米国株に投資するアクティブファンドが登場

SBI証券は、先週、アメリカ株に長期投資するアクティブファンドの取扱いを開始しました。

SBI証券の紹介文です。

日本株式に厳選投資するファンドは多数ありますが、一方、米国株式で銘柄を絞って投資するファンドは多くありません。
高い成長性を誇り、幅広い魅力的なビジネスモデルを有する米国企業の中から“本当に強いビジネスを見極め、集中的に投資を行う”ファンドが、ついに個人投資家の皆さまに広くご提供できるようになりました!
https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_fund&cat1=fund&cat2=none&dir=info&file=comment/fund_comment_180307.html?pickup_01


※あなたの「キンカン」の概念を塗り替える美味さを体験したい人は、こちらの記事をご覧ください(販売再開。販売期間は3月20日まで)。

●楽天市場で「たまたま」を買おう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-811.html#more

広告

●農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド

信託報酬 税抜0.90%
購入手数料、信託財産留保額 なし
購入方法 積立買付のみ

これは、元々、岡三証券のDC専用ファンドとして提供されていたものがSBI証券に一般開放されたものです。
岡三証券のサイトから月次報告書を見ることができますが、その中に以下の記載があります。

本ファンドは、①付加価値の高い産業において、②競合上有利な状況にあり、③長期的な潮流にのっている会社に 厳選して長期投資を行っており、現在のポートフォリオ企業は27社です。
本ファンドの助言者である農林中金バリューインベストメンツでは、投資先のモニタリングや、新規投資候補先の調査 のため、年間6回程度、現地訪問を行っています。毎年の訪問社数は、80社程度にのぼります。
http://www.okasan.co.jp/commodity/investment/list/pdf/25311177_dc.pdf


なんかひふみ投信みたいなことを言っていますが、訪問先はアメリカですから、コストがかかっていそうです。

基準価額と純資産額の推移です。
http://thp.qmues.com/mrhp/oksa/docs/g04/g04Index.do?fundCode=25311177

2017年11月1日から比較します。

●農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド
11/1 10461
3/9 10484
騰落率 0.2198%

●iFreeS&P500インデックス
11/1 10786
3/9 10810
騰落率 0.2225%

●iFreeNYダウ・インデックス
11/1 14454
3/9 14537
騰落率 0.5742%

●楽天・全米株式インデックス・ファンド
11/1 10259
3/9 10268
騰落率 0.0877%

並び替えてみます。

1、0.5742%(iFreeダウ)
2、0.2225%(iFreeSP500)
3、0.2198%(農林中金)
4、0.0877%(楽天VTI)

アメリカ株がほしければ、アクティブファンドではなく、iFreeダウかSP500を買っておけということになりますね。
それにしても、楽天VTIだけ悪いです。

楽天の運用が大丈夫か心配になりましたので、米国ETFのドル建ての終値を比較してみます。

●VOO(SP500指数)
10/31 236.13
3/8 251.89
騰落率 6.6742%(為替考慮後0.3567%)
iFreeSP500との差 -0.1342%(下振れ)

●DIA(ダウ指数)
10/31 233.63
3/8 249.14
騰落率 6.6387%(為替考慮後0.3212%)
iFreeダウとの差 0.253%(上振れ)

●VTI
10/31 132.33
3/8 140.96
騰落率 6.5215%(為替考慮後0.204%)
楽天VTIとの差 -0.1163%(下振れ)

※TTBは、下記の数値を採用した。
11/1 112.86
3/9 105.73
騰落率 6.3175%


正直、どれが良くてどれが悪いのか、よく分かりません。

楽天VTIは、ブローカーに依頼してVTIを終値で買うだけファンドですから、運用技術の巧拙は問題とならず、単にコストだけが問題になります。
楽天VTIの運用報告書が待たれるところです。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理