ニッセイ新興国株、1日で0.5%以上の下方乖離を出す

ニッセイ外国株が他の先進国株ファンドより乖離していることは、下記記事でお伝えしました。

●刮目せよ、これがニッセイマジックだ!!
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-791.html


今度はニッセイ新興国株が盛大にやってしまいました。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●eMAXIS Slim先進国株が60億円、楽天VTIが70億円を突破
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-800.html#more

●バンガードの投資哲学は「長期、分散、つみたて投資とその継続を低コストで行う」こと
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-799.html#more

広告

2月22日付けの騰落率(純資産額)です。


SMT新興国株式インデックス・オープン 1.01%(200億2500万円)
eMAXIS新興国株式インデックス 0.99%(358億4100万円)
eMAXIS Slim新興国株式インデックス 0.99%(43億6200万円)
Funds-i新興国株式 0.97%(46億2200万円)
たわらノーロード新興国株式 0.91%(42億6000万円)

たわら新興国株だけリターンが少し悪いのですが、おおむね1.0%のリターンであることが分かります。

それでは、いよいよニッセイ新興国株の登場です。


ジャジャジャジャーン



<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド 0.46%(3億3200万円)



ああ・・・



いやいや、純資産額がニッセイ新興国株だけ少ないから乖離したんじゃないの?
他社ファンドとは桁が違うでしょ。
ニッセイ新興国株はまだ3億円しかないんだから仕方がないよ。



i‐SMT新興国株式インデックス(ノーロード) 1.01%(1800万円)
Smart-i新興国株式インデックス 0.92%(1300万円)



ああ・・・


私は、かつて

●ニッセイ新興国株が新規設定も、乖離・高コストの予感
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-574.html

という記事で、「ニッセイ新興国株は、高いコストと乖離率に悩まされることになりそうです。」とお伝えしました。



ああ・・・


広告

コメント

お願い

男爵殿

時間のある時に、ニッセイにインデックスモデルについて詳細を問い合わせていただければ幸いです。

悪意が感じられます

数値上は、事実でしょうが
特定のファンド(会社)に対する嫌がらせのようで、読みたくないブログですね。

No title

コメントありがとうございます。

>時間のある時に、ニッセイにインデックスモデルについて詳細を問い合わせていただければ幸いです。

ニッセイは、他社ファンドと異なり、なぜ自社ファンドだけが乖離するのか、その原因を把握していませんので、聞いても無駄だと思います。

それに、具体的な運用方法は社外秘でしょうし。

>特定のファンド(会社)に対する嫌がらせのようで、読みたくないブログですね。

顧客の金を預かるプロである以上、その運営結果について責任を持たねばなりません。

ニッセイは、先進国株に限らず、新興国株でも、他社ファンドとは一見して異なる騰落率ですから、その運用方法にどこか重大な問題点があるはずです。

しかも、ニッセイは、なぜ他社ファンドとは異なる騰落率なのか、その原因を把握していません。

ニッセイ外国株は、投信ブロガーの熱烈な支持を受け、2016年の乖離問題があったにもかかわらず、FOY2017では2位、FOY2016では1位を獲得しています。

ニッセイ外国株は、超低コストファンドの代名詞だっただけに、その運用技術が他社とは隔絶して稚拙だったということになると、「低コストファンドといっても、結局は安物買いの銭失いではないか」という非難を受けるおそれがあります。

繰り返しますが、プロである以上、結果で責任を取らねばならず、結果を示せなかったときは非難を甘受すべきです。
しかも、ニッセイは、なぜこのような結果になったのかについて、顧客に対し、合理的な説明を怠っています。

これを「嫌がらせ」と考えてしまう人がもし多数派であれば、我が国のインデックスファンドの健全な発展は期待することができないでしょう。

No title

積立NISAがきっかけで少額ながら投資を始めた初心者です。このブログは大変参考にさせていただいております。
積み立てNISA以外にも現在SBI証券でiDeCoを申し込んでおりニッセイ外国株式インデックスファンドを積み立てる予定ですが、ニッセイファンドの連日の乖離を知り心配と若干後悔をしています。
(マネックス証券ならemaxis slim先進国株を選択できることを知りながらSBI証券にまとめたいなあと面倒くさがってしまいました。)
SBI証券は若干iDeCo商品が弱いような気がするのですが、近いうちにemaxis slim先進国株やEXE-iつみたてグローバル株を加えてくれるなんて都合の良いことはないでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

>SBI証券は若干iDeCo商品が弱いような気がするのですが、近いうちにemaxis slim先進国株やEXE-iつみたてグローバル株を加えてくれるなんて都合の良いことはないでしょうか。

つみたてNISAとは異なり、iDeCoは取扱ファンド数を絞る方向での行政指導がありますので、既に多すぎる取扱ファンドを抱えているSBI証券が増やす可能性は低いと考えます。

しかも、EXE-iつみたてグローバル株は信託報酬が安すぎて儲かりませんから、積極的に導入したいファンドではないでしょうし。

No title

ご返答いただきありがとうございました。
iDeCoの運用改善として、運用商品を選択しやすいよう継続投資教育の努力義務化や運用商品数の抑制等を行う、ということなんですね。
楽天証券やマネックス証券にiDeCoの加入者を奪われることを恐れてSBI証券がより競争力のあるファンドを加えてくれないかと思っていましたが可能性は低いようですね。
ありがとうございました。今後のブログも楽しみにしております。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理