広告

ニッセイ外国株は、2月6日、7日、8日と3日続けて、他の先進国株ファンドとは違った騰落率となっていました。

●ニッセイ外国株、1日で0.12%の下方乖離を出す
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-779.html#more
●ニッセイ外国株、1日で0.22%の上方乖離を出す
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-781.html#more
●ニッセイ外国株、1日で0.08%の下方乖離を出す
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-782.html#more

2月13日付けの騰落率です。

たわら男爵15種」の構成銘柄の先進国株ファンド(カッコ内は純資産額)。

eMAXIS Slim先進国株(51億4200万円) 1.76%
たわら先進国株(90191億1200万円)1.76 1.76%
iFree外国株(9億7201.790万円) 1.76%
i-SMTグローバル株(3300万円) 1.77%
Smart-i先進国株(1100万円) 1.79%
ニッセイ外国株(768億9000万円) 1.81%

ベビーファンドの純資産額が1100万円、マザーファンドの純資産額が57億円しかないSmart-i先進国株はさておき、ニッセイ外国株だけやっぱり明らかにおかしいです。
2月9日付けの騰落率は記事にするほどの差はなかったのですが、1日おいて0.05%の乖離とはやりますね。油断できません。

なお、下記記事でお伝えしたとおり、運用会社は、なぜ他社の同種ファンドの騰落率とニッセイ外国株の騰落率がこれほど異なるのか(ニッセイ外国株の騰落率だけ、なぜ上か下に突き抜けるのか)を把握していません。

インデックスファンドの運用って難しいんですよね(@ニッセイ外国株)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-784.html#more

今回の円高と株安は、ニッセイ外国株の保有者がニッセイ外国株を売却してeMAXIS Slim先進国株に乗り換える好機なのかもしれません。


広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理