今から始めるなら「野村つみたて外国株投信」の毎営業日積立て

ご質問をいただきました。
さっそく回答します。


こんにちは。私はたわらから野村への乗り換えを考えている以前質問させていただいた者です。
その節は誠にありがとうございました。
お陰様で現在は松井証券でたわら先進国株を毎営業日積み立てで行っています。
・・・が今は全てが陳腐化してしまったようで謎の焦りを感じています。
さて早速ですが以下、引用で大変恐縮ではございますが、、、
--
>私は、野村つみたて外国株投信の登場は、既存の先進国株ファンドを陳腐化する重大なインパクトを生じさせる可能性があると考えています。
もはや新興国不要論は不要になりました。
先進国株100%運用に100万円あたり40円をプラスするだけで日本を除く全世界株ファンドが簡単に買えるわけですから、新興国株の高いコストや購入の手間はもう過去のものになったからです。
もう、あえて先進国株100%で運用する理由はなく、どうするか迷ったら、とりあえず野村つみたて外国株投信を買っておけばよいと考えます。
--
本日の記事、特に上記引用部分を拝見し、家族揃ってのSBI証券開設及び野村つみたて外国株投信購入を検討しています。
男爵様が今、仮に初めて投資信託を購入するとしたら、SBI証券で野村つみたて外国株投信を毎営業日積み立てで開始されるのでしょうか。
主体性が無いようでも成功者の物真似が成功への近道と考えますので、どうか回答いただけますと幸いにございます。


※よろしければ、次の記事もご覧ください。

●松井証券の全世界株リバランス積立は高コスト(2)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-570.html#more

広告

結論から言うと、今から始めるのであれば、迷わず「野村つみたて外国株投信」を毎営業日積立てをすべきです。

まず、先進国株インデックスファンドのベストバイ投信は「たわら先進国株」です。

iFree外国株の信託報酬が10月2日から0.19%に値下げをし、イーマクシススリム先進国株も10月早々に0.19%への値下げを発表する予定です。
【参考記事】
たわら先進国株、コスト最安ファンドから脱落
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-537.html
●eMAXIS Slimシリーズ初の値下げへ。まずは先進国株から
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-561.html

これにより、たわら先進国株は一時的に実質コスト最安値ファンドの座を奪われますが、12月30日の値下げ後からは、再び、実質コスト最安値ファンドの座を取り戻します。
【参考記事】
たわら先進国株、ついに値下げも、時機を逸する
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-538.html#more

そうすると、先進国株100%でよいという人は、たわら先進国株の毎営業日積立てで決まりです。

しかし、先進国株100%投資は、新興国株は不要であるという価値判断を含みます。

この判断に自分の全財産を賭ける覚悟ができないのであれば、時価総額比に従って新興国株を混ぜておいたほうがよいと考えます。
また、コストと手間の2点がクリアできるのであれば、あえて先進国株100%投資にこだわる必要はありません。

野村つみたて外国株投信は、たわら先進国株(0.2%に値下げ後)100万円あたり年40円の追加コストを支払うだけで新興国株を12%混ぜることができるという点で、極めてコストパフォーマンスに優れていますし、自分でリバランスする必要もありません。
【参考記事】
●野村つみたて外国株投信、楽天全世界株の選択の視点
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-559.html#more

そして、特にこれから投資を始める人であれば、投資判断から自身の価値判断をできる限り排除すべきです。
なぜなら、自身の価値判断と異なる投資結果になったとき、狼狽し、損切りの美名のもとにリスク市場から撤退してしまうリスクがあるからです。

どうするか確信が持てなければ、できるだけ分散すべきです。
なぜなら、どれかがこけても、広範に分散していればしているほど、より少ないダメージで済むからです。

このような理由で、もし私がこれからゼロから投資をしていくとしたら、SBI証券で野村つみたて外国株投信の毎営業日積立てを選択します。

広告

コメント

回答いただきありがとうございます

早々に回答いただき誠にありがとうございます。
野村つみたての毎営業日積み立てに励みたいと思います。
先ずはSBI証券の開設です。。

投資信託の記事だけでなくベンツの記事や男爵が買うシリーズも楽しみにしています。
この度もありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。
現在、セゾン資産形成の達人ファンドを積み立てております。このファンドはコストは高いのですが、今の所は、流行りの低コストインデックスファンドと比べても同等あるいはそれ以上の好成績を残しております。

どちらがいいかを聞けばもちろん低コストの野村つみたて外国株投信を推されると思うのですが、セゾン達人ファンドと比べた時にセゾン側のメリットはどのような点がありますでしょうか。
あるいはもう7-8倍ほどのコストを払うメリットはもうございませんでしょうか。

よろしければご回答いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

>野村つみたての毎営業日積み立てに励みたいと思います。

参考にしていただけて、よかったです。
今後も当ブログをご愛読ください。

>先進国株式と新興国株式の二本立てで運用を考える場合、現状では野村つみたてがコスト面でベストであると理解しています。そのご説明の中で男爵様は、今から始めるなら と前置きされていますが、それはどのような理由からなのでしょうか。

質問がそのような前提だったからです。
既保有投信を解約して乗り換えてもよいし、既保有投信はそのままにして以後の購入分は野村つみたて外国株投信にしてもよいでしょう。

>セゾン達人ファンドと比べた時にセゾン側のメリットはどのような点がありますでしょうか。

アクティブファンドは私は分かりません。
ただ、マルキール先生は次のとおり述べています。

私は最近になってますます、過去の運用成績が将来の予測にはほとんど役立たないことを確信するようになったためである。一貫して市場平均を上回り続ける成績を上げ続ける確率は、もはや偶然としか言えない時代になったのだ。
(「ウォール街のランダム・ウォーカー原著第11版」492頁)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

組み合わせか一本か・・・

たわら男爵さん、こんにちは。

たわら男爵さんのブログは私の投資指標と言っても大げさではないぐらいに参考にしています。

最近、少し悩んでいる事があります。

現在私の積立ているファンドは

「特定口座」でたわら先進国株式とイーマクシススリム新興国株式

「401k」でDAIAM外国株式とDCニッセイ外国株式〔夫婦分〕

としているのですが、野村つみたて外国株の登場で心揺さぶられております。

SBI証券でたわら先進国を1000万以上保有しているのでイーマクシススリム新興国株式は0.2%のキャッシュバックが付与されている条件でも同じ積立配分の場合、野村の方が低コストでしょう?

つみたてNISAの使い道など検討しているところであり、そのあたりの計算と説明をしていただけると大変ありがたいです。

ご教授下さい。よろしくお願いします。

No title

コメントありがとうございます。

新記事で回答しましたので、よろしければご覧ください。

組み合わせか一本か

早速の回答ありがとうございました。
大変参考になりました。
これで迷いなく野村つみたて外国株に全力投資出来そうです。

これからもブログを拝見していきたいと思います。
ありがとうございます。

No title

コメントありがとうございます。
参考にしていただけて、よかったです。

今後も当ブログをご愛読ください。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理