eMAXIS Slim新興国株、EXE-iに対抗値下げし、0.19%(12/13~)

今日は何か非常に忙しいのですが、これを書かないわけにはいきません。

eMAXIS Slim新興国株がやりました。
EXE-iつみたて新興国株とほぼ同額の税抜0.19%に対抗値下げです。
https://www.am.mufg.jp/text/release_171122.pdf

第一報はいつものとおりアウターガイさんです。
https://www.valuetrust.net/entry/2017/11222017.htm


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●SBI証券が国内株売買手数料を対抗値下げするも、楽天に及ばず
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#more

●eMAXIS Slimバランスが55億円を突破し、iFree8資産バランスを抜く
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-656.html#more

●くりっく株365の買いポジションに金利がかかります(12/18~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-655.html#more

広告

EXE-iつみたて新興国株の詳細は下記記事をご覧ください。

●【後編】EXE-i全世界株、新興国株がSBI証券からリリース
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-648.html#more

私はこの記事で、

イーマクシススリムブランドの宣伝費と考えれば安いことから、私はイーマクシススリム新興国株は、早晩、信託報酬を税抜0.18%に下げるべく動き出すと予測します。

と書きました。

EXE-iつみたて新興国株のコストです。

実質的な信託報酬 0.1948%(※楽天新興国株は0.2696%)
うち信託報酬 税込0.0648%(※楽天新興国株は税込0.1296%)
うちETF経費率 0.13%(※楽天新興国株は0.14%)
(+信託報酬除くコスト 0.05%)
(+三重課税コスト 0.1584%)
(トータルコスト 0.4032%)

イーマクシススリム新興国株のコストです。

信託報酬 0.2052%(税抜0.19%)
実質コスト 0.38564%(うち信託報酬を除く部分は0.18044%)
純資産額 18億511800万円(2017年7月31日新規設定)
マザーファンドの規模 356億1800万円

イーマクシススリム新興国株の信託報酬は税抜0.19%です。
これは税込0.2052%ですので、微妙にEXE-iつみたて新興国株を上回ります。
どうせなら税抜0.18%に値下げし、単独最安値を目指してほしかったところです。

しかし、イーマクシススリム新興国株には、米国ETFを買う楽天VWOやEXE-iつみたて新興国株と異なり、三重課税コスト(推定値0.1584%~0.234%)がかかりません。
また、実質コストもイーマクシス新興国株からある程度の確度で予測できます。

EXE-iつみたて新興国株の構成銘柄数はイーマクシススリム新興国株と同程度ですから、あえて三重課税コストがかかるEXE-iつみたて新興国株を選択する理由はありません。

※三重課税コストの根拠は、下記記事をご覧ください。
●eMAXIS Slim新興国株はEXE-iつみたて新興国株に勝てるのか?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-652.html#more

今回の値下げにより、新興国株インデックスファンドの最安値は0.19%、先進国株インデックスファンドの最安値は0.189%となりました。
新興国株ファンドが先進国株ファンドとほぼ同額です。これは異常事態です。

●他社ファンドが値下げしても、野村つみたて外国株投信のほうが低コスト
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-592.html#more

まさか野村つみたて外国株投信の盤石だと思われた玉座が揺らぐとは・・・

一つだけ確かなことは、たわら新興国株、ニッセイ新興国株、EXE-iつみたて新興国株は死んだということです。
楽天VWOは構成銘柄数の多さでどうかというところですが、値下げしないと厳しいでしょうね。
しかし、この水準に対抗できるとは到底思えないことから、ベストオブ新興国株インデックスファンドはイーマクシススリム新興国株で確定です。

広告

コメント

No title

野村つみたて外国株の勢いがそがれるかもしれませんね。
たわら先進国+eMaxis slim新興国のセットで取り敢えず様子見し、1年後の野村やeMaxis slim(先進国と新興国)、たわら先進国の実質コストを確認してから乗り換えしたほうがよさそうだと考えますが、たわらさんのご見解はいかがでしょうか?
eMasis slim新興国のSBIポイントは0.05に引き下げられると思いますが、トータルコストでもまだ野村つみたて外国株のほうが有利なのでしょうか?
いずれにしても、eMaxisはぶっちぎりでやってくれました。
3重課税コストを考慮すると新興国クラスはもはやETFを買うメリットはなくなりましたね。

No title

コメントありがとうございます。

>野村つみたて外国株の勢いがそがれるかもしれませんね。

絶対王者ではなくなってしまいましたからね。

ただ、信託報酬0.189%の先進国株ファンドと0.19%の全海外株ファンドであれば、より広範に分散されている全海外株ファンドのほうを選択する実益は十分にあると考えます。

>トータルコストでもまだ野村つみたて外国株のほうが有利なのでしょうか?

野村は先進国株のコストが最安ですから、イーマクシススリムに全世界株が下りてきても、同じ信託報酬であれば、トータルコストは野村のほうが安くなります。

ただ、もしイーマクシススリムが全世界株を出すとしたら、対抗先は野村の0.19%ではなくEXE-iの0.15%でしょうね。

No title

度々すみません。
たわら先進国88%+eMaxis slim新興国12% VS 野村つみたて外国株 で比較した場合でも、予想される実質コストでは野村つみたて外国株1本のほうが勝るという理解で良いのでしょうか?

各社の動きが激しすぎて私は何がベストかわからなくなりつつあるのですが、イーマクシススリムシリーズを買っておけば良いのかなという気になってきました。
特につみたてNISAは長期保有前提ですので次々と他社に対抗値下げしてくれる同シリーズは安心感がありますよね。野村つみたてとどちらにするか迷ってます

No title

コメントありがとうございます。

>たわら先進国88%+eMaxis slim新興国12% VS 野村つみたて外国株 で比較した場合でも、予想される実質コストでは野村つみたて外国株1本のほうが勝るという理解で良いのでしょうか?

今日の新記事ではそうなりました。

>特につみたてNISAは長期保有前提ですので次々と他社に対抗値下げしてくれる同シリーズは安心感がありますよね。野村つみたてとどちらにするか迷ってます

イーマクシススリム全世界株が税込0.15%でリリースされたとしても、野村つみたて外国株投信との差は1000万円で750円にすぎませんので、つみたてNISAは野村つみたて外国株投信でよいと考えます。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理