初心者は「つみたてNISA」と「たわら男爵15種」

ご質問をいただきました。
さっそく回答します。


こんばんは、初めまして。三河武士と申します。
ひと月ほど前から投資に対して猛烈に興味が湧き、日々勉強する中で、たわら男爵様のブログを拝見し、過去に遡って熟読しております。誠に恐縮でございますが、ご教授頂きたいことがございます。
現在、投資にまわせる現金が200万円強あります。これをNISA口座を使って、まずは2年間毎月10万円を株式に投資したいと考えています。
比率は、たわら先進国60%、三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドあるいはニッセイ日経225で20%、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスあるいは、たわら新興国で20% です。
NISA口座での購入はすべて株式にすることを決めているのですが、対象及び比率が適切かで悩んでおります。
不躾なお願いではございますが、アドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●この投信がすごい(2017年10月、ダウ指数)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-615.html#more

広告

まず、大切なことは、いきなり毎月10万円も買ってはダメだということです。
リスク資産は少しずつ増やしていかないと、相場が下落し、多額の含み損になったときに耐えられなくなるからです。

投資に回せるキャッシュが200万円ということであれば、私なら、SBI証券につみたてNISA口座を開き、毎年40万円ずつリスク資産を増やしていきます。

つぎに、何を買うかということですが、

>比率は、たわら先進国60%、三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドあるいはニッセイ日経225で20%、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスあるいは、たわら新興国で20% です。

信念のない配分比は、相場が下落し、多額の含み損になったときに耐えられなくなります。
時価総額比を目安にするのであれば、先進国株80、新興国株10、日本株10とし、新興国株と日本株の割合を減らすべきです。
ただし、これをつみたてNISA口座内で保有しようとすると、売却を伴うリバランスによって投資枠が減ってしまいます。

年40万円のうち、新興国株と日本株にそれぞれ4万円ずつ配分したとしても、実際に得られる儲けの違いはごくわずかです。そのごくわずかの違いのために苦労して配分比を維持するのは、私は嫌です。
また、含み益が出ているものを売却し、含み損が出ているものを購入することは、実際にやろうとすると心理的な抵抗があります。含み益が出ているということは、ぐんぐん株価が上昇しているということですから、それを売却し、明らかに調子が悪いものを買わなければならないということは、金儲けの好機を逃すような気持になります。

私は、率直に言って、「きちんとリバランスを断行できる自分」を信じていません。
そのため、たわら先進国株とVTという、いずれもリバランスの必要のないリスク資産を保有しています。

どうしても先進国株だけでは嫌だという人でなければ、リスク資産はたわら先進国株100%でよいと考えます。
また、新興国株も混ぜたいという人は、野村つみたて外国株投信を選択すればよいでしょう。

野村つみたて外国株投信は新規設定されたばかりのファンドですから、巨大なマザーファンドを買うだけとはいえ、コスト、指数との乖離率の2点で不利益を受けるリスクがあります。

とはいえ、

●野村つみたて外国株投信のリターンの比較と積立買付専売の意味
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-600.html#more

この記事で計算したとおり、eMAXIS全世界株や三井住友・DCつみたてNISA・全海外株を上回るリターンを挙げています。
積立買付専売にしたことで新規流入資金の管理がうまくできているのだろうと推測されます。野村つみたて外国株投信は高コスト、指数との大幅な乖離は心配しなくてもよさそうです。

ということで、私のアドバイスは、

(1)NISAではなく、つみたてNISAにすること
(2)2年ではなく5年かけてリスク資産を積立買付すること
(3)つみたてNISA口座では、たわら先進国株か野村つみたて外国株投信のどちらかだけを買うこと

というものになります。

そして、毎月3万3333円(つみたてNISAの投資枠)以上を投資できる余力があれば、特定口座でたわら先進国株を買うべきです。

ただ、それだけと面白みがないと感じるのであれば、楽天証券で、次の15種類のファンドの100円投資をしたらどうでしょうか。
将来的に楽天証券が毎営業日積立設定を導入したときでも、100円×15種×22営業日=月額3万3000円で済みます。
SBI証券でなく楽天証券なのは、1銘柄の100円投資で3楽天ポイントをもらえるからです。これほどお得なことはありません。

これだけのファンドを実際に買うと、もう余計なファンドを買いたいという気持ちがなくなり、心穏やかに、バイアンドホールドを続けることができます。

【たわら男爵15種】
eMAXIS Slim 国内株式インデックス
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
たわらノーロード 先進国株式
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
EXE-i 新興国株式ファンド
iFree NYダウ・インデックス
iFree S&P500インデックス
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド
EXE-i グローバル中小型株式ファンド
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

※15種にしたのは、将来的な毎営業日積立設定の導入を見据えたからです。楽天証券は、1銘柄3楽天ポイントを付与する限度を1営業日あたり15銘柄までとしています。
また、最初のうちは調子に乗って40銘柄ほど買っており、積立買付の都度、1銘柄3楽天ポイントをもらって喜んでいましたが、ログイン画面が大変なことになり、自分でも訳が分からなくなりましたので、15種に制限することにしました。

広告

コメント

ありがとうございました。

こんばんは。三河武士です。

不躾な質問にも関わらず、詳細にアドバイス頂きましてありがとうございます。

楽天証券口座のみでしたので、新たにSBI証券でつみたてNISA口座開設をし、そこで野村つみたて外国株投信を5年かけて購入します。

また、楽天証券の特定口座では、たわら先進国株投資と、15種類のファンドの100円投資をしたいと思います。

重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。

No title

参考にしていただけたようで、よかったです。

ただ、
>楽天証券の特定口座では、たわら先進国株投資と、15種類のファンドの100円投資をしたいと思います。

たわら先進国株を買うのであれば、SBI証券のほうがよいと思います。
理由1)投信保有ポイントが多少高い。
理由2)積立方法が多彩。

またご質問があればご連絡ください。

重ねて御礼申し上げます。

こんばんは。三河武士です。

アドバイス、ありがとうございます。内容承知しました。

SBI証券の特定口座で、たわら先進国株を購入していこうと思います。

横からですが、大変参考になりました。世の中頭の良い方がいらっしゃるものですね。
年間40万円の枠の中で、その100円積立15種〜を混ぜるのもアリでしょうかね。楽天証券、つみたてNISAについては毎営業日積立ができるようですし
何にせよ面白い記事でした。ありがとうございました

No title

コメントありがとうございます。

>SBI証券の特定口座で、たわら先進国株を購入していこうと思います。

資産形成の成功をお祈りしています。

>年間40万円の枠の中で、その100円積立15種〜を混ぜるのもアリでしょうかね。

つみたてNISAは1種類にしたほうがよいです。
投資枠の関係でやり直しがきかない以上、実験をするのは勿体なく、確実な銘柄に集中投資したほうがよいでしょうね。

ブログを読ませていただいており、大変勉強になっています。来年からSBI証券のNISA口座で野村つみたて外国株投信を購入しようと思います。

この度は、外貨についての質問です。
現在、USD5万ドル強を外貨預金しており、その資金をどう運用しようか悩んでいます。
ブログを拝見して一括の投入は良くないとは思うのですが、ETFのVTやVTIなどでは配当の再投資などの手間がかかるため継続できるか自信がないです。

購入の期間やおすすめの商品などアドバイスをいただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>現在、USD5万ドル強を外貨預金しており、その資金をどう運用しようか悩んでいます。
ブログを拝見して一括の投入は良くないとは思うのですが、ETFのVTやVTIなどでは配当の再投資などの手間がかかるため継続できるか自信がないです。

米国ETFを買う予定がないのであれば、円転し、たわら先進国株か野村つみたて外国株投信の積立買付資金にするしかないのではないでしょうか。

No title

初めまして。いつもブログを楽しく読ませて頂いております。
一点質問をさせてください。
1銘柄あたり3ポイントをもらうために、100円積立投資を設定しようと思うのですが、引き落とし口座を楽天銀行に設定しようとすると最低金額が1,000円以上からになってしまいます。

証券口座ならば最低金額が100円からの設定が可能ですが、証券口座で設定をしてしまうと、楽天銀行のハッピーブログラムの対象外となってしまい、3ポイントは付かないのではないでしょうか?

No title

コメントありがとうございます。

>証券口座ならば最低金額が100円からの設定が可能ですが、証券口座で設定をしてしまうと、楽天銀行のハッピーブログラムの対象外となってしまい、3ポイントは付かないのではないでしょうか?

これは逆です。
銀行からにすると3ポイントはもらえません。

マネーブリッジ、自動入出金を設定し、証券口座の預り金をゼロ円にし、積立買付の都度、常に銀行から買付額を毎回自動入金させる必要があります。

No title

追伸ですが、11/30までに自動入出金設定をすると、100ポイント貰えます。
これまでのキャンペーンは100円だったので、少し改悪されていますが、ずっと100円→100ポイントでしたので、私なら今設定して100ポイント貰っておきます。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20170906-01/?l-id=cp_20170906-01
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理