【新企画】インデックスマラソン開幕

今日からSBI証券で「eMAXIS日経アジア300インベスタブル・インデックス」の取扱いが開始されました。

参考記事
●i-mizuho東南アジア株式の繰上償還が悲しい人は、日経アジア300を買おう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-774.html#more


そこで、それを記念して、インデックスマラソンをすることにしました。

※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●ニッセイ外国株、1日で0.12%の下方乖離を出す
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-779.html#more

●【基礎知識】リバランスは「安く買って高く売る」魔法の方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-778.html#more

広告

ランナーの皆さんです。

●先進国株 eMAXIS Slim先進国株(イーマクシススリム先進国株)
●新興国株 eMAXIS Slim新興国株(イーマクシススリム新興国株)
●先進国株+新興国株 野村つみたて外国株投信
●全世界株 楽天全世界株(楽天VT)
●アメリカ株 楽天全米株(楽天VTI)
●アジア株 eMAXIS日経アジア300
●バランス eMAXIS Slimバランス

本日から、SBI証券で毎営業日100円積立てを開始します。

果たして日経アジア300インベスタブル指数は上位入賞できるのでしょうか?


広告

コメント

No title

面白い企画ですね!
結果報告を楽しみにしています。

No title

特定地域にフォーカスしたインデックスに対する投資というのは、このブログの根底にある男爵様の投資方針にはそぐわないように思うのですが(また、そうであるが故に、今回の記事にある100円投資は別として、このファンドに纏まった金額を投資されるおつもりはないと推測しております)、このファンドを繰り返し取り上げておられるのは何か理由があるのでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

>結果報告を楽しみにしています。

これは長距離マラソンですから、年単位となるかもしれません。

>このファンドを繰り返し取り上げておられるのは何か理由があるのでしょうか。

eMAXIS Slim新興国株の0.19%で感覚がマヒしていますが、eMAXIS日経アジア300の0.3%は極めて超低コストです。

ETFを買うだけファンドを除けば、次点は0.339%のニッセイ、0.34%のたわらとsmart-iですから、0.3%のeMAXIS日経アジア300は非常に頑張っています。

私は、リスク資産はeMAXIS Slim先進国株だけでよいと考えていますし、eMAXIS日経アジア300は100円投資しかしませんが、インデックスファンドが全体として発展するために、このファンドを含めた頑張っているファンドはブログで取り上げて応援したいと考えています。

> ETFを買うだけファンドを除けば、次点は0.339%のニッセイ、

次点は0.33%のi-SMT、次がニッセイですね。eMaxis日経アジアが低コストなのには変わりありません。
私も、楽天証券で取扱い開始されたら、100円積立してみようと思ってます。

No title

コメントありがとうございます。

>次点は0.33%のi-SMT、次がニッセイですね

そうでしたね。すっかり忘れていました。

ご指摘ありがとうございました。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理