楽天全世界株・楽天全米株は無分配+SBI証券も来るかも

昨日の午後5時直前、エディネットの登録情報に、VTとVTIを買うだけの投資信託が新規設定されるとの有価証券届出書が登録されました。
【参考記事】
●VT、VTIを買うだけの投資信託が楽天証券からリリース(10/13~)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-548.html#more
●VTと楽天全世界株の課税関係
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-549.html#more

そこで、気になるのは、

(1)楽天証券で普通に買えるのか(楽ラップ、iDeCo、NISA専売品か)
(2)分配金は出すのか
(3)楽天証券以外の他社でも販売されるのか

という点です。

聞いてみました。

広告

回答

(1)10月13日から楽天証券の特定口座で購入できます。

(2)極力分配金を出さない方針です。

(3)楽天証券以外の他社でも取扱ってもらえるよう、積極的に働きかけています。
つみたてNISAの対象投信にもなりますので、つみたてNISA口座、iDeCo口座でもぜひ取り扱ってほしいです。

というわけで、楽天投信投資顧問株式会社は、楽天全世界株・楽天全米株の今後の販路拡大に極めて意欲的でした。

この点、単にVT、VTIを買うだけで税込0.1296%の信託報酬、推定0.05%の諸経費を継続的に払うのは高いのではないかという考えもあります。
たしかに、1000万円分の楽天全世界株を購入すると、VTの経費(年1万1000円)に加えて年1万2960円の信託報酬、年5000円のコスト(年1万7960円)が継続的にかかることになります。もっとも、年5000円のコストは投信保有ポイントと同額であることから、実質的な継続コストは1000万円あたり年1万2960円の信託報酬相当額だけです。

しかし、冒頭の参考記事でお伝えしたとおり、楽天全世界株は無分配投信ですから、分配金の17.4241755%相当額の運用益を手にすることができます。

●VTの分配金が年2.5%のとき

分配金は年25万円。その17.4241755%は4万3560円。
4万3560円を年5%で運用できたとき、運用益は年2178円。およそ6年(5年と347日)で信託報酬額を回収でき、6年目以降は年2178円ずつ儲かる。
4万3560円を年3%で運用できたとき、運用益は年1306円。およそ10年(9年と337日)で信託報酬額を回収でき、10年目以降は年1306円ずつ儲かる。

●VTの分配金が年2%のとき

分配金は年20万円。その17.4241755%は3万4848円。
3万4848円を年5%で運用できたとき、運用益は年1742円。およそ7年6か月(7年と161日)で信託報酬額を回収でき、7年7か月目以降は年1742円ずつ儲かる。
3万4848円を年3%で運用できたとき、運用益は年1045円。およそ12年8か月(12年と219日)で信託報酬額を回収でき、12年9か月目以降は年1045円ずつ儲かる。

このように、楽天全世界株を買った場合、VTとのコスト差は、早くて6~7年程度、遅くても10年程度で取り戻すことができ、それ以後は繰り延べ分の源泉税の運用益相当額だけ毎年儲かることになります。

もっとも、既にVT、VTIを保有している人が楽天全世界株、楽天全米株に乗り換えるかどうかは、今後の1年間の運用を見て、実際にかかった運用コストが推定値0.05%程度かどうかを確認してからにすべきです。

また、ファンドの規模が大きくなれば、ひとりひとりの顧客が負担しなければならない運用コスト(固定額)は希釈化されますので、楽天証券だけでなく、SBI証券が販売会社となるかどうかは、このファンドの将来性を占うにあたり、非常に大きなポイントになるでしょう。
楽天投信投資顧問株式会社は他にも複数の投資信託を運用しています。全ての投資信託の販売会社を確認しましたが、楽ラップ専用ファンドを除いて、SBI証券も販売会社に含まれていますので、この両ファンドが楽天証券専売でなく、運用会社が販路拡大に積極的である以上、高い確率で、いずれSBI証券が販売会社に加わるでしょう。

現時点での私の予定(変更の可能性あり)は、

(1)マネックス証券のVTの乗り換えはせず、まずは1年後の実際の運用コストを確認する
(2)楽天証券で、両ファンドの均等額積立てを開始する

というものになります。

※SBI証券を待たずに楽天証券で積立てを開始する理由は、

(1)両ファンドを新規設定した楽天に敬意を表するため
(2)SBIポイントと楽天ポイントはほぼ同額であるため
(3)SBI証券がいつ来るか不明なため
(4)SBI証券でたわら先進国株をストロングホールドしていることから、リスク分散させたいため

です。
ただし、10月13日前にSBI証券での取扱いが発表されたときは、その時点で再考します。

広告

コメント

No title

楽天にご確認いただきありがとうございます。

楽天やりますね。
つみたてNISA開始を来年に控え、各社俄然やるきになってきた感じです。
といっても既存の低コストインデックス投信を持たなかった楽天だからバンガードのETFを使って今回のようなウルトラCができたのかもしれません。

今回と同じ商品設計で他社がより低コストで仕掛けてくれば海外ETFの定期購入者のマーケットも奪って激アツになってくれるのですが。

SBIアセットはEXE-iシリーズを既に持ってるので難しいでしょうかね。
それとも対抗的に何かやってくれるか。。

No title

コメントありがとうございます。

>今回と同じ商品設計で他社がより低コストで仕掛けてくれば海外ETFの定期購入者のマーケットも奪って激アツになってくれるのですが。

私は、これ以上の値下げはないと考えています。

楽天全世界株・全米株の信託報酬は、運用会社0.05、証券会社0.05、信託銀行0.02です。

証券会社の0.05を削ると、投信保有ポイントのほうが多いという逆ザヤになります。
そして、証券会社の報酬を0.05とする以上、

運用会社の報酬は0.05を下回ることはできません。

信託銀行の報酬も0.02が相場です。

私は、他社が類似の新ファンドを出す未来ではなく、楽天全世界株・全米株が多くの証券会社で購入でき、その純資産額が積みあがる未来を期待しています。

No title

 いつも価値ある情報を記事にしてくださり、ありがとうございます。

 当方、現在、海外旅行中で西安におり、情報に接するのが少し遅れてしまいました。

 私は、楽天全世界株をSBI証券が取り扱ってくれれば積立NISAにより同証券で、取り扱いがなければ楽天証券で積立NISAにより積み立てる予定です。

 VTのファンドオブETFを長い間待っていました。

 楽天投信に大感謝です。

 ところで、たわら男爵さんのこのブログ、こちらではVPNを利用しないと見れません。

 そのほかにも規制や管理がとても厳しいです。

No title

コメントありがとうございます。
参考にしていただけたようで、よかったです。

>ところで、たわら男爵さんのこのブログ、こちらではVPNを利用しないと見れません。

国民の幸福の総和のためではなく、一部の特権階級の既得権益の維持のために国家運営がなされるのは実に嘆かわしいといえますね。

私なんか、怖くて中国旅行などできません。
無事のご帰国をお祈りしています。

No title

10月20日からSBI証券での取扱が決まり、日系中小型株指数とかと同じ道になりましたな。

No title

コメントありがとうございます。

>10月20日からSBI証券での取扱が決まり、日系中小型株指数とかと同じ道になりましたな。

SBI証券は、楽天やマネックスと比べて、新規設定ファンドの取扱いが遅れる傾向にありますね。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(マネックス証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入。
●松井証券で「Slim全世界株リバランス積立」の毎営業日1万円投資を実行中。
●楽天証券で「たわら男爵15種」の毎月2回100円投資を実行中。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理