インデックスファンドの運用って難しいんですよね(@ニッセイ外国株)

ニッセイ外国株が連日のように他の低コストファンドの騰落率との乖離を繰り返しています。

●ニッセイ外国株、1日で0.12%の下方乖離を出す
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-779.html#more
●ニッセイ外国株、1日で0.22%の上方乖離を出す
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-781.html#more
●ニッセイ外国株、1日で0.08%の下方乖離を出す
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-782.html#more

他の低コストファンドの騰落率は固まっているのに、ニッセイ外国株だけがスコーンと突き抜けています。
その原因を聞いてみました。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●私もつみたて兄さんになれました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-783.html#more

広告

答え
一生懸命頑張って運用しているけど、原因は分からないんですよね。
インデックスファンドの運用って、難しいんですよね。


ああ・・・


ちなみに、2016年の乖離の原因は、大きな金額の出入りがあったからだそうです。
今回の乖離の原因は分からないものの、初期と比べるとブレはかなり小さくなっているから、今後も安定運用を目指して頑張っていきたいという意欲にはあふれていました。

とはいえ、乖離の原因を把握していない以上、今後も同じ現象が繰り返されることでしょう。


インデックスファンドの運用って、難しいんですよね。


何度も切々と訴えられたので、頑張ってくださいとしか言えませんでした。


広告

コメント

No title

これは電話なりメールなりで直接問い合わせたんですか?

No title

コメントありがとうございます。

電話したら、詳しい人が出てきたので、かなり突っ込んでお話しました。

No title

>何度も切々と訴えられたので、頑張ってくださいとしか言えませんでした。

ワロタ

常識的に考えて「原因がわからない」は100%ありえないですよね。悪い冗談ですよね。よほど表沙汰にできないヤバイ事情があるんでしょうね。

ニッセイの運用は相当に根深い問題を抱えているように思えます。じつはこれまでのブレブレの事象が単なる前兆でなしかなく、今後とんでもなく大きな異常事態が発生するかもしれないと予感してしまいます。

No title

コメントありがとうございます。

「1日だとどうしてもブレてしまうけど、いい方向にブレるときもあるから、1日ではなく1週間の単位で見てください」と言っていましたので、私は、本当に原因が分からないのだろうという印象を受けました。

一生懸命、試行錯誤しながら頑張ってインデックスファンドを作ってみたけれど、他社と何かが違う。でも、何が違うかがどうしても分からない。

こんな感じでしょうか。

No title

採用している数理モデルがニッセイオレ/アテクシ流モデルなの~、から、ただ単に先物買いすぎちゃたテヘ、までいろいろありそうですねえ。

Slimが部門全体で明確に意思統一して、他のブランドを全て完全になぎ倒すまでコスト戦争をやりぬく覚悟をきめた気迫しか感じないのとは大違いですね。そうでなければ、こんな超高速で対抗下げを発表できる体制にはなりません。

インデックスeニッセイたわら、と渡り歩いてきて、eMAXISには魅力を感じていなかったんですが、ここにきて胆力と決断力をそなえた長がトップに就いた感があります。

No title

ひと昔前まではザ・セイホと呼ばれ世界中からその資金力を恐れられていた業界のトップ企業が、実はインデックスファンドさえまともに運用できないポンコツ組織だった。衝撃的ですねえ。残念ですがこれが今の日本企業の実力なんでしょう。

No title

なぜ原因がわからないのでしょうね。
ニッセイでも他のインデックスファンドは安定して運営できています。
組み入れ銘柄も他とほとんど変わらないので、運用に問題があることは間違いないと見ていいでしょう。

No title

本当の話ならニッセイやめます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いつも貴重なご意見拝見しています。
40代前半の会社員です。
今まで、vtを積み立てていたのですが、利益を確定して、投資信託を購入することにいたしました。
投資信託の購入は初めてですので、知識のある方からご意見をいただけたらと思っております。初歩的な質問かもしれませんが、お答えできる範囲でご返事いただけたら幸いです。

積立nisaで、たわらノーロード先進国株式を積み立てることにしています。
1.これから20年間800万円を積み立てても問題ないのでしょうか。
2.たわらノーロード先進国株式を個人で積み立てるとしたら上限はどのくらいでしょうか。
3.たわらノーロード先進国株式の売買高はどのくらいなのでしょうか。

emaxis slim 先進国株式を特定口座で積み立てようとしています。
4. 個人で積み立てるとしたら上限はどのくらいでしょうか。
5.emaxis slim 先進国株式の売買高はどのくらいなのでしょうか。
6. emaxis 先進国株式と比べるとemaxis 先進国株式の方が値動きの幅が大きいように感じます。emaxis slim 先進国株式は設定してから時間が経っていないので、値動きの幅が少ないのでしょうか。今後、値動きが大きくなるので、値動きの少ない今のうちに積み立てておいておけば、お得なのでしょうか。

emaxis slim 新興国株式を特定口座で積み立てようとしています。
7. 個人で積み立てるとしたら上限はどのくらいでしょうか。
8. emaxis slim 新興国株式の売買高はどのくらいなのでしょうか。
9.emaxis 新興国株式と比べるとemaxis 新興国株式の方が値動きの幅が大きいように感じます。emaxis slim 先進国株式は設定してから時間が経っていないので、値動きの幅が少ないのでしょうか。今後、値動きが大きくなるので、値動きの少ない今のうちに積み立てておいておけば、お得なのでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

>Slimが部門全体で明確に意思統一して、他のブランドを全て完全になぎ倒すまでコスト戦争をやりぬく覚悟をきめた気迫しか感じないのとは大違いですね。そうでなければ、こんな超高速で対抗下げを発表できる体制にはなりません。

組織として、超低コスト戦争を勝ち抜く覚悟を決めたということでしょうね。
こうなると、覚悟がないたわらでは勝てません。

>ひと昔前まではザ・セイホと呼ばれ世界中からその資金力を恐れられていた業界のトップ企業が、実はインデックスファンドさえまともに運用できないポンコツ組織だった。

乖離を繰り返す現状からは、顧客から厳しい非難を受けても甘受しなければならないでしょうね。

プロは結果を出すからこそプロであり、顧客の寛容さに甘えてはなりません。

>なぜ原因がわからないのでしょうね。ニッセイでも他のインデックスファンドは安定して運営できています。

ニッセイ日経225なんか、SBIポイントが0.2%付与されることも相まって非常に良いファンドなんですよね。

なぜニッセイ外国株の運用がグダグダになってしまうのか、良く分からないですよね。

>本当の話ならニッセイやめます。

今回の運用結果からは、顧客の中からそのような厳しい意見が出てもやむを得ないでしょう。

インデックスファンドの超低コスト戦争は、その前提として運用精度がきちんとしていなければなりません。

徹底的にコストにこだわることは重要ですが、今回のような運用結果では、足元の運用精度にこだわってはいないのではないかという非難に耐えられないでしょう。

>これから20年間800万円を積み立てても問題ないのでしょうか。

たわら先進国株が中途償還したり運用が突然不安定になる可能性は極めて小さいでしょうから、つみたてNISA口座ではたわら先進国株を買うのも有力な選択肢のひとつです。

しかし、私は、これまでお伝えしたとおり、スリム先進国株を買います。

>個人で積み立てるとしたら上限はどのくらいでしょうか。

ご質問の意図が分かりませんが、数百万でも数千万でも、お好きな額を買えばよいと思います。

ただ、私が今から数千万円を買うならば、SBI証券でたわら先進国株、楽天証券でスリム先進国株を半分ずつ買います。

>売買高はどのくらいなのでしょうか。

売買高という意味が分かりませんが、ファンドの純資産額で言えば、たわら先進国株が200億円に到達しましたので(相場が元に戻れば200億円台に回復するでしょう)、50億円弱のスリム先進国株より有利です。

ただし、スリム先進国株は、他の追随を許さない圧倒的な低コストさで、今後、純資産額を圧倒的に集めていくことでしょう。

>emaxis先進国株式と比べるとemaxis先進国株式の方が値動きの幅が大きいように感じます。

インデックスファンドですから、騰落率は全く同じです(正確にはコスト差がありますので、よりコストが安いファンドのほうが騰落率が高くなります)。

なお、スリム新興国株を買うのであれば、その上限は時価総額比にとどめておくべきです。

時価総額比を上限とすることで、新興国株を過大に買うという自らの投資判断が間違うリスクを避けることができます。

No title

早急及び丁寧なご返事ありがとうございます。

No title

何かご不明な点があれば、ご連絡ください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投信ブロガーのトップレベルの知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理