スリムシリーズの指数利用料はほぼゼロ(0.004%未満)

先日、

●スリムシリーズは、指数をMSCIからFTSEに変更すべし
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-859.html#more

という記事を書いたところ、かなりの反響をいただきました。

その中で、次の質問をいただきました。


バランスファンドでは指数の種類が8種類ないし9種類に及ぶものもありますが、これらは組入比率によって按分されているのか、それともファンド単位なので単純に8倍、9倍かかっているのかどうかもよくわかりませんね。
マザーファンドもベンチマークとするために指数の使用料がかかっているはずなので、二重にかかっているのかも不明瞭です。


スリムバランスは8資産均等型です。
もし8種類分の指数利用料を負担しなければならないのであれば非常に不利になります。

そこで、三菱UFJ国際投信に電話して聞いてみました。

広告

回答
スリムシリーズでは、ベビーファンドは指数利用料を負担しておらず、マザーファンドだけが負担し、その後にマザーファンドを構成するベビーファンドの規模に応じた負担割合によって各ベビーファンドに割り付けられる。
そのため、例えば、スリム全世界株(3地域均等型)を買っても、スリム先進国株、新興国株、TOPIXを3分の1ずつ買って自作しても、両者の指数利用料は全く同額となる。


ところで、指数利用料については、下記記事が詳しいです。

●MSCI勉強会に参加 指数のライセンスフィーの仕組みを詳しく聞いてきました
http://longinv.blog103.fc2.com/blog-entry-2287.html#more

上記記事によれば、

(1)ライセンスフィーには2種類ある
(2)月報や運用報告書に指数情報を掲載するための利用料は固定額であり、数百万円程度
(3)インデックスファンドのベンチマークとして指数を利用するための利用料は一定の割合であり、0.03~0.05%程度。ファンドの信託報酬が安ければ安い率で済む

ということです。

そこで、スリムシリーズも数百万程度の指数情報の利用料を負担しているのではないかと聞いてみました。
この質問の趣旨は、スリム全世界株(3地域均等型)であれば、3種類の指数を合成しているため、数百万円×3種類分の指数情報利用料がかかったのでは大変だという点です。

しかし、三菱UFJ国際投信によれば、指数利用料を負担するのはマザーファンドだけ(ベビーファンドはあくまでもマザーファンドを通じて間接的に負担するだけ)であり、しかもその額は微々たるものであり全く気にする必要はないということでした。

各ベビーファンドが負担する指数利用料の割付額は、運用報告書の「その他費用」の「その他」に記載しているものの、微々たる金額のため、運用報告書の記載上はほぼゼロになるということでした。

一応、念のため、イーマクシス先進国株の運用報告書を確認してみました。

「その他費用」の「その他」には「0」円と記載されていました。
これは1万口あたりの費用明細であり、期中の平均基準価額は24170円ですから、イーマクシス先進国株が負担する指数利用料は0.004%以下となります(24170円で1円の指数利用料を負担したとき。実際は0円ですから、これより少なくなります)。

指数利用料は指数の提供会社(MSCI社)と各運用会社との個別協議によって決まりますが、少なくともスリムシリーズが負担する指数利用料は極めて低廉です(0.004%未満)。

というわけで、

●スリムシリーズは、指数をMSCIからFTSEに変更すべし
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-859.html#more

と書いたものの、指数変更による実質コストの低減効果は余り期待できなさそうですので、スリムシリーズは今のまま頑張ってほしいと思います。


広告

コメント

No title

さっそく質問していただきありがとうございます。いくつか疑問が残る点もあります。
各社のETFで明らかにされているように、指数の使用料が通常は資産額の0.03%程度なのに、マザーファンドでは0.004%未満になるというのも変な話です。
10分の1にディスカウントするというようなことがあり得るのか・・・?

とはいえ、とりあえず指数の使用料は微々たるものでほぼ気にする必要がないことがわかり安心しました。

男爵殿

これは事実に基づいた誰も知り得ていなかったであろう内容なのでかなりの良記事ですね。
ここまでマニアックに事実を追求して頂くのは日本のインデックス投資の世界においても間違いなくプラスだと思いますので引き続き宜しくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>各社のETFで明らかにされているように、指数の使用料が通常は資産額の0.03%程度なのに、マザーファンドでは0.004%未満になるというのも変な話です。

ETFと投資信託とで取扱いが異なるのかもしれませんね。
あるいはマザーファンドのスケールメリットを理由としたディスカウントがなされているとかでしょうか。

>ここまでマニアックに事実を追求して頂くのは日本のインデックス投資の世界においても間違いなくプラスだと思いますので引き続き宜しくお願いします。

ありがとうございます。
頑張ります。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理