VTの構成銘柄数は7845銘柄(2017年7月末)

VTの構成銘柄数が気になったので、マネックス証券に聞いてみました。

広告

いつもマネックス証券をご利用いただき、誠にありがとうございます。
マネックス証券の冨田と申します。
お問い合わせいただきました件につきまして、回答が遅くなり申し訳ございません。
ご質問いただいた件について、回答申し上げます。
VTの正式な構成銘柄数は2017年7月末時点で7,845銘柄でございます。
ファクトシートでも構成株式銘柄数の記載がございますのでご確認をいただけますと幸いでございます。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VT_JP.pdf

※こちらのファクトシートは2017年3月31日現在のため、構成株式銘柄数は7,774銘柄となります。

以上をこの度のメールの回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。
今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。


というわけで、2017年7月末現在のVTの構成銘柄数は7845銘柄でしたが、これが多いのか少ないのか、これだけでは分かりませんね。

そこで、ますい画伯の調査結果から、オススメファンドの構成銘柄数を抜き出してみます。

たわら先進国株 1296銘柄
http://www.masuitousi.com/blog-entry-1141.html
●イーマクシススリム新興国株 831銘柄
http://www.masuitousi.com/blog-entry-1143.html
●三井住友DC日本株S 1636銘柄
http://www.masuitousi.com/blog-entry-1148.html

これらの合計は3763銘柄(VTの48%)です。

バンガード社は、2011年12月19日よりベンチマークを変更し、小型株も網羅するようになりました。
変更前の構成銘柄数は2927銘柄だったのが7400銘柄超に激増しました。

これだけ見ると、「半分以上が小型株?」と思ってしまいますが、小型株は7.8%しかありませんので、単純に新ベンチマークがより多くの構成銘柄を要求していると考えるべきでしょう。
https://advisors.vanguard.com/VGApp/iip/site/advisor/investments/portfoliodetails?fundId=3141

なお、上記リンク先を見ると、VTの2017年7月31日時点の状況が分かります。

マネックス証券の回答にあるように、「Number of stocks」は「7,845」と記載されていますね。

また、地域別配分比は以下のとおりです。

●先進国株 81%(うち米国52.1%)
●新興国株 10.8%
●日本株 8.2%

※ただし、韓国は新興国に含めた。

広告

コメント

No title

確かにファクトシートはそうなのですが、
米国のフィデリティのサイトでもやっぱり
858銘柄とはっきりと記載されています。

https://screener.fidelity.com/ftgw/etf/goto/snapshot/portfolioComposition.jhtml?symbols=VT

ちなみに、米国4000銘柄以上となっているVTIでも1481銘柄です。

マネックス証券の担当がどれほど正確に言っているのかは、わかりません。

やはり、本家のバンガードに尋ねないと事の真相はわかりませんね。ただし、バンガード社は、あやふやに回答しそうな気がします。

釈然としませんが、VTそのものの価値はかわりませんので、別にかまいません。
途中まで、VT858の構成銘柄を調べていくとわかったのですが、個人的にどうかなと思う銘柄が除外されている気がしました。
日本国内では、実投資の2番目が中部電力となっています。国別の時価総額でなく、regionでの時価総額、単純な企業順位でなく、sector内での時価総額で振り分け、総合的には国別の時価総額割合が合致しているような気がします。バンガードは、優良と見ない企業には投資しないというポリシーがあるため、全銘柄を選択できないのではないかと思います。
ファクトシートは、指数指定の銘柄とバンガードが投資対象にする銘柄があるだけで、実際の抽出銘柄は異なるというのが現在の捉えです。

No title

コメントありがとうございます。

上記のサイトには「Basket Holdings」と記載されています。
私は英語が読めないので良く分かりませんが、これは「現物株バスケット」の意味ではないのでしょうか。

No title

バンガード社の日本語サイトは情報更新が遅いですね。とても。
(ブラックロックは毎日更新されています。)
私はもっぱらバンガード社の米国サイトでチェックしています。

No title

コメントありがとうございます。

>私はもっぱらバンガード社の米国サイトでチェックしています。

私は英語が読めませんが、最近の翻訳サイト、特にグーグルのものは性能が非常に良くて助かっています。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理