貴乃花親方はなぜあのような行動をとっているのか

貴乃花親方がなぜかマスコミからバッシングされています。
理事兼巡業部長であるのに、理事長ないし理事会に報告をしなかったのはけしからんというものです。

一部ではこのような報道までされています。

貴乃花親方は「(県警が)『そちらに任せる』なので、協力しません」と突っぱねたが、外部理事の高野利雄・危機管理委員長(元名古屋高検検事長)が「理事として責務がある」と迫ると、「警察の捜査が終わった時点で協力する」と折れるしかなかった。

なぜこのようなことになっているのかを考えてみました。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●実質コストが大切なのは、乗り換える必要がなくなるからである
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-677.html#more

広告

相撲協会の役員には、外部委員に高野元名古屋高検検事長、監事に梶木元広島高検検事長がいます。
貴乃花に「理事としての責務がある」と追及したのは、このうち高野元検事長ですから、単なるお飾りではなく、ご本人はやる気満々です。

検事長は我々の想像をはるかに超えた高官です。
国家公務員のランクは俸給で判断されます。
下記リンク先がよくまとまっていますが、検事長は侍従長と同格、事務次官・警察庁長官より1ランク格上となります。
https://www.yamanaka-law.jp/cont8/60.html

これに対し、鳥取県警本部長は、通常はノンキャリアの警視長が就任するポストです。

※警察の階級は、上から、警察庁長官(無階級)、警視総監、警視監、警視長と続きます。

相撲でいえば、元検事長は元横綱、鳥取県警本部長は十両にもなれない幕下付け出し以下というイメージでしょうか。

もう分かりますよね。
今回は、危機管理委員長である元検事長がすごいやる気を出しています。自分で調査する気が満々であり、それを妨害した貴乃花親方を自ら公然と非難しています。
そして、危機管理委員会は相撲協会内部の組織です。組織の目的は究極的には組織防衛です。

相撲協会があれほどまでに自己調査を急いだのは、事実を曲げるつもりがあったかどうかは別にして、相撲協会にとって少しでも都合の良いストーリーを固めて報告書の形にして警察に提出したかったからでしょう。
元検事長名の調査報告書が鳥取県警の捜査より先に完成すれば、鳥取県警はそれを忖度せざるを得ません。ノンキャリの本部長など、警察庁は守ってくれないからです。

貴乃花親方の側からすれば、貴ノ岩に対し、モンゴル人力士とつるむなと日々指導し、貴ノ岩もそれを守っていたところ、貴ノ岩が高校の同窓会だと呼び出された先には、なんと、三横綱以下モンゴル人力士が勢ぞろいしており、白鵬からは説教され、日馬富士からは多数回の殴打を受けたということになるわけですから、「お前ら最初から共謀して俺の弟子をいたぶったな」と受け止めたのでしょう。

そして、実行犯の日馬富士だけでなく、白鵬も相当程度の関与をしていたことが見込まれることから、そのままこれを相撲協会に報告したのでは口裏合わせなどの証拠隠滅工作がなされ、事件がもみ消されることを危惧したのだろうと推測されます。

相撲協会にしてみれば、早期に貴ノ岩と示談をすれば、ひょっとしたら実行犯の日馬富士の刑事処分を回避することができると考えたのかもしれません。なにせ相撲協会には元検事長が2人もいるからです。
鳥取県警としても、被害者が自身の落ち度を認めつつ完全に許したという形を整えることができれば、元検事長の顔をつぶしたくはないでしょうし、それは鳥取地検も同じですから、そこを押して無理に刑事事件にはしないでしょう。
当初、貴ノ岩の落ち度が大々的に報道されたのも、このような落としどころを考えた人がマスコミにリークしたのかもしれません。

また、相撲協会が日馬富士は切るしかないと判断したとしても、白鵬まで共謀していたことになると、その悪影響は計り知れませんので、相撲協会としてもそのような事態は極力避けたいと考えるでしょう。

貴乃花親方としては、相撲協会に報告してしまうと、警察の捜査が進展する前に元検事長主導による内部調査が進展し、それが警察の捜査に影響し、真実がゆがめられる可能性を恐れたのであり、それは非常に正しい判断だと考えます。

このような報道もあります。

貴乃花親方が鳥取県警の捜査を理由に平幕貴ノ岩(27)の聴取に応じないことを書面で読み始めると、理事の1人が「県警に電話してみよう」と声を上げた。捜査幹部は「そちらの判断で決めてくれていい。(協会側が)聴取されても差し支えない」と回答。理事は電話を貴乃花親方にも代わったが回答は同じだった。

自分の上司である本部長よりはるかに偉い元検事長の面前で、その意向に反することを言える公務員がいるわけないですよね。
秘密会である理事会内部の生々しいやり取りが報道されたということは、相撲協会の理事長の側でマスコミにリークしたということになります。
その目的は、貴乃花親方は頭がおかしいというネガティブキャンペーンでしょう。日馬富士だけで事態を収束させたいという思いがひしひしと伝わってきます。まさに組織防衛ですね。

広告

コメント

No title

検事長と元検事長を同列に語るのは無理があると思います。
私は白鵬と相撲をとっても勝てませんが、80歳の白鵬と相撲をとれば勝つ自信があります。

No title

コメントありがとうございます。

偉かった人は現役の偉い人とつながっています。現役の偉い人は、引退したとき、先輩の世話にならないといけないからです。

本部長も何かの席で「君、●●先生ともめたんだって?」などと言われる状況を作りたくないと考えるのではないでしょうか。

No title

民間企業が天下りを受け入れる理由ですよね。

No title

コメントありがとうございます。

>民間企業が天下りを受け入れる理由ですよね。

相撲協会がヤメ検の大物を2人も囲っているのは、明らかに度重なる暴力事件対策のためでしょうからね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理