eMAXIS Slimバランス70億円、eMAXIS Slim新興国株25億円を突破

2017年1月4日、eMAXIS Slimバランスの純資産額が70億円、1月5日、eMAXIS Slim新興国株の純資産額が25億円を突破しました。

同日付けの純資産額は、それぞれ70億7300万円、25億0400万円です。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●eMAXIS Slim先進国株が週間ランキング2位に躍進
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-728.html#more

●自動リバランスサービスの実装を求む
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-727.html#more

広告

純資産額の推移です。

●eMAXIS Slimバランス

5/9 1000万円(新規設定)
5/16 5億0800万円
5/26 10億0100万円
6/19 15億1700万円
7/11 20億0400万円
7/28 25億0200万円
8/17 30億0900万円
9/18 35億1800万円
10/2 40億0400万円
10/18 45億7500万円
11/2 50億4000万円
11/22 55億2400万円
12/12 60億8800万円
12/20 65億0900万円
1/4 70億7300万円

●eMAXIS Slim新興国株
7/31 100万円(新規設定)
8/31 5億1200万円
10/11 10億円
11/2 15億3400万円
12/12 20億2000万円
1/5 25億0400万円

イーマクシススリムバランスは新規設定からわずか8か月で70億円、イーマクシススリム新興国株は5か月で25億円に到達しました。
これら2銘柄のほか、eMAXIS Slim国内株も12月22日に10億円に到達し、eMAXIS Slim先進国株も12月29日に30億円に到達しています。
極めて順調に顧客の支持を集めつつありますね。

その理由は、多少の構成銘柄の違いを言い訳にせず、アグレッシブに対抗値下げを行う有言実行さにあります。
当初はうさん臭かったeMAXIS Slimのブランドは、インデックスファンド史上に燦然とした輝きを放ちはじめました。

ニッセイ外国株は、かつて「徹底的にコストにこだわらないとダメなんです」というキャッチフレーズで投信ブロガーの心をつかみ、運用ミスが多発している現状にもかかわらず、いまだに熱烈な支持を集めています。

eMAXIS Slimシリーズがニッセイ外国株の厚い牙城を崩せるかが当面の課題といえます。


広告

コメント

No title

いつも参考になる記事をありがとうございます。
以前も相談させていただいたものですが、また投資方針について質問させてください。

現在たわら男爵様の記事を参考に、つみたてNISAで「eMAXIS Slim先進国株」を年初一括購入しました。また、既にiDeCoに加入していたことから、http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-673.htmlの記事を参考に、「DIAM DC国内株式インデックスファンド」を購入するためマネックス証券へ移管手続きをしている最中です。

さらに今後特定口座で月5,000円程度の積立を予定しているのですが、どのような構成にすればよいか悩んでいます。
自分なりに以下のようなパターンを考えているのですが、たわら男爵様であればどのように考えますでしょうか?

①特定口座のみで完結できる「eMAXIS Slimバランス」を購入する。

②特定口座でも「eMAXIS Slim先進国株」を購入する。(その場合iDeCoも「eMAXIS Slim先進国株」にスイッチングする?)

③特定口座では、まだ手をつけていない新興国株を購入する。

アドバイスをいただけますと嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

いつも楽しみにみています。
先進国のリターン比較は最近はしないのですか?
パッと一年リターンを見続ける限り相変わらずiFree外国株は好調ですね(なぜ人気が全く出ないのかとても不思議です)。
その後をeMAXIS slimとニッセイとたわらが相変わらずつかず離れずという形で競ってるように見えます。
もう1週間ちょっとでニッセイ外国株式の運用報告書が出るはずなので、純資産の増加が実質コスト改善にどこまで寄与しているのか見ものですね(今回の結果が悪ければSlimの勢いが加速するかもしれませんし、逆に良ければ純資産1,000億円まで一気に突き進むかもしれませんね)。

No title

コメントありがとうございます。

>現在たわら男爵様の記事を参考に、つみたてNISAで「eMAXIS Slim先進国株」を年初一括購入しました。また、既にiDeCoに加入していたことから「DIAM DC国内株式インデックスファンド」を購入するためマネックス証券へ移管手続きをしている最中です。

この時点とは状況が異なり、eMAXIS Slim先進国株がベストバイファンドになりましたので、iDeCoでもeMAXIS Slim先進国株だけでよいと思います。

リバランスが面倒でなければ、DIAMの日本株を組み合わせた全世界株ファンドを自作してもよいかもしれません。

また、私ならば、特定口座でもeMAXIS Slim先進国株を買います。


>先進国のリターン比較は最近はしないのですか?

たわら先進国株は問題がありませんでしたので、今後はeMAXIS Slim先進国株を検証してきたいと考えています。

>もう1週間ちょっとでニッセイ外国株式の運用報告書が出るはずなので、純資産の増加が実質コスト改善にどこまで寄与しているのか見ものですね

そろそろ公表されるはずですが、たわら先進国株がさぼったせいで、ニッセイの低コストに熱心であるというブランドイメージは確立されてしまいましたので、それを崩すのは容易ではなさそうです。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理