「たわら男爵15種」のご紹介

ご質問をいただきました。
さっそく回答します。


こちらのサイトではいつも勉強させて頂いています。有難うございます!
10月27日の記事「たわら15種」で、「楽天証券では投信の100円購入に対して3楽天ポイントが貰える」とあります。そこで、楽天証券に問い合わせたところ、そのようなものはないと言われました。
たわら男爵さんが間違った記事をお書きになるとは到底思えず、私もやってみたいと思いますので、詳しくお教えいただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●楽天VWOが登場
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-623.html#more

●積立買付で含み益というお守りを獲得しよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-622.html#more

広告

私は、現在、楽天証券の100円投資を利用して、15種類の投資信託を購入しています。
これを「たわら男爵15種」と名付けました。

まずは、「たわら男爵15種」の構成銘柄です。
なお、従来の「たわら男爵15種」のうち、EXE-i新興国株は楽天VWOに変更しました。

eMAXIS Slim 国内株式インデックス
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
たわらノーロード 先進国株式
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(新興国株式))
iFree NYダウ・インデックス
iFree S&P500インデックス
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド
EXE-i グローバル中小型株式ファンド
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

※銘柄の選定過程です。
(1)買うに値する先進国株は4銘柄しかなかった。
(2)新興国株、日本株は1銘柄では寂しいので2銘柄ずつ。
(3)残りの7銘柄は、話題のファンドを選出。

つぎに、資産クラスに分解します。

先進国株 64.8%
新興国株 16%
日本株 15.2%
先進国債券 0.8%
新興国債券 0.8%
日本債券 0.8%
先進国リート 0.8%
Jリート 0.08%

これを「myINDEX」の資産配分ツールに入力します。

リターン 6.0%
リスク 18.3%
シャープレシオ 0.33%

【参考】 「myINDEX」の資産配分ツールを利用
全世界株(日本含む) リターン6.1 リスク19.0 シャープレシオ0.32
全世界株(日本除く) リターン6.4 リスク19.6 シャープレシオ0.32
セゾングロバラ リターン5.6 リスク12.5 シャープレシオ0.45
世界経済インデックスファンド リターン6.2 リスク13.7 シャープレシオ0.45
4資産均等 リターン4.4 リスク9.9 シャープレシオ0.45
8資産均等 リターン6.3 リスク12.8 シャープレシオ0.49

適当に選定した割には、ガチンコ勝負できそうな感じです。

たわら男爵15種」の信託報酬は税抜0.22%となりますので、イーマクシススリムバランスと同額です。
「だったらイーマクシススリムバランスを買っとけよ」と思った人は楽天ポイントの存在を見落としています。

本題です。

>10月27日の記事「たわら15種」で、「楽天証券では投信の100円購入に対して3楽天ポイントが貰える」とあります。そこで、楽天証券に問い合わせたところ、そのようなものはないと言われました。

まず、楽天証券に聞いてはダメです。改悪されるきっかけになります。

楽天証券に聞く前に、右端の検索フォームで「楽天 100円投資」で検索し、次の記事にたどり着いてほしかったところでした。

●楽天証券で、20銘柄の100円投資の設定をしました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-427.html#more

上記記事でお伝えしたとおり、

(1)楽天証券と楽天銀行を連携させ(マネーブリッジ)、ハッピープログラムに参加する
(2)自動スイープを設定し、楽天証券に残す金を0円に設定する
(3)100円投資を設定し、証券口座からの積立設定をする

ことで、積立買付1銘柄につき3楽天ポイントが付与されます。

積立買付の金額を100円にすれば、100円購入ごとに3楽天ポイントが付与されることになるわけですね。

ただし、

「楽天銀行法人口座からの振込入金」および「楽天銀行即時入金サービス」については、1日あたり最大15回までのお取引がポイント付与および取引件数のカウント対象となります。ただし、法人さま等のご意向により、ポイント付与および取引件数のカウント対象外、また、取引回数に制限を設けている場合があります。 詳しくはカスタマーセンターまでお電話でお問い合わせください。」
https://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/point.html

との記載からお分かりのとおり、ポイントが付与されるのは1日あたり最大で15回までです。

私が選定銘柄を15種類にした理由は、楽天証券で毎営業日積立設定が導入されることを見越したからです。
楽天証券で毎営業日積立設定が可能になれば、「たわら男爵15種」の毎営業日積立て(15種×100円×22営業日=月額3万3000円)をする予定です。

広告

コメント

私も質問をされた方同様に楽天証券に聞いてしまいました。たわら男爵さんに楽天証券に聞いてはダメと言われ、余計なことをしてしまったと少ししょげています。
今後は安易な問い合わせは慎みます。しっかり検索します。

いつも勉強させていただいております。

たわら男爵15種の資産配分ですが、先進国債券、新興国債券、日本債券、先進国リート、Jリートは0.08%ではなく0.8%ですよね。

楽天証券の毎営業日積立が待ち遠しいです。

No title

コメントありがとうございます。

>私も質問をされた方同様に楽天証券に聞いてしまいました。

過ぎたことは仕方ありませんので、改悪されないことを一緒に祈りましょう。

>たわら男爵15種の資産配分ですが、先進国債券、新興国債券、日本債券、先進国リート、Jリートは0.08%ではなく0.8%ですよね。

ご指摘ありがとうございます。
0が一つ多かったですね。本文を訂正しました。

>楽天証券の毎営業日積立が待ち遠しいです。

同感です。
つみたてNISAで毎営業日積立設定を事前公表したのは、公表を先行させ、現在、急ピッチでシステム改良中だからと推測します。
システム開発のめどがついた時点で、特定口座への毎営業日積立設定の実装を公表するのではないかと。
もしこの推測が当たっていれば、あと2か月の我慢です。

質問させていただいたものです。
ご回答をありがとうございました。

まずは、裏技とは知らず、楽天証券に聞いてしまいすみませんでした。
いま、楽天証券の口座開設をしているところで、楽天証券のHPをどれだけ見ても3ポイントの事が分からず、直接尋ねてしまいました。

また、お教えいただいたページも一生懸命読みました。
ありがとうございます。

積み立ては月に一回しか出来ないのか、また、もし毎日積み立てが出来るようになったら15種類の積み立てで15×3×23ポイントが毎月貰えるのか、など、まだよく分からない所もありますが、口座開設が出来てからじっくり楽天証券のページを見てみます。

この度は本当にありがとうございました。

No title

参考にしていただけたようで、よかったです。

>裏技とは知らず、楽天証券に聞いてしまいすみませんでした。

過ぎたことは仕方ありませんので、改悪されないように一緒に祈りましょう。

>積み立ては月に一回しか出来ないのか

現状は毎月1回しか積立設定ができません。

>もし毎日積み立てが出来るようになったら15種類の積み立てで15×3×23ポイントが毎月貰えるのか

この点が一番気になるところですよね。

また何かご質問があればご連絡ください。

これやるなら、楽天銀行をメインの銀行にした方がいいですか?
今はみずほに給与振り込まれたりクレカ引き落とされたりなんですけども
クレカが楽天カードで、楽天の通販も結構使ってます!
バカな質問ですみませんが、ご回答お待ちしております。

No title

コメントありがとうございます。

>これやるなら、楽天銀行をメインの銀行にした方がいいですか?

楽天銀行と提携させる必要がありますが、メインにするかは人それぞれです。

私は、普通預金の金利が年0.1%であること、振込手数料が月3回、ATM利用料が月7回無料であることから、楽天銀行をメインにしています。
コンビニで気軽に入出金できるのは非常に便利です。
しかも、引き落としがあれば、3ポイント貰えます。これがたまると地味に大きいです。

通帳に記帳できないこと、稀に突然口座が凍結されるリスクがあることを除けば、楽天銀行がもっとも得です。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理