他人のブログに勝手にアドバイスするシリーズ(2) 空き家問題

他人のブログに勝手にアドバイスするシリーズ第2弾は、空き家問題です。

第1弾でコメントしてくれた「りあるむえ」さんが困っているようです。
http://realmuay.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

ムエタイ好きなおっさんだから「りあるむえ」。
リアルで会ったら余計なことは言わずに逃げますが、ここはネットの世界。
安心して勝手なアドバイスもできるというものです。

まず最初に断っておきますが、これは非常に難しい問題です。
調べれば調べるほど難しい問題であることが分かりました。とても大変でした。かなりの時間がかかりました。
しかし、投資に関する全くの素人である私が素人なりに勉強し、ここまでの内容のブログを書けたわけですから、空き家問題といえどもきっとなんとかなるはずです。

広告

1 相談内容 その1
私は都会で暮らしていますが、年老いた両親が田舎で暮らしています。
実家は築60年で、山もありますが、どこからどこまでが父のものかは父にも分からず、ずっと放置されています。
父には多少の蓄え(預貯金)もあることから、預貯金はほしいのですが、実家の土地建物を含め、不動産はいりません。
どうしたらよいのでしょうか。

2 回答 その1
(1)父の死亡時、全ての不動産を母に相続させ、預貯金を含めた金融資産はあなたが相続する。母親の生活費は、まずは母の金融資産を使い、その後はあなたが相続した金融資産でまかなう。
(2)母の死亡時に相続放棄をする。

3 相談内容 その2
母の死亡時に相続放棄をしましたが、その後、実家の所在地の市役所から連絡があり、「このままだと実家が倒壊するおそれがあって危険なので、あなたの費用で家屋を取り壊してほしい」と言われました。
相続放棄をしていることを理由に断ると、市役所は「相続放棄をしても、民法940条により相続財産の管理義務があるから、あなたには取り壊さなければならない義務がある」と言うのです。
どうしたらよいのでしょうか。

4 回答 その2
(1)民法940条の管理義務は、正当な権利者(別の相続人ないし相続財産管理人)に相続財産を引き渡すための義務にすぎないから、その範囲は相続財産の現状維持まで。あなたには家屋を取り壊すまでの権利はないし義務もない。
(2)もしあなたが家屋を取り壊し、それが裁判所で背信行為と評価されると、相続放棄の効果がなくなるリスクがある(ちなみに、相続放棄前に家屋を取り壊すと、その時点で単純承認したとみなされ、放棄できなくなるので注意すること)。
(3)市役所は、利害関係者として、裁判所に相続財産管理人の選任を申し立て、相続財産管理人の協力を得て家屋を取り壊すことができる。あなたに自主的な取壊しを求めたのは、その費用を出したくないから。

5 相談内容 その3(上記1,2とは逆の立場)
私の家の隣には老夫婦が暮らしていましたが、その死亡後は誰も住まず、ずっと放置されたままで、今にも壊れそうです。その老夫婦には息子が1人いるため、連絡を取り、修理するか取り壊すかしてほしいと頼んだところ、相続放棄をしたのでそのような義務はないと言われてしまいました。
その息子によれば、老夫婦にはその息子以外に子はなく、親や祖父母は既に死亡し、兄弟はいるものの、全員が相続放棄をしたようです。
市役所に相談しても、「困りましたね」と言うだけで頼りになりません。私はどうしたらよいのでしょうか。

6 回答 その3
(1)隣家の登記簿をとる。
(2)登記名義人の生まれてから死ぬまでの全ての戸籍をとり、全ての法定相続人を確定させる。
(3)登記名義人の死亡地の家庭裁判所に照会し、上記の全ての法定相続人が相続放棄をしているか否かを確定させる。相続放棄をまだしていない法定相続人がいたら連絡し、相続放棄をするか修繕をするかを選択してもらう(法定相続人の誰かが外国にいたり、登記名義人が老夫婦の祖父や曾祖父のままだったりしたら、おそろしく面倒ですね)。
(4)全ての法定相続人が相続放棄をしていたことが確認できたら、家庭裁判所に相続財産管理人の選任申立てをする。弁護士に頼んで申し立ててもらうときは、自分の弁護士の弁護士費用と相続財産管理人の報酬を事前に用意する必要がある。最低でも各50万円ずつ合計100万円は掛かる。
(5)相続財産管理人と交渉し、建物を取り壊してもらう。ただし、取壊費用100~200万円はあなたが負担しなければならない。

7 相談内容 その4 
私は質問1、2をした者です。
私が相続放棄をすると隣家に大変な迷惑を掛けることが分かったことから、私は相続して建物は取り壊し、土地だけにして放置しようと思うのですが、どのようなデメリットがありますか。

8 回答 その4
(1)田舎の土地なので額は知れているとしても、更地の割増しの固定資産税をあなたが死ぬまでずっと負担しなければならない。定期的に草むしり等をしないと隣家に悪く言われるので、放置はできない。
(2)あなたの子供の誰かは、必ずその土地を相続することになり、固定資産税と草むしりの負担を負わせることになる。
その土地を相続したくなければ相続放棄するしかないが、あなたが一生をかけて形成した財産まで相続させることができなくなってしまう。
(3)隣家のことまで心配しても仕方がないと割り切って、相続放棄をした方が良い。隣家から損害賠償請求を受けたときに備えて、弁護士費用特約付きの個人賠償保険に入っておくこと(自動車保険や火災保険に付保すれば、掛金は年間1000円程度で済む)。


自分で言ってしまいますが、さすがたわら男。どんな問題でも一刀両断です。

最後に注意点です。
一生懸命調べたので、おそらくあっているとは思いますが、どこか間違っていたらごめんなさい。
私は何も責任がとれませんので、正確な法的知識を確認したければ弁護士に相談してください。
また、本件が個人賠償保険の適用対象になるのかは、ご自身の保険会社に事前にご確認ください。



広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理