コインチェック社は終わった(2)~本日のコメントを受けて

コインチェック社は、本日付けで、「日本円出金の再開の見通しについて」と題するリリースを公表しました。
http://corporate.coincheck.com/2018/02/03/37.html

2018年1月30日付のリリースでご案内をしております通り、当社では現在、日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めております。外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証を踏まえ、皆様には日本円出金の再開時期をお知らせいたします。

なお、お客様がアカウントに保有している日本円につきましては、金融機関の顧客専用口座に保全されております。また、お客様がアカウントに保有している仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)につきましても、ホットウォレットから退避し、コールドウォレット等に保管しております。

今しばらくご迷惑をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。

広告

なぜこのようなあいまいな表記をするのか理解できません。
顧客から預かっている金を返すだけですから、返す金さえあればすぐに返金できるはずです。

日本円の返金が遅れに遅れていることは、コインチェック社は返金能力を既に喪失しているのではないかとの疑念を生じさせます。それが分かっていながらなお、このようなあいまいな表記をせざるを得ないところに、なんともいえない危険なにおいを感じるのです。

もしコインチェック社の役員が言うように、コインチェック社に十分な資金があるのであれば、顧客が預けた日本円の出金を凍結する理由はないし、XEMのクラッキングの被害弁償も速やかに行うことができるでしょう。

このリリースが下記のような意味でないことを祈っています。
「 」が私の加筆部分です。


2018年1月30日付のリリースでご案内をしております通り、当社では現在、日本円出金に伴「って破産手続又は民事再生手続において当社及び当社の役員が管財人から法的責任を追及されることがないように、破産法又は民事再生法に関する」技術的な「当社及び当社役員の法的」安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めております。
外部専門家「である当社顧問弁護士」の協力も得つつ行っている「債権者となる顧客の」確認・検証を踏まえ、皆様には日本円出金の再開時期「が来ない可能性もあること」をお知らせいたします。

なお、お客様がアカウントに保有している日本円につきましては、金融機関の顧客専用口座に保全されております「が、破産又は民事再生後にお客様にお渡しできるかどうかは分かりません」。
また、お客様がアカウントに保有している仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)につきましても、ホットウォレットから退避し、「日本円と異なり、顧客専用のウォレットとは表記できないし、全てがコールドウォレットに保管しているとはいえないから」コールドウォレット等(「とあいまいな表現を使うけど許してね」)に保管しております。

「破産又は民事再生の申立てまで」今しばらくご迷惑をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。


コインチェック社は、クラッキングを受けたXEMの顧客に対し、時価の8割を弁償するとアナウンスしておきながら、それを実行するそぶりを見せず、実行予定時期も明らかにしません。
それどころか、今回のXEMの被害とは関係ない顧客の出金も凍結し、凍結解除時期も明らかにしないなど、極めて不審な動きをしています。

ひとつだけはっきりしていることは、もしコインチェック社が破産や民事再生の準備中であるとしたならば、顧客に金を返すことは絶対にできないということです。
そして、コインチェック社は、私を含む多くの人が破産や民事再生の準備中ではないかと疑っていることを知りながら、このようなあいまいなアナウンスを出すにとどまり、疑いを消そうとするそぶりを見せません。

コインチェック社は事業継続の意欲を見せていますが、民事再生は、事業を継続しながら大幅カットされた借金を返していく手続なんですよね。

広告

コメント

No title

男爵様

とても勉強になります。
以前、男爵様が仮想通貨についてどのようにお考えか?と質問させていただきました初心者です。

口座開設まではしてしまいましたが、男爵様のご指摘のおかげで危うく財産を失わずに済みました。

男爵様のご回答の後すぐに、コインチェック問題が発生し、大暴落していますね。
本当に手を出さなくて良かったと思っています。ありがとうございました。

本当にただのギャンブルですね。

No title

コメントありがとうございます。

>口座開設まではしてしまいましたが、男爵様のご指摘のおかげで危うく財産を失わずに済みました。

本当に危なかったですね。
お役に立てて、よかったです。

No title

男爵様

ソーシャルレンディングについてはどのようにお考えでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>ソーシャルレンディングについてはどのようにお考えでしょうか?

下記記事をご覧ください。

http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-307.html
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理