EXE-iつみたてシリーズ、明日から楽天証券で取扱開始

読者の方から情報提供いただきました。

EXE-iつみたて先進国株式ファンド(実質的な信託報酬0.1155%)
EXE-iつみたて新興国株式ファンド(実質的な信託報酬0.1948%)
EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド(実質的な信託報酬0.150%)

が明日から楽天証券で取扱開始です。

広告

ソースはエディネットの訂正有価証券届出書です。

販売会社の報酬は、先進国株0.03%、新興国株0.02%、全世界株0.04%であり、いずれも楽天証券のポイント付与率0.048%を下回ります。
つまり、楽天証券は、これを売れば売るほど損をすることになります。

SBI証券でさえ、先進国株と新興国株はポイントゼロ、全世界株は0.03%の付与率であるのに、おそらく楽天証券は一律に0.048%を付与すると思われます。
私にはどこに旨味があるのか分かりませんが、楽天証券にとってメリットはあるのでしょうか。

しかし、楽天証券がEXE-iつみたてシリーズの取扱いを決めたことで、死に体だったEXE-iつみたてシリーズが息を吹き返す可能性が出てきました。

本日時点の純資産額は、先進国株2億0400万円、新興国株4億2700万円、全世界株8億0300万円です。
同じETFを買うだけファンドには楽天バンガードファンドシリーズがありますが、指数が異なるとはいえ、新興国株5億9300円、全世界株74億4100万円と大差がついてしまっています(楽天バンガードファンドシリーズには先進国株はなし)。

とはいえ、EXE-iつみたてシリーズは、いずれも米国ETFを買うだけファンドであり、米国から見たときの第三国の株の配当金は三重課税されますので、二重課税で済むスリム先進国株、スリム新興国株を選択すべきです。

しかし、100円投資の対象としては旨味があります。
たわら男爵15種、どうしようかしら。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理