ニッセイ外国株、1日で0.12%の下方乖離を出す

ニッセイ外国株がまたやってしまいました。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●【基礎知識】リバランスは「安く買って高く売る」魔法の方法
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-778.html#more

広告

たわら男爵15種」の構成銘柄のうち、先進国株ファンドの騰落率です(カッコ内は純資産額)。

eMAXIS Slim先進国株(47億6300万円) -4.12%
たわら先進国株(193億7400万円) -4.13%
iFree外国株(10億1300万円) -4.13%
i-SMTグローバル株(3300万円) -4.14%
Smart-i先進国株(1000万円) -4.18%
ニッセイ外国株(777億9000万円) -4.24%



ああ・・・



eMAXIS Slim先進国株(イーマクシススリム先進国株)との差は0.12%。
ニッセイ外国株ではなくeMAXIS Slim先進国株にしておけば、1000万円あたり1万2000円を失わずに済んだことになります。

ニッセイ外国株の2月5日付け純資産額は811億3700万円でしたので、このうち9736万4400円を無駄に失ってしまいました。

2016年11月、ニッセイ外国株は1日で0.28%の下方乖離を出し、臨時ペーパーを出して釈明するはめになりました。
https://www.nam.co.jp/news/fpdf/161115_info2.pdf

しかし、そのペーパーを幾ら読んでも意味不明であり、なぜこれほどの下方乖離を出してしまったのかが分かりませんでした。

●ニッセイ外国株を擁護して本当に良いの?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-242.html

ニッセイ外国株は、その後も下方乖離を出し続け、たわら先進国株比で-0.4%近くになりました。

たわら先進国株、ニッセイ外国株を0.3797%上回る
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-258.html

当時のニッセイ外国株の純資産額は320億円でしたが、今回は811億円です。
これはもうベビーファンドやマザーファンドの純資産額の小ささの問題ではなく、ニッセイ外国株の運用に何かまずい点があると考えるべきでしょう。

ニッセイ外国株は、何かイベントがあると下方乖離を出すのが年中行事となった感があります。
相場の下落によって損をするのは仕方がないことですが、運用技術のまずさによって損をするのは納得できません。

私の投資額は1199円ですから、この下方乖離の影響はほぼ皆無ですが、全力でニッセイ外国株に投資している人にはとても悲しい結果となりました。

ニッセイ外国株、きっとまた今回と同じ下方乖離を繰り返すでしょう。



それでもあなたはニッセイ外国株に投資し続けますか?




広告

コメント

No title

これは残念なお知らせですね。
iFreeのマザーファンドはニッセイよりも小さいので、ニッセイだけ落ち方が大きいのは不可解です。

まあ、翌日同じ理由で盛り返すかもしれませんので、あと1日見て見たいところです
望みは薄そうですけども・・・

僕もそろそろ真剣にiDeCoの金融機関乗り換えを検討しないといけないと思い始めました。

たわら男爵殿

これはよくないですねぇ。普段はしっかりトレース出来てるように見えますが、大きく値が動く時にめっぽう弱いんですね。
せっかく一年以上いい成績を保って純資産も積み上げてきたのに1日で台無しに。もったいない。

No title

コメントありがとうございます。

>翌日同じ理由で盛り返すかもしれませんので、あと1日見て見たいところです

もし盛り返すと、運用がブレブレだということになり、更にまずいです。

>僕もそろそろ真剣にiDeCoの金融機関乗り換えを検討しないといけないと思い始めました。

今回もそうですが、これまでの分析でもスリム先進国株がやけに頑張っています。なぜたわら先進国株より頑張れるのか、理由は分かりません。

信託報酬も安いことですし、スリム先進国株を取り扱っているマネックス証券か松井証券がよいのではないでしょうか。

>せっかく一年以上いい成績を保って純資産も積み上げてきたのに1日で台無しに。もったいない。

同感です。

他社が大丈夫なのに、なぜニッセイ外国株だけが下方乖離するのか、さっぱり分かりません。
理由が分からない以上、今後も同様の下方乖離を繰り返す可能性が高いと思います。

No title

こういう運用で、実質コストも高い。
それが、先進国株ファンドで1番売れ続けているという所に、ランキング連覇、上位の影響が見えますね。
ニッセイに投票し続けているブロガーさん達の罪はなかなか大きいと思います。

No title

情報提供者です。

純資産の(たぶんマザーも)はるかに小さく、取り扱いがはじまったばかりのSmart-iよりも下方に振れてしまったのは落第ものですね。自分のSBI・DC分も被弾しました。

NYが切り返したようですが、翌営業日で今度は上に振れるようなら運用手法に問題があるのはもはや確定事項でしょう。今回は為替もそれほど動いていません。

私もSBIからDCを動かしたいんですが、積みあがっている相当分の現金がすぐ用意できないので、反対売買できないんですよね。

いくら安くてもニッセイの全ファンドがもう信用できないので、購入候補から全部はずすことにしました。

No title

slimが頑張っているのは
元々あったeMAXIS (Fat)と同じマザーファンドだからだと思います。

eMAXIS 先進国株式インデックス
は350億円の純資産があるから
安定した運用ができるのではないでしょうか。

No title

コメントありがとうございます。

>ニッセイに投票し続けているブロガーさん達の罪はなかなか大きいと思います。

FOYは人気投票ですから、どうしても身びいきバイアスがかかります。

ニッセイ外国株を応援してあそこまで育てたのは俺たちだという思いと、買い替えると含み益の20.315%にに課税されるという実害の2点で、ニッセイ外国株に投票する投信ブロガーが多いのだろうと推測しています。

社長がアクティブファンド宣言をし、もはや低コストとはいえないセゾングロバラの熱烈な支持者が多いのも同じ理由からでしょうね。

>情報提供者です

情報提供ありがとうございました。

>自分のSBI・DC分も被弾しました。

残念でしたね。

>いくら安くてもニッセイの全ファンドがもう信用できないので、購入候補から全部はずすことにしました。

インデックスファンドは、コストと精度の2点が大事です。

ニッセイ外国株は、見せかけの信託報酬は安くても、実質コストと精度が非常に悪いわけですが、その原因がはっきりしないだけに安心できません。

最も力を入れているはずの看板商品でさえこの体たらくですから、シリーズ全体に対する信頼度を失ってしまう気持ちもよく理解できます。

No title

コメントありがとうございます。

>slimが頑張っているのは元々あったeMAXIS (Fat)と同じマザーファンドだからだと思います。

以前、継続的に分析したときには、eMAXIS先進国株の成績は、信託報酬差を考慮してもそれほど良いわけではありませんでした。

ところが、なぜかスリムになると成績が良くなります。

ニッセイ外国株も、前回の下方乖離後の運用は良かったのですが、今回の下方乖離で台無しです。

関係ないですが

eMAXIS 日経アジア300インベスタブル・インデックス
がSBI証券で購入できるようになっております。

No title

コメントありがとうございます。

>eMAXIS日経アジア300インベスタブル・インデックスがSBI証券で購入できるようになっております。

そうなんですよね。

ずっとeMAXISの該当ページの販売会社の欄がエラーになっていたので心配していましたが、ようやく今朝方SBI証券が表記されました。
しかし、SBI証券の新規取扱投資信託欄には記載されておらず、ファンド検索で購入ページにたどり着くことができました。

さっそく積立買付設定をし、新企画を立ち上げましたので、よろしければ新記事をご覧ください。

No title

私は積立投資を継続中で、有益な情報をありがとうございます。参考にさせていただいております。
先日の世界同時株安があり、不安になり連絡しました。たわらさんは株価が最高値から何%下落したら、確保中の資金のうち何%を一括で追加投資をするとか決め事はありますか?
現在は積立インデックス投資のみです。よろしくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>たわらさんは株価が最高値から何%下落したら、確保中の資金のうち何%を一括で追加投資をするとか決め事はありますか?

自分の相場観で投資すると失敗しますので、私は、ホールド中のたわら先進国株が含み損になった時点で、今やっているスリム全世界株の毎営業日1万円積立てを2万円に増やしてみようと考えています。

あとは10月4日のリバランス日に60:40の配分比を調整することくらいでしょうか。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理