eMAXIS Slim国内株が対抗値下げ

2週間前に「9種類の最安インデックスファド(Smart‐i)がリリース」という記事を書きました。
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-502.html

この中で、私は、

イーマクシススリムより安いTOPIX投信がリリースされたことで、イーマクシススリムはどう動くかを見物することができます。
もしイーマクシススリムが様子見をするようであれば、イーマクシススリムのくびきが外れることになり、超低コスト戦争はより加速する可能性があると考えます。

と書きましたが、さっそくイーマクシススリムが動きました。

広告

今日の日経新聞の記事です。

投信、運用手数料下げ競う りそな「最安」投入」

りそなアセットは29日、指数連動を目指すインデックス投信「Smart‐i」シリーズを計9本投入する。そのうち東証株価指数(TOPIX)や東証REIT指数に連動する4本の信託報酬はそれぞれのカテゴリーで業界最低を更新する見込みだ。
三菱UFJ国際は「eMAXIS Slim」シリーズの「対抗値下げ」に動く。同シリーズの信託報酬は「常に業界最低」にすると打ち出しているためだ。TOPIX型の信託報酬は現状の年率0.18%(税抜き)から、りそなアセットに並ぶ0.17%に引き下げる方針だ。


どうやら、イーマクシススリムは本気で他社をつぶす覚悟のようです。

ニッセイTOPIXも動くのか、あるいは様子見をするのか。面白くなってきました。
もしここでニッセイTOPIXが動かないと、ニッセイ外国株の売上げに影響が及ぶでしょう。

空気を読まないiFreeがSP500のリリースに合わせて、既存投信の値下げ(同率1位ではなく単独1位)に動けば面白そうです。
iFreeシリーズの純資産額は数億円です。ここで値下げしても失うものはありません。逆に、動かなければ、ダウとSP500を除き、超低コスト戦争から脱落する可能性が濃厚です。

たわらシリーズは、もうダメでしょう。
何度も言いますが、起死回生の一手は、

(1)先進国株の0.199%の値下げ
(2)全世界株投信の0.2%でのリリース

しかありません。

全世界株投信は、なにもMSCI指数に連動する必要はなく、先進国株8、新興国株1、TOPIX1の配分比でノーセルリバランスしていき、年に1回程度の売りを伴うリバランスをすれば十分です。

でも、動かないんだろうなぁ。

広告

コメント

非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理