子供NISAをマネックスで開設することにしました

数日前に子供NISAをどの証券会社で開設するか悩んでいるという記事を書きました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-85.html#more

いつまでも悩んでいても仕方ありませんので、マネックス証券で未成年者口座を開設しました。
その手順は以下のとおりです。

広告

1、親権者の口座を開設する(既に開設済の口座でOK)。

マネックス証券のメリット
(1)毎月複数日積立設定ができる(SBI、楽天は毎月1回のみ)。
毎営業日積立てはできないものの、ゴトウビ(毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日)積立てをすれば楽ちん。
※ ただし、NISA口座(子供NISAを含む)では、現時点では複数日積立設定はできません。非常に残念です。

(2)スポット購入の最低購入単位は1000円(SBI、楽天は1万円)。

2、親権者の口座にログインし、キャンペーンページから子供を紹介する(親子に各3000円ずつが貰えます)。
下記のアドレスからもいけます。
https://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G800/srv/okyakusama_syokai.htm

※ 子供の電話番号、メールアドレスを記載する欄がありますが、親権者自身の電話番号、メールアドレスを書いておけば良いです。

3、子供あてのメールがマネックス証券から届くので、そのメールに記載されたアドレスをクリックして口座開設を申し込む。

4、印字された口座開設申込書が普通郵便で郵送される。
※ 私のケースでは、上記3の申込日を含めて4営業日で自宅の郵便受けに届きました。

5、日付や氏名など数か所を書き込む。

添付書類は、マイナンバーと続柄が記載された住民票(親子の記載があるもの)のコピーと子供の健康保険証のコピー。
※ コンビニではマイナンバー入りの住民票は取れませんので、市役所に行く必要があります。
※ 子供のマイナンバー入りの住民票を希望すると、一緒に記載されている親権者の欄にもマイナンバーが記載されてしまいますので、コピー後、親権者のマイナンバーは油性ペンで塗りつぶしてください。


今ここです。

今後は、マネックス証券から口座開設の連絡が届くでしょうから、未成年者口座にログインし、NISA口座を開設することになります。

ちなみに、私自身のNISA口座もマネックス証券です。

マネックス証券でVTを大量に保有しており、その分配金が米ドルで交付されることから、それを再投資する必要があるからです。
NISA口座でないと購入手数料が掛かってしまいます。

NISA期間が過ぎたら、VTの分配金は、特定口座源泉徴収ありで再投資しますが、マネックス証券はSBI証券や楽天証券よりも購入手数料が安いことから、私はマネックス証券でVTを保有しています。


広告

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

コメントありがとうございます。

コメントの内容が管理者のみ閲覧になっていますが、個人を特定できる内容ではありませんので、適宜整理し、次の記事でご回答したいと思います。

もう少しお待ちください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理