広告

投信保有ポイントは0.05%となります。

●eMAXIS Slim先進国株?それとも全世界株?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-812.html

この記事でお伝えしたとおり、当初の発表では、3月23日から楽天証券が取扱いを開始するだけでした。

しかし、さすがSBI証券。えげつないですね。後出しで楽天証券より前に取扱開始です。

私は、上記記事で、スリム全世界株は一般受けしないと予測しましたが、果たしてどうなりますか。
今後の純資産額の伸びに注目です。

なお、野村つみたて外国株投信、松井証券の「スリム全世界株リバランス積立」との比較は、下記記事をご覧ください。

●この投資信託がすごい(2018年3月、全世界株編)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-810.html#more

結論だけを抜き出すと、こうなります。

1、eMAXIS Slim全世界株(含む日本) 自作版 0.2262%
2、eMAXIS Slim全世界株(除く日本) 自作版 0.2348722%
3、野村つみたて外国株投信 0.2483%
4、eMAXIS Slim全世界株(除く日本) 0.25736%
5、楽天全世界株 0.40664%
【参考】
eMAXIS Slim先進国株 0.21226%(うち信託報酬を除く部分は0.094%)

広告

コメント

No title

 当該商品、私は松井証券で発売されたら現在の同証券でのポートフォリオを変更して、eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)と8:92の割合でリバランス積み立てする予定です。

 ところで、昨日コメントさせていただいた三菱UFJ国際投信のブロガーミーティング、参加できることになりました。

 たわら男爵さんが疑問に思っていらっしゃる「他社(特にたわらと野村)と比べて諸経費が非常に高いのはなぜなのかについて」懇親会の時に三菱UFJ国際投信の社員さんに伺ってみようと考えています。

 その際のデータは、たわら男爵さんのこちらの記事http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-797.html#moreを参考にさせていただきます。

 野村というのはFunds-i外国株と考えてよろしいでしょうか?

No title

ご連絡ありがとうございます。

>三菱UFJ国際投信のブロガーミーティング、参加できることになりました。たわら男爵さんが疑問に思っていらっしゃる「他社(特にたわらと野村)と比べて諸経費が非常に高いのはなぜなのかについて」懇親会の時に三菱UFJ国際投信の社員さんに伺ってみようと考えています。

よろしくお願いします。

>野村というのはFunds-i外国株と考えてよろしいでしょうか?

そうです。
イーマクシスはファンズアイの4.47倍、たわらの2.47倍もの高コストです。
そのせいでせっかくのスリムの信託報酬の低さが台無しになってしまいます。

そこで、
(1)イーマクシス先進国株はなぜこれほど高コストなのか(改善することはできないのか)
(2)この高コストがスリム先進国株にもそのまま及んでしまうのか
が確認できたら、私にも教えていただけるとうれしいです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理