【追記訂正あり】楽天VWO、今日からSBI証券で買えます+最安値バランスファンドも登場

楽天バンガードファンドシリーズの第2弾である「楽天・新興国株式・インデックス・ファンド」が、本日、SBI証券で新規取扱開始です。
なお、投信保有ポイントは0.03%ですので、楽天証券(付与率0.048%)で買うほうが得です。
https://site0.sbisec.co.jp/marble/fund/detail/achievement.do?Param6=29I31117B&goBack_PageID=WPLETfiR001Ilst10


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●野村つみたて外国株投信、楽天証券で初週1位を獲得
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-664.html#more

たわら先進国株vsニッセイ外国株vsインデックスe、SMTグロ株、Funds‐i外国株(18)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-663.html#more

広告

楽天新興国株は、バンガード社の米国ETFのVWOを買うだけファンドです。
VWOは新興国株ETFの決定版であり、大中小株や中国A株を含む極めて広範な銘柄に分散投資しています。
その構成銘柄数は、驚きの4696銘柄です。
https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VWO_JP.pdf#search=%27VWO%27

しかし、米国ETFを買うことによって超低コストを実現したものの、三重課税コストという隠れコスト(推定値0.234%)がかかります。
その結果、楽天VWOのトータルコストはこうなります。

●楽天・新興国株式インデックス・ファンド

トータルコスト 0.5536%

うちETFの経費率 0.14%
うち信託報酬 税抜0.12%(投信会社0.05、証券会社0.05、信託銀行0.02)
うち信託報酬除く実質コスト 0.05%(推定値。0.2%程度になる可能性が高い)
※i-mizuho米国株の信託報酬除く実質コストが0.06%、EXE-i先進国株・新興国株の信託報酬除く実質コストが0.04%であることから、0.05%と推定した。
うち三重課税コスト 0.234%(推定値)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-652.html#more

この楽天VWOに対し、EXE-iつみたて新興国株という刺客が登場し、その超低コストぶりが世間の度肝を抜きました。

●EXE-iつみたて新興国株式ファンド

トータルコスト 0.4032%

うちETFの経費率 0.13%
うち信託報酬 税抜0.06%(投信会社0.02、証券会社0.02、信託銀行0.02)
うち信託報酬除く実質コスト 0.05%(推定値。0.2%程度になる可能性が高い)
※i-mizuho米国株の信託報酬除く実質コストが0.06%、EXE-i先進国株・新興国株の信託報酬除く実質コストが0.04%であることから、0.05%と推定した。
うち三重課税コスト 0.1584%(推定値)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-652.html#more

しかし、イーマクシススリム新興国株が意地の対抗値下げを敢行し、さらに世間の度肝を抜きました。

●eMAXIS Slim新興国株式インデックス

信託報酬 0.2052%(税抜0.19%)
実質コスト 0.38564%(うち信託報酬を除く部分は0.18044%)
純資産額 18億511800万円(2017年7月31日新規設定)
マザーファンドの規模 356億1800万円
※実質コストはイーマクシス新興国株の信託報酬を除く実質コスト(0.18044%)を流用した。

というわけで、超低コスト新興国株ファンドの絶対王者は、現物株運用をするイーマクシススリム新興国株で決まりですが、構成銘柄数が圧倒的であり、絶大なブランド力のあるVWOを擁する楽天VWOも底力を見せるかもしれません。

本題です。

りそなアセットマネジメントから「つみたてバランスファンド」が新規設定され、今日からSBI証券で買えます。
https://site0.sbisec.co.jp/marble/fund/detail/achievement.do?Param6=2AJ31117A&goBack_PageID=WPLETfiR001Ilst10

8資産によく分からない配分比で分散投資するものですが、信託報酬が、なんと、税抜0.195%です。

●eMAXIS Slimシリーズ、信託報酬を値下げ(11/10~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-634.html

この値下げは、配分比の異なる三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドに対抗したものですから、今回もきっと対抗値下げが来るでしょう。
これでバランスファンドも税抜で0.1%台の時代が来ました。たまりませんね。

【2017年11月28日17:11追記】

と喜んだのですが、目論見書をよく見ると、この「つみたてバランスファンド」の新興国債券はETF運用のようです。
ETFの経費率を考慮した実質的な信託報酬は、税抜0.217%であると明記されていました(イーマクシススリムバランスの信託報酬は税抜0.21%)。

税抜0.1%台の時代はまだ来ませんでした。
残念です。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理