eMAXIS Slim全世界株(3地域均等型)がリリース。しかし売れないでしょう

イーマクシススリムシリーズから、新たな全世界株ファンドがリリースです。


第一報は、いつものとおりアウターガイさんです。
https://www.valuetrust.net/entry/2018/03160928.htm


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●iDeCoをするならマネックス証券か松井証券
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-827.html#more

広告

●eMAXIS Slim全世界株(3地域均等型)

信託報酬 税抜0.142%(日本を除く全世界株ファンドと同額)
特徴 TOPIX、先進国株、新興国株に3分の1ずつ均等配分
販売会社 SBI証券(4/3~)、楽天証券(4/6~)


うーん、どういう顧客層を狙った商品なのかが全く分かりません。

どうせ出すのであれば、TOPIX10、先進国株80、新興国株10の「eMAXIS Slim全世界株(配分比固定型)」にしたほうがはるかに売れたはずです。VTや楽天全世界株の顧客層を奪えるからです。

また、債券を時価総額比で組み合わせたバランスファンドであれば、セゾングロバラや世界経済インデックスファンドの顧客層を奪えました。

たわらシリーズのように色々出しても儲からないファンドが増えるだけです。
スリムシリーズは、基本的な資産クラスを厳選して超低コスト化したことに意味があったのに、残念です。

これがスリムシリーズの迷走化のはじまりでないことを祈っています。


広告

コメント

No title

これと、先進国株を3:7で買えば、信託報酬 0.11925%(税抜)
一方、TOPIX:先進国株:新興国株を1:8:1で買えば、信託報酬 0.1225%(税抜)
同じ配分比でも少し前者のほうが安くなりますね(実質コストまでは分かりませんが)

この中でのリバランスも行ってくれるし、自分でリバランスできないつみたてNISAでこういう買い方をするのはありかも?

No title

Reitには投資したくない、債券は不要、株がいいがどこの国・地域が将来伸びるかわからないから均等分散で、と考える顧客層向けですかね。

私も売れないと思います。

No title

たしかに、面白い? けど、絶対売れないファンドですね。
同じ配分にしたいけど自分でやるのがめんどくさい、という人向けではないかと・・・
日本株と全海外株が半々のファンドのほうがまだ売れそうです。

No title

コメントありがとうございます。

>これと、先進国株を3:7で買えば、信託報酬 0.11925%(税抜)

リバランスが大変そうです。
しかも、3地域均等型は純資産額が伸びそうにありませんので、コストが高くなると思われます。

>Reitには投資したくない、債券は不要、株がいいがどこの国・地域が将来伸びるかわからないから均等分散で、と考える顧客層向けですかね。

そのような顧客が存在するのかという問題点がありますね。

>同じ配分にしたいけど自分でやるのがめんどくさい、という人向けではないかと

そういうニッチなニーズではなく、みんなが欲しがるものを出してほしかったです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理