楽天VWOが登場

楽天バンガードファンドシリーズにVWOを買うだけファンド(楽天VWO)が登場します。

第一報はいつものとおりアウターガイさんです。
https://www.valuetrust.net/entry/2017/10310957.htm


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●積立買付で含み益というお守りを獲得しよう
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-622.html#more

●楽天全世界株は5億円、楽天全米株は10億円、iFreeS&P500は20億円を突破
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-621.html#more

広告

●楽天・新興国株式・インデックス・ファンド

信託報酬 税込0.1296%
投資先のVWOの経費率 0.14%
その他コスト 不明(推定0.05%)

トータルコスト 0.3196%

楽天証券、マネックス証券 11月17日~
SBI証券 11月28日~

信託報酬は0.1296%ですから、楽天バンガードファンドシリーズの信託報酬は0.1296%+米国ETFの経費率ということで決定したようです。

また、投信保有ポイントは、楽天証券は0.048%、SBI証券は0.03%になるでしょうから、楽天証券で買うのが一番得です。

さて、楽天VWOの投資先であるVWOは、バンガード社が誇る新興国株ETFの決定版です。
https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VWO_JP.pdf#search=%27VWO%27

ファンド総資産は、767億6400万ドル。
構成銘柄数は、中国A株を含む4619銘柄。
圧倒的です。

少し前にこんな記事を書きました。

●eMAXIS Slim新興国株は楽天VWOに勝てるのか?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-581.html#more

楽天VWOは、イーマクシススリム新興国株とは異なり、三重課税コスト(推定値0.1998%)がかかります。
三重課税コスト考慮後のトータルコストは0.5194%となります。

イーマクシススリム新興国株 0.54764%
楽天VWO 0.5194%

ただし、イーマクシススリム新興国株には0.2%の投信保有ポイント(SBI証券限定)が付与されます。これに対し、楽天証券が楽天VWOに付与する投信保有ポイントは0.048%ですから、イーマクシススリム新興国株には0.152%のポイントが多く付与されます。

ポイント考慮後です。

楽天VWO 0.5194%→0.4714%
イーマクシススリム新興国株 0.54764%→0.34764%
両者の差 0.12376%(1000万円あたり1万2376円。双方ともSBI証券で保有すると、0.14376%差=1000万円で1万4376円差となります)

上記記事でお伝えしたとおり、イーマクシススリム新興国株の構成銘柄数は831銘柄です(中国A株は一切含みません)。
これはVWOの17.99%に過ぎません。

また、これも上記記事でお伝えしましたが、楽天バンガードファンドシリーズの運用コストについて、一応、年0.05%と推計しましたが、実際に幾らになるかは1年後の運用報告書を見るまで分かりません。
i-mizuho新興国株のように、0.2%程度まで跳ね上がるリスクも相当程度あります。

私は、楽天投信投資顧問は、先行する楽天全世界株と楽天全米株の純資産額が積み上がるのを待ってから、楽天VWOと楽天VOOのリリースをすると予想していましたが、この段階で楽天VWOのリリースに踏み切るとは、勝負に出てきましたね。

これが奏功するかで、楽天バンガードファンドシリーズの今後が決まるでしょう。

広告

コメント

こちらのサイトではいつも勉強させて頂いています。
有難うございます!

こちらの記事とは違う内容ですが、よろしいでしょうか?

10月27日の記事「たわら15種」で、「楽天証券では投信の100円購入に対して3楽天ポイントが貰える」とあります。
そこで、楽天証券に問い合わせたところ、そのようなものはないと言われました。

たわら男爵さんが間違った記事をお書きになるとは到底思えず、私もやってみたいと思いますので、詳しくお教えいただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

No title

eMAXIS Slim新興国株は韓国株を含み、中国本土株を含まない。
楽天VWOはその逆。
足元はサムスン等のハイテク株高で韓国を含まないVWOはリターンがやや劣後してますね。
コスト差以外に韓国ハイテク=サムスン株の組み入れに対する投資家の選好度合いも影響してきますね。

ところで、EXE‐i 新興国株式ファンドについては3重コストは発生しないのでしょうか?
以前のエントリーでは触れていらっしゃらなかったので可能であればご教示願います。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-496.html#more

No title

コメントありがとうございます。

>私もやってみたいと思いますので、詳しくお教えいただけないでしょうか?

新記事でご回答しましたので、ご覧ください。

>コスト差以外に韓国ハイテク=サムスン株の組み入れに対する投資家の選好度合いも影響してきますね。

たわら先進国株と楽天VWOの組み合わせで韓国を排除したいというニーズもありそうです。

>EXE‐i 新興国株式ファンドについては3重コストは発生しないのでしょうか?

米国ETFを利用するというスキームは同じですので、アメリカから見たときの外国株の配当金には三重課税されます。

私も、具体的にに計算するまで、三重課税コストがこれほどまでに重たい負担だとは思っていませんでした。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理