つみたてNISAは「特定口座より儲かれば嬉しい」という気持ちで運用すべし

ご質問をいただきました。
さっそく回答します。


こんにちは
いつも拝見しています。
出口戦略についてですが、利益が出ている時点での移管はおっしゃる通りだと思います。なるほど!目から鱗でした☆
しかしもし移管時に暴落もしくは一時的に値が下がっている場合、非課税のメリットが少なくなるのではないでしょうか?なので満了近くなりある程度利益が出ている時点で利確がリスクオフなのかなと…まだ勉強中で(汗)間違った解釈であればすいません(>_<)
ちょっと疑問に思いましたので質問させて頂きました。

広告

気持ちはよく分かります。

つみたてNISAの満了日の時価を100としたとき、運用期間中には90のときもあれば120のときもあるでしょう。
どうせなら含み益が最高額の時点で利確したほうが儲かります。

しかし、問題は、「含み益が最高額の時点がいつかは、期間満了日の時点にならなければ分からない」ということです。

インデックス投資の目的は、指数の期待リターンを得ることです。
【参考記事】
インデックス投資の目的は期待リターンを得ること
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

利確してキャッシュにしてしまえば、それ以後はもう指数の期待リターンを得ることはできなくなります。
そして、利確後のキャッシュが当面必要でなければ再びリスク資産を買うことになります。売った時より再び買った時のほうが高ければ(利確後に値上がったとき)、利確したことで損をしてしまいます。

我々が先進国株指数や全世界株指数に連動するインデックスファンドを買う動機は、その指数には値上がるパワーがあふれていると信じるからです。
そうだとするならば、我々は利確の美名のもとにインデックスファンドを一時的にせよ手放すべきではありません。我々が買っている指数には値上がるパワーがあふれている以上、一時的に手放している間に稲妻のように一気に上昇する可能性があるからです。

繰り返します。

インデックス投資は、指数の値上がるパワーに賭ける投資方法です。
そのパワーはいつ炸裂するか誰にも分かりません。
そして、ひとたびそのパワーが炸裂すれば、あたかも稲妻のように一気に天を駆け抜けるでしょう。急いで飛び乗る暇はありません。必ずおいてけぼりになり、儲けの機会を逃してしまいます。

というわけで、つみたてNISAは「特定口座より儲かればよい」という程度のゆったりとした気持ちで運用すべきです。
なぜなら、インデックス投資をする以上、これこそが最も確実に儲かるやり方だからです。

なお、つみたてNISAの投資期間は20年ですから、よほど運が悪くない限り、投資元本を割るという事態は想定できません。
もし投資元本を割ってしまったら、運のなさを嘆くのではなく、その分の運は、自分の人生の他の局面の運をよくするために使われたのだと考えてください。

広告

コメント

毎日積立について

たわら男爵様

この記事によると
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO17172260R00C17A6000000

毎日、毎週、毎月積立でも成績は変わりないと言っております。
毎日だと0.4%ほどリターンが高いですが、ほとんど同じです。

男爵様は野村を毎日積み立てておりますが、何か理論的な理由があるのでしょうか?

教えていただけると幸いです。

もっとも私も男爵様を見習い毎日野村を積み立てております。

No title

コメントありがとうございます。

ご指摘の記事は、下記記事で引用し、コメントしていますので、よろしければご覧ください。

●やっぱり毎営業日積立て
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-430.html
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理