マネックス証券、本日からスリム全世界株の取扱いを開始

「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続けるファンドシリーズ」である「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」が、本日からマネックス証券で購入できます。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●マネックス証券、米国株の円貨決済を開始するも極めて不十分
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-840.html#more

広告

新規取扱日の一覧です。

SBI証券 3/20
楽天証券 3/23
マネックス証券 3/27

これで3大ネット証券の全てで取扱いが開始されたことになります。
なお、取扱開始日は不明ですが、カブドットコム証券でも購入することができます。

このスリム全世界株の信託報酬は税込0.142%であり、全世界株ファンドの中では最安です。

しかし、トータルコストは、こうなります。

1、eMAXIS Slim全世界株(含む日本) 自作版 0.2262%
2、eMAXIS Slim全世界株(除く日本) 自作版 0.2348722%
3、野村つみたて外国株投信 0.2483%
4、eMAXIS Slim全世界株(除く日本) 0.25736%
5、楽天全世界株 0.40664%
【参考】
eMAXIS Slim先進国株 0.21226%(うち信託報酬を除く部分は0.094%)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-810.html#more

松井証券のリバランス積立を利用して自作したほうが安く上がりますし、日本を除く全世界株ファンドは元々売れていませんので、スリム全世界株(除く日本)の純資産額の伸びも期待することはできません。

ところで、三菱UFJ国際投信は、本日19時からブロガーミーティングを開催します。
テーマは「eMAXISの商品展開について」です。

私は、かねてから、先進国株80、新興国株10、TOPIX10の配分比による合成指数で全世界株ファンドを作ることを提唱しています。売れると思うのですが、なぜかどこもやろうとしません。

今日か明日には上記に参加したブロガーの報告記事がアップされると思いますので、全世界株ファンドの実現に向けた何らかの意見表明があることを期待して待つことにします。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理