけど。投信が思うような
ものでなければ、どうしますか?
付与ポイントを考えれば、どんなファンドでも
得になるとは思いますけど…

No title

コメントありがとうございます。

>キーゴでのnanaco購入ですが、楽天カードでの支払いでもポイント対象となったのでしょうか?楽天JCBが0%となり、リクルートカードを二枚持ちしても月¥60000でしたので、もしこれらのカードのポイント対象となるなら、固定資産税支払いの強い味方です。


昨夜トライして自動キャンセルとなり、今日の夕方に自動キャンセル設定が解除されて購入したばかりですので、ポイントが付くかどうかは分かりません。

ただ、2月下旬に開催された楽天銀行デビットJCBの10%キャッシュバックキャンペーンでアマゾンのサイトからアマゾンギフト券を買ったところ、無事キャッシュバックされました。今確認したところ、楽天ポイントも付与されていましたので、ギフト券は大丈夫だと思っています。

電子マネーへのチャージは簡単に把握できるため除外できますが、ギフト券を買ったかどうかはおそらくクレジットカード会社には分からないことから、ポイント付与の対象外にするのは難しいのではないでしょうか。

なお、楽天カードのFAQを貼り付けますが、ギフト券の購入は除外取引ではありません。

ただ、楽天カードに聞くと藪蛇になるおそれがあることから、後日そっと利用明細書を確認すべきだと思います。


以下のご利用につきましては、「カード利用獲得ポイント」の付与対象外となります。
キャッシングご利用分
楽天キャッシュご購入分
楽天バーチャルプリペイドカードのご利用分(※1)
明細書発行費用
カード年会費(楽天ETCカード、楽天プレミアムカードなど)
カードショッピングの手数料(3回以上の分割払いなど)
提携ATM・CDでのキャッシングによるATM利用手数料
楽天Edy発行費用(※2)(※3)
楽天Love Japan政治献金
楽天クラッチ募金
auかんたん決済ご利用による楽天Edyチャージ分
楽天PINKカード カスタマイズサービス月額料金
カード切替手数料
nanacoクレジットチャージ
モバイルSuica(※4)
モバイルSuica年会費
モバイルSuica(Apple)(※5)
スマートICOCA(※6)
※1 楽天バーチャルプリペイドカードのご購入分は「カード利用獲得ポイント」進呈対象です。
※2 楽天Edy発行費用については、キャンペーン等により「カード利用獲得ポイント」進呈対象となる場合がございます。
※3 楽天Edyチャージ分は、「カード利用獲得ポイント」進呈対象です。楽天e-NAVI上よりチャージいただいていない場合でも、楽天カードを決済カードとした楽天Edyチャージであれば「カード利用獲得ポイント」進呈対象となります。例えば、楽天IDを利用して楽天Edyチャージをされた場合でも、ご設定の決済カードが楽天カードであれば「カード利用獲得ポイント」進呈対象となります。楽天Edyチャージご利用分は200円ごとに1ポイントたまります。
※4 モバイルSuicaご利用分には、電子マネーへのチャージの他、モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※5 モバイルSuica(Apple)ご利用分には、モバイルSuicaからApple Payでチャージする電子マネーの他、モバイルSuica(Apple)で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※6 電子マネーへのチャージの他、ICOCA発行・再発行等も含まれます。



>kiigoを使ってnanacoチャージに使うとは!恐れ入りました!素晴らしいですね!

私も、キーゴを知ったときは、とてもうれしかったです。

これで毎月8万円(リクルートカードのnanacoチャージ3万円+キーゴ5万円)のnanacoが手に入ります。

エポスカードで10万円分を買った後は、楽天カードのポイント付与を確認後、楽天カード(楽天市場で4万円以上購入し、楽天市場以外のショッピングポイントが2倍のとき)で買ってもよいのかなと思っています。

>もしもですけど。投信が思うようなものでなければ、どうしますか?

どうしましょうね。

ものにもよりますが、無料ゴールドカードはほしいことから、nanacoギフト10万円、アマゾンギフト3万円を買った残りの37万円分は投資信託を買うと思います。

No title

男爵様

ご返信ありがとうございます.
楽天カードがJCBですので,まずはリクルートVISAでキーゴを試してみようと思います.

リクルート2枚+キーゴで月¥11万までチャージできるようになれば,大抵の支払いには耐えられます.

No title

燈さん
お友達紹介コードのご利用、ありがとうございます。

>楽天カードがJCBですので,まずはリクルートVISAでキーゴを試してみようと思います

大丈夫だとは思いますが、リクルートカードでポイントが付いたら教えてください。

なお、最近、楽天カードは、楽天市場で1万円以上購入で楽天市場以外が1.5%、4万円以上購入で2%キャンペーンを恒常的に実施していることから、リクルートカードよりも楽天カードのほうが得ではないかと思い始めています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

リクルートカードで5万円分nanacoギフトを購入しようとしたらカード決済できませんと

なじぇ

No title

コメントありがとうございます。

キーゴの運営会社にメールをすれば、すぐに解除されます。

No title

書いてる通りメールしたのですが、他のカードかATMなどをご利用くださいと言われましたTT

No title

私は、まず、クレジットカード会社に電話し、キャンセル処理されたのはなぜか確認したところ、キーゴが自己キャンセル処理をしたせいであり、クレジットカード会社のせいではないと言われました。

そこで、キーゴにメールし、クレジットカード会社は御社が自己キャンセル処理したせいだと言っているので何とかしてほしいと言ったところ、即座に使えるようになりました。

というわけで、同じような手順をたどってみたらどうでしょうか。

No title

早速、自動車税の支払に使いました。

キャンセル解除は以下文面をKiigoのサポートに投げると、翌営業日に解除してもらえました。
---
初回の購入で注文取り消しのメールが届きました。誠にお手数ですが、キャンセル処理の解除をお願いできるでしょうか。
---

No title

ありがとうございます。

No title

先程男爵様の紹介コードでkiigoでナナコチャージしました。リクルートカードです。後日チャントポイント付けばいいのですが・・・

No title

こちらも解除されて購入できました。
ありがとうございます。

No title

kiigoでnanaco5万円までの件ですが、エポスカードはバーチャルカードと、プリペイドカードも申し込めるので、複数アカウントを作ってそれぞれ登録すれば、15万円まで買えるのではないでしょうか。

支払いも、元のエポスカードと集計されるはずです。

念のためkiigoに問い合わせたら、複数アカウントで同じクレジットカードを登録すると不正利用と判断される場合があるので、1アカウントに1つのクレジットカードを使って下さいとのことでした。

あんまり試す機会がないですが、nanacoでリクルートカード2枚と5万円のチャージだで間に合わない場合に使おうと思っています。

No title

コメントありがとうございます。

>kiigoでnanaco5万円までの件ですが、エポスカードはバーチャルカードと、プリペイドカードも申し込めるので、複数アカウントを作ってそれぞれ登録すれば、15万円まで買えるのではないでしょうか。

そんな面倒なことをせずとも、リクルートカード、楽天カード、YJカードなど、複数のアカウントごとに1枚ずつのクレジットカードを登録すれば足ります。

しかし、kiigoがあえて1か月5万円という上限をもうけていることは、1アカウント5万円ではなく1人5万円という趣旨であると考えるべきです。

kiigoに限らず複アカは問題になったときに言い訳できません。
妻や親の名前にしたほうがよいと思います(名前を借りるのではないことに注意してください)。

kiigoチャージについて

> 複数アカウントで同じクレジットカードを登録すると不正利用と判断される場合があるので、1アカウントに1つのクレジットカードを使って下さいとのことでした。

の件ですが、私は2つのアカウントで同じクレカ登録できています。1枚のクレカで10万円分のkiigo(nanaco)です。スマホ認証が求められるので妻のスマホを借りています。3つ目もできるとかできないとか・・?止められたら困るので試してません。

直接関係ない話ですが確定申告の納税、今年も変わらずnanacoバーコード払いは可能です。どこかのブログで今年からできないのでは?ということが書いてありましたが大丈夫です。今年はQRコードを使って他のコンビニでもできるようになっているのが新しいのでしょうね(現金払いなので何のメリットもないですが)。また、1枚5万円を複数枚発行してもらえば30万円を超える納税も可能です。税務署に言って複数枚発行を頼めば作成してくれます。

以上情報提供です。

No title

コメントありがとうございます。

>私は2つのアカウントで同じクレカ登録できています。

非常にリスキーですから、やめた方がよいと思います。

妻名義のクレジットカード(家族カードでも可)にしたほうがよいでしょうね。

>確定申告の納税、今年も変わらずnanacoバーコード払いは可能です。

私は住民税非課税世帯であるため、納付すべき所得税がありません。
ふるさと納税もできませんし。
非常に残念です。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理