エポスカードで投信を買ってポイントとゴールドカードをゲットだぜ

丸井がプレスリリースを出しました。

丸井グループが“つみたて専門”の証券会社を設立します~10年後に100万人へサービスを提供、預かり資産残高1兆円をめざします~
http://www.0101maruigroup.co.jp/pdf/settlement/18_0510/18_0510_1.pdf



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●EXE-iつみたてシリーズ、明日から楽天証券で取扱開始
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-890.html

広告

要するに、今年の夏から、エポスカードのカード決済で投資信託が買えるようになるというものです。
対象となる投資信託は、つみたてNISA対象投資信託となります。

さて、我々の最大の関心事は、「ポイントは付くのか」ということです。


当面はつみたてNISA対象の投資信託の中から3、4本を選定したうえで販売する方針だ。
最低購入額は3000円または5000円とする方向で検討している。
スマートフォンでアプリを提供し、毎月の積み立てをクレジットカードで決済する顧客にポイントを付与する。
https://www.businessinsider.jp/post-167166


丸井は、このサービスを開始するにあたり、SBI証券や楽天証券のポイント制度を研究しているでしょう。となれば、これらよりも優位性のあるサービス内容で勝負をかけるはずです。
ポイント付与率も優位性のあるものにしてくることでしょう。

特に、エポスカードは、年間50万円以上の利用でゴールドカードのインビテーションが届きます。
ゴールドカードの年会費は通常5000円ですが、インビテーションが届くと永年無料となります。

エポスカードで投資信託を買うと、無料ゴールドカードのインビテーションが届く可能性があります。
社長のコメントです。

つみたてNISAを毎月エポスカードで支払い続けると、ゴールドカード会員になれる確率が高まり、ゴールドカード会員になった顧客のクレジットカード利用額の増加が見込めるとし「信託報酬に加え、本業であるエポスカードの収益向上にもつながる」と、証券事業参入による収益的なメリットを強調した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000091-zdn_mkt-bus_all

クレジットカードで投資信託を買ってポイント&無料ゴールドカードをゲット。
夢が広がりますね。


楽天証券では、現状、通常ポイントでしか投資信託は購入できません。
丸井に対抗し、ぜひ期間限定ポイントでも買えるようにしてほしいものです。

また、スリムシリーズの運用会社である三菱UFJ国際投信も、時期は未定ですが、1年以内に直販サービスを開始するとしています。

早くしないと、顧客を奪われますぜ。


広告

コメント

No title

クレジットポイントと他社と同等のマイレージポイントがもらえるなら優位性がありそうですね。
ですが、もし販売対象がeMAXIS Slim 以外なら、主要な先進国株だと毎年0.1%程度は差がついてしまうので、長期的にみればあまり優位性もなさそうな気もします。(カード利用額のボーナスポイントも合わせると微妙かもしれませんが)

No title

コメントありがとうございます。

少し考えてみましたが、通常のショッピングと同様に0.5%のポイントが付くとしたら、SBIポイントの10年分ですから、投信保有ポイントが一切付かなくても非常に魅力的です。

とはいえ、楽天バンガードではなくセゾンバンガードだったりすると、一気に魅力は薄れてしまいますね。

あの丸井ですから、ひふみとセゾンバンガードを選択しそうな嫌な予感がしています。
ひふみとセゾンバンガードを採用してもいいので、ここにぜひスリム先進国株を混ぜてほしいです。


信用できません

たわら男爵様もご存知のように、クレジットカードのポイント制度は頻繁に改悪されるので信用できないです。どういうポイント制度になっても改悪できないようにはしないはずで、それだと怖くて始められません。「つみたてNISA」なので1年に1回しか証券会社を変更できないですし。

No title

河童さん、いつもブログを楽しみにしています。

さて、
>「つみたてNISA」なので1年に1回しか証券会社を変更できないですし。

丸井の新サービスは、つみたてNISA口座で買うのではなく、特定口座でエポスカード決済で投信を買うにあたり、販売する投信をつみたてNISA対象投信に限定して選別するというものです。

私も、少々のポイントのためにつみたてNISA口座を動かすつもりはありませんが、特定口座で購入額の0.5%のショッピングポイントが付き、無料ゴールドカードのインビテーションの対象になるのであれば、非常に魅力的だと考えています。

なお、エポスゴールドカードは、100万円で1万ポイント(1ポイント1円)のボーナスが付きます。
投資信託を年100万円買うと、通常ポイント0.5%+ボーナス1万ポイントの合計1万5000ポイントが付与されるとしたら、たまりませんよね。

特定口座だったのですね

たわら男爵様

>丸井の新サービスは、つみたてNISA口座で買うのではなく、特定口座でエポスカード決済で投信を買うにあたり、販売する投信をつみたてNISA対象投信に限定して選別するというものです。

そうだったのですね。もしそれでスリム国内債券が対象になったら毎日購入・売却を繰り返すだけでポイント0.5%が貯まる・・・はありえないですね。

>なお、エポスゴールドカードは、100万円で1万ポイント(1ポイント1円)のボーナスが付きます。
投資信託を年100万円買うと、通常ポイント0.5%+ボーナス1万ポイントの合計1万5000ポイントが付与されるとしたら、たまりませんよね。

特定口座でその条件なら対象ファンドで短期売買してしまいそうです。

No title

河童さん

それをやると改悪されてしまいます。

長期投資にふさわしいファンドを購入して実際に長期保有することで、ウィンウィンの関係を築いていきたいと考えています。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理