楽天全米株90億円、楽天全世界株60億円を突破+楽天が躍進する秘策

本日、楽天バンガードファンドシリーズの全米株の純資産額が90億円、全世界株の純資産額が60億円を突破しました。

同日付けの純資産額は、それぞれ91億2700万円、60億4300万円です。



激うまハンバーグはこちら。4月9日9:59までの限定販売です。

●肉汁ほとばしる和牛100%ハンバーグが50%ポイントバックで登場
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-852.html#more

広告

楽天全米株の純資産額の推移です。

9/29 新規設定
10/23 5億1600万円
10/30 10億1500万円
11/8 16億2500万円
11/17 20億6200万円
12/6 25億4000万円
12/19 30億6300万円
12/26 35億0200万円
1/9 42億4000万円
1/11 45億8300万円
1/16 50億1300万円
1/23 56億7200万円
1/26 60億3400万円
2/15 65億6600万円
2/22 71億1900万円
3/6 75億9700万円
3/12 81億1900万円
3/30 86億0400万円
4/6 91億2700万円

節目の100億円までもうすぐです。

これに対し、楽天全世界株も、勢いは楽天全米株に負けるものの、純資産額60億円は快挙といえます。
元々、わが国では全世界株ファンドのニーズは乏しく、eMAXIS全世界株の純資産額も74億7900万円、三井住友・DCつみたてNISA・全世界株も67億6600万円にとどまります。

全世界株ファンドは、先進国株ファンドと比べると明らかに人気がありません。
しかし、楽天全世界株がこれほどまでに純資産額を伸ばし、現在も伸ばし続けている理由は、日本を含む全世界株を丸ごと買うという非常に分かりやすいコンセプトがあるからです。

楽天バンガードファンドシリーズは、全米株と全世界株という、これまで他社が見向きもしなかった新天地を開拓し、激増する純資産額によって、そこにブルーオーシャンがあることを示しました。

ただ、ひとつ非常に気になることがあります。
コストです。

楽天全米株と楽天全世界株の人気を不動のものとするための格好の秘策があります。しかも、金はほとんどかかりません。
その秘策とは、詳細な運用成績と解説を自社サイトに公表することです。

楽天バンガードファンドシリーズの運用にこれまでかかったコスト情報をこれでもかというくらいまで詳細に開示し、運用能力に問題はなく、コストも低コストであることを顧客に納得させることに成功すれば、更なる純資産額が流入し、楽天バンガードファンドシリーズのブランドは燦然と光り輝くことでしょう。

関連記事です。

楽天バンガードファンドシリーズは、米国ETFを買うだけファンドですから、指数との乖離率は問題となりません。

●楽天バンガードの月次レポートの乖離率を気にするのはナンセンス
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-650.html

楽天バンガードファンドシリーズで問題とされるべきはコストだけですが、私が運用会社に電話したところ、楽天バンガードファンドシリーズは、ブローカーに依頼し、ニューヨーク市場の終値で買っているそうです。
また、円からドルに交換する時点は、ブローカーから請求書が届いた時ということでした。
米国ETFを終値で購入し、ブローカーから請求書が届いた時点で円をドルに換えるわけですから、米国ETFの買い方としてはこれ以上のやり方はないといえます。

●バンガードの投資哲学は「長期、分散、つみたて投資とその継続を低コストで行う」こと
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-799.html


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理