マネックス証券が日経平均3万円を予想

本日、日経平均株価が2万2000円の大台に乗りました。
これは実に21年4か月ぶりの高値です。

これを受けて、マネックス証券は、なんと、日経平均株価が3万円になるとのプレスリリースを公表しました。
https://info.monex.co.jp/pdf/press/2017/press2017_10_27_nikkei30000.pdf


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●野村つみたて外国株投信の勝負は来年1月から
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-617.html#more

広告

広木さんが個人的見解を述べているのではなく、会社として本気で日経平均が3万円の大台になると主張しています。


日経平均株価は、10月24日(火)に史上最長の16連騰を達成しました。加えて、本日、21年ぶりとなる22,000 円超えを果たし上昇傾向を強めています。
マネックス証券は、この株価上昇を短期的なものではなく、日本経済や日本の株式市場が大きな転換点を迎えていると捉えており、本日、日経平均株価は、30,000円へと上昇するとの見通しをここに発表いたします。
https://info.monex.co.jp/pdf/press/2017/press2017_10_27_nikkei30000.pdf

マネックス証券は、11月になった時点で「日経平均30,000円への道」という特集ページを立ち上げ、松本大社長と広木ストラテジストが一緒に緊急記者会見を開くそうです。

さて、いよいよ相場が過熱し始めました。
儲け損なってはいけないと考えて、泡を食って飛び乗ってはいけません。
こういうときは、一度落ち着いて、よく考えるべきです。

本当に株価が上がるかどうかは誰にも分かりませんので、投資金額を増やすべきではありません。今までどおり、淡々と同じ金額を積立買付すべきです。

また、ここが最高値だと考えて利確してもいけません。これからまだ上昇を続けるかもしれません。
利確してしまったら、株価の上昇による値上がり益を得る機会を失ってしまいます。

重要なことは、最初に決めたリスク資産と無リスク資産の配分比を堅持することです。

リスク資産は、買いすぎてもいけないし、売りすぎてもいけません。
いい塩梅のところでホールドし続けないと、上昇時の値上がり益を得る機会を逃してしまいますし、下落時の買い増しの余力を失ってしまいます。

というわけで、私は、マネックス証券の予想は一切無視し、野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを続けます。

広告

コメント

No title

そういえば昔、ブルースリーが映画の中で言ってましたね
「Don't think. Keep!」

No title

コメントありがとうございます。

ブルース・リーは逆ですね。
Don’t think, feel!

考えずに突っ込むと大変なことになります。

No title

カブドットコムのフリーETFで日経225を買おうと思っているのですが、待った方がいいですか?

No title

コメントありがとうございます。

>カブドットコムのフリーETFで日経225を買おうと思っているのですが、待った方がいいですか?

これが分かれば私は大富豪になれますね。
マネックス証券が正しければ、いま突っ込めば1.4倍に増えます。

なお、フリーETFではなく、SBI証券でニッセイ日経225を買ったほうがよいです(実質コスト0.276%のうち0.2%がポイントバックされます。Tポイントに交換すれば、毎月20日のウエルシアで1.5倍で利用できますので、0.3%相当のポイントバックになります)。


No title

ご返答ありがとうございます。楽天とカブドットコムしか口座ないんですよね・・・
参考にさせて頂きます。

No title

たわら男爵さま。
分かりやすく為になるブログを毎日楽しみにしています。私は40歳から4年間毎月3万円セゾン投信直売でヴァンガードを購入してずっとほったらかしにしていましたが解約し、自分、妻、それぞれつみたてNISAを利用して「野村つみたて外国株」を(SBI証券で毎日)。イデコ枠は夫婦共「たわらノーロード先進国株」(楽天証券)を限度いっぱいつみたてしようと思いました。それらをした後毎月6万円ほど特別口座で、「楽天全世界株式インデックスファンド」と「たわら先進国」を半々の割合で購入していき、セゾン直売3万円の積立は解約しようと動き始めたのですが…
昨日の男爵さまのブログで、今のタイミングでセゾンを解約するべきか迷ってきました。


ちなみに、ジュニアNISAは今から口座開設しても後4年間だけで終了する予定なので、限度いっぱい「ひふみプラス」にするか、それとも欲をかかず「たわら」か「のむら」にするかも悩んでいるところです。


丸投げのような質問で大変恐縮なのですがたわら男爵さまのご意見を伺えたら嬉しいです。

No title

コメントありがとうございます。

>ご返答ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

また何かご質問があればご連絡ください。

>昨日の男爵さまのブログで、今のタイミングでセゾンを解約するべきか迷ってきました。
ジュニアNISAは今から口座開設しても後4年間だけで終了する予定なので、限度いっぱい「ひふみプラス」にするか、それとも欲をかかず「たわら」か「のむら」にするかも悩んでいるところです。

面白そうなテーマですので、今日の夜の新記事でご回答します。もう少しお待ちください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理