楽天VYMは分配金を極力出さない方針

本日、楽天証券とマネックス証券で、楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(以下「楽天VYM」といいます)が発売されました。
SBI証券の取扱日は少し遅れて12日からです。

楽天VYMの詳細は下記記事をご覧いただくとして、その名のとおり、米国高配当株ETF(VYM)を買うだけファンドです。

●楽天バンガードファンド第3弾は米国高配当株
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-707.html

ETFは、3か月に1回、分配金を出すことから、楽天VYMがどうするのか気になっている人も多いと思います。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●米国ETFの分配金を確定申告してみます
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-733.html#more

広告

聞いてみました。

楽天VYMは極力分配金を出さない方針とのことです。


極力分配金を出さない方針は、楽天VYMだけでなく、楽天バンガードファンドシリーズ全般に妥当することなのかも聞いてみました。

今後については約束できないが、現時点では、楽天バンガードファンドシリーズは極力分配金を出さない方針で運用しているとのことです。


一般に、分配金を出すと、分配金の20.315%が源泉徴収されて運用原資が減ることから損をします。
しかし、配当所得について、所得税は総合課税として確定申告し、住民税は確定申告しないことを選択できるようになった現時点では、低所得者は確定申告したほうが得をします。

源泉徴収税のうち所得税率は15.315%であるのに対し、総合課税の所得税率は課税所得195万円以下は5%、330万円以下は10%だからです。
この課税所得は各種控除をした後の金額になりますので、なおさら有利です。

※私が米国ETFの分配金を確定申告することで、納税額が源泉徴収された所得税額の5%で済む(95%が還付される)見込みであることは、次の記事をご覧ください。

●米国ETFの分配金を確定申告してみます
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-733.html#more

私は、分配金を総合課税として確定申告することによる余りの破壊力に衝撃を受けているところですが、源泉徴収された所得税の還付という恩典を受けるには確定申告というひと手間がかかります。
もっとも、「特定口座源泉徴収あり」で売買していれば証券会社が郵送してくれる年間報告書に記載された金額をそのまま上記記事でご紹介した確定申告ソフトに入力するだけです。数分でできます。

米国株や米国ETFは、第1に配当金や分配金の10%をアメリカが源泉徴収する点、第2に配当控除が一切受けられない点で、日本株や日本のETFと比べて損をします。
しかし、長期的に多額の資金を日本株に託せるかどうかを考えると、これらの不利益があったとしてもなお米国ETFで配当金生活をしたほうがよいと考えます。

楽天バンガードファンドシリーズは、全世界株、全米株、新興国株を次々にリリースしました。
三重課税コスト問題を抱え、信託報酬0.19%のeMAXIS Slim新興国株という強力なライバルを持つ新興国株を除き、順調に純資産額を集めています。

果たして、米国高配当株ファンドは成功するのでしょうか。
楽天バンガードファンドシリーズの今後の展開を占う試金石となりそうです。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理