【祝1億円】野村つみたて外国株投信をスポット購入しよう【期間限定】

野村つみたて外国株投信の純資産額が、本日、1億円に到達しました。

本日付けの純資産額は、ちょうど1億円です。

広告

販売会社はSBI証券の1社のみ、しかも積立買付限定ということから、純資産額は毎日少しずつしか伸びていませんでしたが、新規設定からおよそ1か月で、ようやく1億円の大台に到達しました。

11月8日付けの純資産額は8900万円でした。
もし1億円に到達しないのであれば、私が明日少し頑張らなければいけないかなと思っていましたが、その必要がなくなってよかったです。

ところで、タイムリーな話題が飛び込んできました。
読者の方からの情報提供です。ありがとうございました。

野村つみたて外国株投信が期間限定でスポット購入できます。
ただし、これはシステムの穴をつく方法ですから、くれぐれもSBI証券に問い合わせたりせず、こっそり実行してください。

スポット購入の方法です。

(1)野村つみたて外国株投信の積立買付設定をし、幾らでもよいので保有する。

(2)SBI証券の口座にログインし、投資信託のページに飛び、右端の「各種設定等」欄の最上部「保有ファンド損益状況(トータルリターン)」をクリックする。

(3)現在保有中及び過去に保有し売却済の全ての銘柄名が表示されるので、「ファンド名」「野村つみたて外国株投信」の右端「取引」」「買付」「売却」のボタンのうち、「買付」をクリックする。

(4)金額指定買付画面に飛ぶので、買いたい金額を入力して注文する。


私は、現在、野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを実行中ですが、先ほど15時前に50万円のスポット購入の注文をしてみたところ、1万円の積立買付及び50万円のスポット購入のいずれも「執行中(取消不可)」の表示が出ています。


まさかシステムにこんな穴があるとは思ってもいませんでした。

これまでも、積立買付設定、約定、設定解除、再設定を繰り返せばスポット購入と同じ効果が得られました。しかし、例えば、今日の15時までに積立買付設定をしても、約定日は翌営業日ではなく翌々営業日であるため、非常に使い勝手が悪く、毎営業日積立設定が導入される数日間、私も設定を間違えてうまく購入できないときがありました。

しかし、上記の方法だと、普通にスポット購入することができます。
例えば、今日の15時までに注文すると、明日約定します。非常に使い勝手が良いです。

スポット購入をしたい人は、このシステムの穴がSBI証券にばれない今がチャンスです。

広告

コメント

No title

男爵様

早速私もやってみました。
できました。
これで積立とスポット購入同時にできてるのかな?
11/13 約定日
11/20 受渡日
となっています。

並行して毎日積立もしてるので被らないのでしょうか?

正直なところ少し不安です

No title

コメントありがとうございます。

>11/13 約定日、11/20 受渡日となっています。

いま注文するとそうなりますね。

10日15時までの注文で、10日夜から11日朝までのニューヨーク市場でマザーファンドが現物株を調達し、13日の18時ころに公表される基準価額で約定します。

>並行して毎日積立もしてるので被らないのでしょうか?

積立買付は午前0時から2時までの間に発注されます。
そのため、10日15時締切のものは、あと1~2時間後に、「取引」「注文照会(取消)」「積立買付・定期売却」欄に表記されます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理