他社ファンドが値下げしても、野村つみたて外国株投信のほうが低コスト

私は、野村つみたて外国株投信を強く推奨しています。

「でも、これから他社のファンドがどんどん値下げしたら割高になるんじゃないの?」

そう思って、値下げ実績のない野村つみたて外国株投信への積立てを躊躇する人もいるかもしれません。

もし他社ファンドが値下げし、野村つみたて外国株投信が値下げしなかったとしても、依然として野村つみたて外国株投信のほうが低コストになるというのが今日のお話です。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●世界最速で、野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを設定しました
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-591.html#more

広告

野村つみたて外国株投信の信託報酬は、税抜0.19%です。

このうち新興国株は12%です。
現在、最安の新興国株インデックスファンドはイーマクシススリム新興国株の0.34%ですが、ニッセイ新興国株が新規設定されることで、すぐに同率の0.339%に値下げされるでしょう。

新興国株部分の信託報酬が0.339%とすると、先進国株部分の信託報酬は0.1696%となります。
計算式は次のとおりです。
0.19-(0.339×12%)=0.14932
0.14932÷88×100=0.169681818

現在、最安の先進国株インデックスファンドはiFree外国株とイーマクシススリム先進国株の0.19%ですが、ニッセイ外国株が値下げを公表したことで、すぐに同率の0.189%に値下げされるでしょう。

しかし、野村つみたて外国株投信の先進国株部分との差は0.0193%もあります。
ニッセイ外国株が「既存の最安ファンドより0.001%値下げする作戦」を打ち出したことから、今後の超低コスト戦争は0.01%の戦いから0.001%の戦いになることが予想されます。

そうすると、信託報酬0.16%の三井住友DC外国株Sが一般開放されない限り、先進国株インデックスファンドの信託報酬が0.1696%まで下がる可能性はほぼないといえます。

また、先進国株インデックスファンドとは異なり、お宝ファンドがない新興国株インデックスファンドの信託報酬が劇的に下がることは期待できません。

たしかに、楽天バンガードファンドシリーズとして、早晩、楽天VWOが新規設定されることでしょう。
その信託報酬は、0.2696%(信託報酬0.1296%+VWOの経費率0.14%)となります。
しかし、私は、イーマクシススリムもニッセイも、楽天VWOに追随することはないと考えています。なぜなら、楽天VWOはETFを買うだけのファンドだからです。

ただし、ひょっとしたら楽天VWOに追随するかもしれません。
楽天VWOに追随したとき、イーマクシススリム新興国株の信託報酬は0.26%となります。
新興国株部分の信託報酬が0.26%とすると、先進国株部分の信託報酬は0.18%となります。
計算式は次のとおりです。
0.19-(0.26×12%)=0.1588
0.1588÷88×100=0.18045

このように、他社の新興国株インデックスファンドの信託報酬が現状どおりであれば、先進国株分の信託報酬は0.1696%であり、もし他社の新興国株インデックスファンドの信託報酬が0.26%まで値下げされたとしても、先進国株分の信託報酬は0.18%となり、いずれにしても現状の最安値0.189%とはかなりの開きがあることになります。

※楽天VWOが新規設定されたとしても、イーマクシススリム新興国株は現状の信託報酬で勝てることについては、下記の参考記事をご覧ください。
【参考記事】
●eMAXIS Slim新興国株は楽天VWOに勝てるのか?
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-581.html#more

将来どうなるか分からないことを悩んでも仕方ありません。
現状では、野村つみたて外国株投信が抜群に安いことは確実ですし、新興国株インデックスファンドの信託報酬が楽天VWOと同率まで下がり、かつ先進国株インデックスファンドの信託報酬が0.18%まで下がらない限り、野村つみたて外国株投信のコスト面での優位性は動きませんので、現状では野村つみたて外国株投信を買うべきだと考えます。

広告

コメント

No title

たわら男爵様

いつも読み応えのある記事ありがとうございます。

楽天バンガードファンドシリーズの
VT(全世界株式)とVTI(全米株式)の
2本についてコメントをお願いいたします。

VTを選ぼうと思っていたのですが、迷いが生じてしましました。

一部ブログでは、(VTより)VTIを推す記事が散見されます

ttps://www.money-motto.com/vtvtivoo/

ttp://blog.livedoor.jp/buffett_taro/archives/6865130.html

ttp://w73t.com/america-market/

男爵様が、この2本からのみしか選べないとしたら
①全世界株式
②全米株式
③両方
のいずれを選びますか?

お手数ですが、その理由も御教示お願い申し上げます。

No title

コメントありがとうございます。

今日の記事でお答えしましたので、よろしければご覧ください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

リスク資産は、たわら先進国株(SBI証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
2017年10月10日より、SBI証券で野村つみたて外国株投信の毎営業日1万円積立てを実行中。
NISA口座ではVTの分配金を使ってVTを購入中。

無リスク資産は、個人向け国債変動10(みずほ証券と大和証券を行ったり来たり)で運用中。

パソコン版右端の「検索フォーム」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、推奨するファンドの具体名を明示しています。

たわら男爵のお勧め

インデックス投資の不朽の名著です。全ての答えがここにあります。

検索フォーム

他の投信ブログはこちら

管理