【朗報】三菱マテリアルの純金等積立の年会費が無料になります

私は、現在、三菱マテリアルのマイゴールドで、純金積立(月額3万円)とプラチナ積立(月額1万5000円)をしています。

●【必見】純金等積立てを超低コストで利用する方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-44.html#more


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●iFreeSP500、40億円を突破するも、運用成績は微妙
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-866.html

●楽天バンガードファンドシリーズの運用はヤバいかもしれない
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-865.html

広告

三菱マテリアルの純金等積立では、年会費864円のほか、毎月の積立額の2.5%(積立額が3000~9000円だと3%)のコストがかかります。

上記記事は、積立額を最低額3000円ずつとし、残りは月間スポット積立購入をすることで、4万5000円×2.5%=1125円の手数料が6000円×3%=180円に節約することができるというお話でしたが、今回、制度改正され年会費が無料になります。

三菱マテリアルからのお知らせを転記します。


平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度インターネット取引サービス『マイ・ゴールドパートナーオンライントレード』をご利用の上、残高報告書等の郵送物の停止をお申し込みいただきました会員様は、翌年1月以降、最初に開始する会員契約期間にかかる年会費を無料とする新サービスを開始いたします。
つきましては、新サービスのお申し込みの手続きを以下のとおりご案内申し上げます。
【新サービスお申し込みの手続き】
①はじめにオンライントレード利用登録をお願いいたします。
※なお、既にオンライントレードのご利用登録をいただいている会員様は再登録の必要はありません。
②オンライントレードにログインの上「登録内容確認・編集」ボタンより会員様ご自身で操作をお願いいたします。
・残高報告書等の郵送停止手続き方法はこちら
※年内最終営業日の2018年12月27日(木)17時までに手続きいただきますと新サービス適用となります。
※一度お手続きをいただきますと次年度以降のお申し込みは不要です。
※お電話でのお申し込みは受け付けておりません。
※取引履歴等は従来どおりオンライントレードでご確認いただけます。
※残高報告書の内容はオンライントレードから、いつでも前年1月〜12月までの内容がご確認いただけます。


さて、これだけでは良く分かりませんので、聞いてみました。

1、郵送報告不用制度を選択すると、2019年以降の会費が無料となる(1年限りではなく、ずっと無料)

2、継続ボーナス制度(年会費の支払後、保有残高の0.05%を無料で加算してくれるというもの)は、郵送報告不要制度を選択して会費が免除された場合でも適用される

ということですので、メリットしかありません(なお、報告書等は郵送されないだけで、電子版を閲覧して確認することはできます)。

年会費が無料となり、しかも保有残高の0.05%が毎年加算されるわけですから、純金等積立をするなら三菱マテリアルで決まりです。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理