ぼくのかんがえたさいきょうのとうしほう

明日の早朝から旅行のため、ブログの更新ができません。

そこで、旅行中、運転しながら考えようと思っている「ぼくのかんがえたさいきょうのとうしほう」を先んじて投稿することにしました。

また熟考していないことから、穴があるかもしれませんが、あくまで叩き台ということで、優しい気持ちでお読みいただければと思います。

広告

SBI証券と楽天証券は、10万円以下の日本株売買手数料を無料としました。

●SBI証券は9月4日(月)から
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=none&dir=info&file=home_info170818.html&_scpr=int_id%3d170818_dstock_spot:more_attx_01

●楽天証券は9月1日(金)から
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20170818-02.html

私は、これを知った時から、これを利用できないかと考えていました。

一般的に、「高配当株は値下がりしにくい」という経験則があります。
なぜなら、株価が下がると配当利回りが上がるため、高配当率に魅力を感じた人からの買い注文が入るからです。

米国株配当貴族指数は、高配当株ではなく連続増配株の指数ですが、株価の値上がり局面に弱く、値下がり局面に強い傾向があります。
その理由も、高配当株と同様に、株価が下がると配当利回りが上がるからです(しかも、連続増配株であるため、不況であっても配当利回りを下げることはないという信頼が買い注文を出しやすくします)。

「みんかぶ」というサイトがあります。
http://minkabu.jp/

このサイトでは様々な要素のランキング表示をさせることができますが、「配当利回りランキング」で全株式を並び替えると、配当利回りが4%あれば超高配当銘柄であることが分かります。

高配当株は、いずれもよく分からない会社が並んでいます(配当利回りが高いということは、配当利回りを高くしないと買ってもらえないから高くするという意味もあるからです)。

しかし、高配当銘柄の中には「みずほフィナンシャルグループ」(8411)があります。その配当利回りは現在3.97%です。
みずほFGは、2015年3月から3年連続で、1株当たりの配当金を7.5円としています。現在の株価は189円ですから、7.5÷189円=3.97%になるわけです。
そうすると、配当利回りが4%になるのは、株価が187.5円になったときです。

みずほFGの取引単位は100株ですから、株価が187.5円のときは1万8750円で買えることになります。
そこで、毎日1万8750円で指値をしておき、指値が刺さったら、翌営業日にまた1万8750円で指値をするということを繰り返すと、必ず1万8750円以下で購入することができます。

つまり、この作戦は、毎日みずほFGの株を100株ずつ購入していくものの、購入するのは配当利回りが4%以上のときだけであり、4%未満の日には購入しないという、「配当利回り4%以上の日だけ100株購入する作戦」ということになります。

銘柄はみずほFGですから、破綻するリスクはほぼゼロでしょうし(みずほ銀行が破綻するときは日本がほぼ終わるときといってもよいでしょう)、株価が下がっても4%以上の配当利回りを確保することができますので、ホールドしていればいずれ持ち直す可能性が高いといえます。

このブログでも何度かみずほFGに言及していますが、私はみずほFGという銘柄に対し、漠然とした愛着を感じています。
このやり方だと、どうしても投資金額を増やすことができませんので、儲かっても儲からなくても大した違いはありませんが、いま私は「オレ、さいきょうのとうしほうを思い付いちゃったんじゃね」という高揚感に満たされています。

というわけで、明日と明後日の旅行中の移動時間を利用して、上記投資法が本当に「さいきょうのとうしほう」かどうかを考えてみたいと思います。

広告

コメント

No title

みずほFGはいいですね、売買単位が安いことや高配当なこともそうですが、毎年送られてくる株主総会の提案が最高に面白いので欠かさず読んでいます。
個別株は郵便物が増えるのが大問題なので手広くやると大変なことになりますが、一つだけ持つならみずほが良いと思っています。

No title

コメントありがとうございます。

>個別株は郵便物が増えるのが大問題なので手広くやると大変なことになりますが、一つだけ持つならみずほが良いと思っています。

私がリーマンショックの前に大量の日本株を保有していたとき、大量の郵便物が同時期に届くわけですが、もう既に多額の含み損があるわけで、郵便物が来るたびに含み損を思い出し、つらかったです。

みずほは、今日、いい感じに下げていますので、ようやく買い場が来たのかもしれませんね。

No title

いつも楽しく読ませていただいています。

その後、「ぼくのかんがえたさいきょうのとうしほう」の検討結果はいかがでしたか?指値が刺さるタイミングがあったので実行されたのか気になっていました。

これなら自分もお小遣いの範囲で出来て、配当金が入ったらそれを原資に毎月100円積立などしたら楽しいかなと考えてたもので(^_^;;

No title

コメントありがとうございます。

>その後、「ぼくのかんがえたさいきょうのとうしほう」の検討結果はいかがでしたか?指値が刺さるタイミングがあったので実行されたのか気になっていました。

順調です。
もう少したったら記事にする予定ですが、タイミング投資を機械的にすることで買いすぎを防ぐことができます。

現在は、指値を187.0にしています。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は、たわら先進国株(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)はeMAXIS Slim先進国株を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資はeMAXIS Slim先進国株を毎月5万円購入(+特定口座で4万円×4回=毎月16万円の積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理