ベンツの買い方(1)~どこで買うのか

このブログのタイトルは「40代でアーリーリタイアしたおっさんがたわら先進国株でベンツを買うブログ」というものです。
しかし、これまでベンツの買い方についてお話ししたことはありませんでした。

そこで、新シリーズ「ベンツの買い方」を開始します。

広告

ベンツを買うには、ヤナセかシュテルンのどちらかに行く必要があります。

元々、ヤナセはベンツの独占輸入権を持っていました。
しかし、輸入権は多大な利益が出るため、ベンツが日本法人を作ってヤナセから輸入権を剥奪しました。
シュテルンは、ベンツの日本法人が音頭を取って作った直系販売店です。

しかし、シュテルンは直系販売店といっても、その実態は、各地域の地場の自動車販売店に販売権を与えたものに過ぎません。
そのため、店ごとに当たり外れがあるといわれています。

とはいえ、ベンツの修理は、修理工場でトンカン手作業でやるものではなく、故障した部品をユニット単位で丸ごと交換するだけですから、シュテルンで買っても別に問題はありません。

シュテルンは、絶大なブランド力のあるヤナセから顧客を奪う必要性から、一般に、ヤナセよりも安く購入することができるといわれています。
ただし、これもその店次第であり、シュテルンよりヤナセのほうが安く買えることもあります。

大抵の地域には、ヤナセとシュテルンが1店ずつありますから、ベンツが欲しいと思ったら、まずは双方の店に試乗に行ってみるべきでしょう。

広告

コメント


近所にベンツ3台と国産車2台所有している人がいます、その方は動物医師、主に牛の種付けの仕事です、そんなに儲かるのかと疑問です、ベンツなんて買いません・・・なんで金の使い道を車にするのかは謎です。

No title

コメントありがとうございます。

ベンツを所有すると人生が豊かになります。
また、実利的には、市販車の中で最新かつ最高の安全性能によって自身や家族の命を守ることができます。

たしかに、車は移動の手段と割り切れば、700万円のEクラスを買う必要はないでしょう。

しかし、長距離を快適に移動するには、市販車の中でEクラスを超える車は存在しません。

また、Eクラスに乗れば、事故を可及的に予防することができますし、残念ながら事故にあったときでも被害を最小限にすることができます。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理