毎営業日積立てこそ至高かつ究極のインデックス投資

私は、たわら先進国株の保有で唯一ポイントが付く楽天証券で、毎日1万円積立てをしています。

毎日1万円積立てとは、文字どおり、相場の上げ下げに関係なく、ただひたすら毎営業日に1万円ずつ投資信託を買うというものです。

※ コメントでご指摘いただきましたが、マネックスであれば1000円からスポット購入ができますので、毎月2万円程度の原資があれば毎日積立てをすることができます(楽天とSBIの最低スポット購入単位は1万円ですので、毎月20万円程度の原資が必要です)。

ところで、毎日積立でどれだけ得をするかを検証してくれた人がいます。

広告

http://valavg.com/comparing-daily-and-monthly-dca-accumulation/

上記ブログの検証結果によれば、毎月積立てと比較して、4年半で0.8%だけしか得をしません。
現状で毎営業日積立てを事前設定できる証券会社はわが国には存在しない以上、毎営業日にログインしてスポット購入を繰り返すしかありません。
それだけの労力に見合う成果かどうかと問われると、正直微妙な気もします。

既積立分は楽天証券で保有して楽天ポイントをもらいつつ、新規分はマネックス証券でゴトウビ(毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日)積立てを事前設定してほったらかしにした方がはるかに楽です。
月1と毎日とのリターン差が4年半で0・8%しかないことから、月1とゴトウビ(毎月6日)積立てとのリターン差は更に縮まるはずですので、なおさらそういう気もしないでもありません。

しかし、毎日積立てこそが至高かつ究極のインデックス投資であることは間違いありません。これ以上ないほど指標と仲良しさんです。らぶらぶぱわーにあふれています。

そして、これこそがもっとも重要なのですが、日々の株価や為替の変動に何も心を動かされることがなくなります。相場が下がれば安く買えてうれしいですし、相場が上がれば既保有分の時価が上がってやはりうれしい。
どちらに転んでも毎日ハッピーな気持ちで過ごせます。

とはいえ、事前設定で毎営業日積立てができた方が簡便です。何よりとても楽です。
そこで、私は、毎営業日積立設定を実現してほしいという要望を定期的に楽天証券に送っています。

賛同される方は、以下のメッセージをコピペし、下記のアドレス経由で楽天証券に送っていただければ幸いです。
https://faq.rakuten-sec.co.jp/form/member.html


1 現在、御社では、投資信託の定期積立ては毎月1回しかすることができません。
2 要望その1
しかし、ドルコストを徹底するためには、1か月に1回よりは複数日積立ての方が優れています。
また、複数日に分散して積立てをしたいとの利用者の多様なニーズに対応することで、御社の契約者数が増えるかもしれません。
他社では、マネックス証券とカブドットコムが1か月複数日設定に対応しています。
そこで、御社もこれら2社と同様に1か月複数日設定に対応していただきたいです。
3 要望その2
ただし、マネックス証券とカブドットコム証券の複数日積立ての仕様は、積立日が非営業日のときは自動的に翌日に購入するというものであるため、毎営業日積立てをすることができません。すなわち、1日から31日まで事前に31回の積立設定をすると、土日分は必ず月曜日に購入することになってしまい、月曜日は3日分を購入することになってしまいます。
これを回避する方法は簡単です。
積立日の設定画面に「積立日が非営業日のときは翌営業日に積立てをしない」というチェックボックスを入れ、チェックボックスにチェックが入っているときは非営業日の積立指示は翌営業日に回すのではなく自動的に失効させるだけで足ります。
そこで、究極のドルコストである毎営業日積立てを我が国の証券会社に先駆けてぜひ御社に実現していただきたいです。
4 補足
たしかに、積立日を増やすことで、銀行口座引落しの際に御社が負担する手数料が増える懸念はあります。
しかし、既にマネックス証券とカブドットコム証券では複数日積立てに対応しているわけですから、コストが増えたとしても十分に営業上のメリットはあるはずです。また、複数日設定をする際の銀行口座は楽天銀行に限定すればコスト面でのデメリットを最小限に減らすこともできます。
ご検討いただければ幸いです。


広告

コメント

伊達と酔狂のバランスファンド

こんばんは。けーたといいます。
私もたわらノーロード先進国株式をマネックスでほぼ毎日1,000円買っています。
理由は毎日投信買いたいからという伊達と酔狂ぶりです。
ですので手動で買うのも悪くありません(見合った成果があるかどうかは別として…)

ブログに書いてあるように、不思議と毎日買ってると含み損益がほとんど気にならなくなりますね(投資金額の多寡はおいておきますが)。
1,000円買ったら終わりですので。
たわら、世界経済インデックスファンド、ひふみといろいろ買っていますが、ブログはよくチェックして参考にしています。
難しいことはあまりわかりませんがよろしくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>私もたわらノーロード先進国株式をマネックスでほぼ毎日1,000円買っています。

そうなんですよね。
マネックスの最低スポット購入単位は1000円、楽天、SBIはは1万円ですので、マネックスの方が小単位で毎日積立てができます(本文を修正しました)。

ポイントが付かないことだけが残念です。

>ブログはよくチェックして参考にしています。

これからもご愛読をお願いします。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理