2割引の「Amazon Echo」で音楽聞き放題を楽しもう

私は、「Amazon Echo」を買って、「Amazon Music Unlimited」に加入し、「文春ふざけるな」と思いながら小室哲哉をヘビロテしています。

さて、現在、アマゾンではタイムセール祭り中ですが、「Amazon Echo」が2割引の9580円で販売中です(~4/25 23:59)。



※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●住信SBIネット銀行の振込手数料の無料条件が改善
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-872.html

広告

これです。

「Amazon Echo」とは、いわゆるスマートスピーカーです。
簡単に言えば、しゃべりかけると返事をしてくれたり、いろいろと調べてくれたりしてくれるスピーカーですが、あくまでスピーカーですから本来の役目は音楽再生にあります。

「Amazon Echo」が優れているのは、これを購入すると、アマゾンの音楽聞き放題サービスに月額380円で加入することができる点です。

音楽聞き放題サービスはこちらです。

30日間の無料期間の間に「Music Unlimited Echoプラン」にダウングレードすれば、無料期間後は月額380円となります。

本来の料金は780円(非プライム会員は980円)ですから、再生媒体が「Amazon Echo」に限定される(ダウングレード後はパソコンでは再生できない)とはいえ、380円は実に魅力的です。

月額380円で非常に多くの楽曲が楽しめます。
「Amazon Echo」は「Music Unlimited Echoプラン」と組み合わせてこそ威力を発揮します。
「Amazon Echo」の購入を迷っている人は、まずは音楽聞き放題サービスを試して聞きたい楽曲があるかどうかを確認してからでもいいかもしれません。

スピーカーの音質も、少なくとも私の耳には非常に良く聞こえます。不満はありません。
いろいろ調べたところ、アマゾンのほうがグーグルよりも音質が良いみたいです。

私は、このほか、楽天マガジンの年間プラン(税別3600円)にも加入しています。
これは雑誌の読み放題サービスです。

楽天の初めてサービスを利用するごとに1000ポイントキャンペーンを利用したことから(「楽天 はじめて」で検索すると一番上に表示されます。エントリ後に楽天マガジンに申し込まないと1000ポイントを損しますので、注意してください)、最初から年額プランでしたが、非常に満足しています。

この楽天マガジンは維持費が月額78円(通信料込み)のタブレットで見ていますが、これまでのiPhoneの小さな画面とは段違いの見やすさです。

●キッズ携帯を契約しました(コストは月額619円)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-805.html

このタブレットですが、内蔵メモリが16GBしかなく、すぐに一杯になってしまい非常に困惑しましたが(楽天マガジンだけで5GBになります。kindleで漫画を落としたときは余りのメモリ量の多さにびびりました)、iPadと違ってアンドロイド端末はSDカードで容量が増やせるんですね。
ブルーライトを100%カットできるキッズモードというものも発見し、非常に快適に使っています。

スマートスピーカーを利用した音楽聞き放題サービスといい、タブレットを利用した雑誌見放題サービスといい、非常に便利な世の中になったものです。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理