eMAXIS Slimシリーズ初の値下げへ。まずは先進国株から

eMAXIS Slimが値下げに踏み切ります。

まずは先進国株。ついで日本株(TOPIX)です。

広告

きっかけはツイッターでした。

eMAXIS Slimの信託報酬
 国内株式:12月に0.17に、
 先進国株式:10月に0.19に
下げる予定らしい。
投信エキスポにて代田取締役の講演より。
更に他社も下げるのかな…
https://twitter.com/ER_Jun2017/status/909079339865579520

これが本当であれば、重大な情報です。
なぜなら、スリムシリーズ初の値下げになるからです。

しかし、投信エキスポに行ったはずの人のブログを見ても、なぜかこの点に関する情報がありません。

聞いてみました。

以下は、私が理解した内容であることをあらかじめお断りしておきます。
これほどはっきり回答してくれたわけではなく、極めて慎重な言い回しで会社の公式な立場を守ろうとされていましたが、代田取締役のリークが前提事実として存在したことから、担当者の対応にも限界があったと思われます。

1、代田取締役の講演内容は当社として公式にアナウンスしたものではない。
公式なアナウンスは10月に入ってからになる。具体的には、当社のサイトで公表する形式をとる。

2、スリムシリーズは業界最低水準の信託報酬を目指すものであるが、現実に下げるとなると数か月かかってしまう。ただ、当社としては、できる限り早く当社のサイトで公表する形で、当社の値下げに対する態度をはっきりさせていきたいと考えている。

3、実際に、先進国株を10月に0.19%に下げるかどうか、TOPIXを12月に0.17%に下げるかどうかは、現時点で公式にアナウンスすることはできない。代田取締役が講演で言及した事項はあくまで非公式なものである。
ただ、代田取締役が、TOPIXに関して0.17%と述べたのは、三井住友DC日本株Sの値下げ情報を当社として確認していない段階だったためであり、これが確認できれば0.17%ではなく0.16%に値下げすることになる。

4、先進国株の値下げのアナウンスのタイミングであるが、当社としてはiFree外国株の値下げ日が10月2日であることは把握しており、その日が重要な意味がある日であることは認識している。ただし、当社の値下げのアナウンスのタイミングが具体的にいつかは現時点で公式にアナウンスすることはできない。

5、日本株を含む全世界株の新設は、現時点では考えていない。スリムシリーズはあくまでもイーマクシスシリーズを前提とするものであり、イーマクシスシリーズにないものをスリムシリーズで出すことは想定していない。

6、スリムシリーズは、販売会社の理解が得られず、販路が拡大できない状況にある。そのような中でこれ以上スリムシリーズを拡充すると、イーマクシスシリーズの販売会社や顧客との関係が悪化する可能性があることから、スリムシリーズは現時点のラインナップでひと段落と考えている。
また、そもそものコンセプトとしても、イーマクシスシリーズは様々なコンセプトの商品で拡充していくが、スリムシリーズは最低限度のものを低コストで提供するというものであった。
イーマクシス全世界株のスリム化も近日中の課題ではない。
ただし、あくまでも今後の顧客の需要次第であり、上記方針は確定事項ではない。

というわけで、イーマクシススリムシリーズ初の値下げです。
どうやら10月早々にプレスリリースを出し、先進国株の値下げを公表するようですね。
値下げ後の信託報酬は、先進国株は0.19%(iFree外国株への対抗値下げ)、TOPIXは0.16%(三井住友DC日本株Sへの対抗値下げ)になりそうです。

しかし、スリムシリーズのラインナップの拡充は当面はなさそうだということですから、「たわら全世界株」をリリースするチャンスが到来したといえます。
「野村つみたて外国株投信」も、どうやらつみたてNISA専売のようですし、ここが格好の攻めどころです。

※「野村つみたてシリーズ」の第1弾である「野村6資産均等バランス」(略称「野村つみたて6資産」)は、SBI証券では一般発売されず(現時点でサイトの新着投信欄にアップされず、オペレーターレベルでも知らないようでした)、つみたてNISA専売用と思われるため。

広告

コメント

野村アセットのホームページ見ると販売会社はSBIと新生銀行になっていますけど、明日から申し込めないんでしょうかね

No title

コメントありがとうございます。

>野村アセットのホームページ見ると販売会社はSBIと新生銀行になっていますけど、明日から申し込めないんでしょうかね

一般販売されるとしたら、今朝の午前8時から9時ころに新規取扱投信の欄に掲載されているはずです。
期待できそうにないと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理