eMAXIS Slim先進国株、80億円を突破

3月30日、eMAXIS Slim先進国株(イーマクシススリム先進国株)が80億円を突破しました。

同日付けの純資産額は、80億4700万円です。

広告

eMAXIS Slim先進国株の純資産額の推移です。

2/27 新規設定
5/22 5億0700万円
8/3 10億1300万円
9/5 15億2600万円
11/1 20億2800万円
12/8 25億0100万円
12/29 30億円
1/11 35億7500万円
1/18 40億6900万円
1/26 45億4700万円
2/13 51億4200万円
2/19 56億8800万円
2/22 60億9000万円
3/5 65億0300万円
3/9 70億8700万円
3/19 75億3200万円
3/30 80億4700万円


異次元の値下げをした12月29日の純資産額は30億円です。
スリム先進国株の純資産額が30億円になるまでには新規設定から10か月かかっています。
しかし、異次元の値下げ後、わずか2か月で30億円を集めて純資産額を倍増させ、わずか3か月で50億円を集めることに成功しました。

信託報酬は0.189%から0.1095%に引き下げられ、それに伴って運用会社の報酬も0.0845%から0.04475%に引き下げられました。
12月29日時点の運用会社の報酬は253万5000円(30億円×0.0845%)でしたが、本日時点の報酬は360万1032円(80億4700万円×0.04475%)であり、まさに損をして得を取ったことになります。

●ブロガーミーティングで判明した三菱UFJ国際投信の野望
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-845.html

上記記事でお伝えしたとおり、三菱UFJ国際投信は、直販制度の導入と同時に「日本のバンガードになる」という野望を表明しました。

この意味は、スリムシリーズを使って他社のインデックスファンドから顧客を奪い、日本一のインデックスファンドの運用会社になるということだけではありません。
直販で顧客を囲い込み、販売会社をも駆逐し、利益を自社で独占するという壮大な意味が込められています。

しかし、ニッセイマジックを経験した我々は、スリムシリーズも「安かろう悪かろう」ではないかとの疑念を拭いきれません。

●刮目せよ、これがニッセイマジックだ!!
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-791.html

インデックスファンドの優劣の物差しは、2点です。
すなわち、

(1)低コスト
(2)指数との接着性

です。

私は、三菱UFJ国際投信にとって極めて重要なことは、公式サイトで、上記2点に関する詳細な情報を公開することだと考えます。

他社の具体的なファンド名を挙げて、上記の2つの物差しでスリムシリーズとの優劣を詳細に比較検討し、優れている点だけでなく劣っている点も率直に認めた上で、顧客に不利益とならないような手当てを具体的に示すことができれば、その時にこそスリムシリーズは圧倒的な支持を集め、日本のバンガード社となることができるでしょう。

広告

コメント

No title

低コストが新しく出現し、そして残高が増えていく。たいへん、良いことだなあと思います。

一方で、10年、50年、100年と、古いファンドながら、いつの時代でも残高が緩やかに増加するなり、残高が維持されるなり。長い歴史を刻みながら古いファンドが存続していくような投資環境になるといいな、とも思います。流行りに影響されない、芯のぶれない、投資家から長く愛されるファンドが現れて欲しい、な。

No title

コメントありがとうございます。

>流行りに影響されない、芯のぶれない、投資家から長く愛されるファンドが現れて欲しい、な。

日本のバンガードとなることを誓ったスリムがきっとそこを目指すのでしょうね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理