eMAXIS Slimバランス、30億円を突破

「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」(イーマクシススリムバランス)の純資産額が、8月17日、30億円を突破しました。

同日付の純資産額は、30億0900万円です。

※こちらの記事もご覧ください。

●「たわら先進国株、125億円を突破+さよなら、たわら全世界株」
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-508.html#more

広告

公募初日から現在までの純資産額の推移は、以下のとおりです。

5月11日 2億7400万円(公募初日。自己資金1000万円を含む。以下同じ)
5月16日 5億0800万円
5月26日 10億0100万円
6月19日 15億1700万円
7月11日 20億0400万円
7月28日 25億0200万円
8月17日 30億0900万円

イーマクシススリムバランスの勢いが止まりません。

イーマクシスリムバランスの純資産額の増加に勢いがあると、気になるのはイーマクシスバランスの純資産額に対する影響です。
イーマクシスバランスの5月11日時点の純資産額は220億7400万円で、8月17日時点の純資産額は226億9000万円ですから、依然として乗換え流出はないことが分かります。

イーマクシスバランスの既存顧客はがっちり握りながら、超低コストを好む顧客にはイーマクシススリムバランスで配慮する(iFree8資産バランスへの資金流出を防ぐ)戦術は、現時点ではうまくいっているようです。

これに対し、ライバルである「iFree8資産バランス」は不調です。

5月10日の純資産額は29億7260万円(基準価額1万1058円)。
8月17日の純資産額は42億3700万円(基準価額1万1132円)。

基準価額の上昇率0.669%相当額(1988万円)を考慮後の実質的な増加額は12億4452万円ですので、増加額はイーマクシススリムバランスの40.27%に過ぎません。

また、基準価額の騰落率ですが、

●iFree8資産バランス 0.669%
●eMAXIS Slimバランス 0.905%

ですので、eMAXIS Slimバランスが微差で勝っています。

また、前回から今回までの間で、iFree8資産バランスの純資産額は、2億5700万円増加しています。
イーマクシススリムバランスのこの間の増加額は5億0700万円ですから、前回と同様、iFree8資産バランスの健闘は続いているといえます。

ところで、2017年7月28日に新規設定された「たわらバランス(8資産均等型)」が全く振るいません。
8月17日の純資産額が6600万円ですから、完全にやっちゃいましたね。

前述したとおり、たわらバランスの純資産額が6600万円になった間に、アイフリー8資産バランスは2億5700万円、イーマクシススリムバランスは5億0700万円も増えています。

イーマクシススリム先進国株が失敗したように、信託報酬を先行する最安値投信と同額にするという同率1位作戦は、そのセコさから顧客に嫌われる傾向にあります。

8資産均等バランスは元々イーマクシスの独擅場でしたが、アイフリーが半値以下のバーゲンプライスで登場したことで喝采を浴び、純資産額も40億円を超えるまで支持を得ています。

その後、イーマクシスがスリムシリーズでアイフリーに追いつき、スマートベータ指数ではない新興国株を含む8資産均等バランスであることもあり、わずか3か月で純資産額が30億円に到達しました(ちなみに、アイフリーは、純資産額が30億円に到達するまで8か月半かかっています)。

そこに、何も工夫せず、単に同率1位作戦のみで、たわらバランスが参戦したわけですから、たわらバランスに支持が集まるはずもないといえます。

このイーマクシススリムバランスは、バランスファンドの決定版です。
【参考記事】
この投資信託がすごい(2017年8月、バランスファンド編)
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-498.html#more

上記記事で整理したとおり、推定実質コストは税込0.3047%ですから、格安というほかありません。

私は、債券不要論に立ちますので、債券を37.5%も含むイーマクシススリムバランスは楽天証券の100円投資をするだけにとどめますが、「どの資産クラスが値上がるか分からない以上、全てを均等に買えばよい」というコンセプトには否定し難い説得力があります。
おそらく、何も考えずにイーマクシススリムバランスだけを均等額でひたすら積み立てるだけで、ほとんどの投資家より儲かるはずです。

というわけで、イーマクシススリムバランスの快進撃はまだまだ続くでしょう。

【参考記事】
男なら株100%(債券不要論)(1)債券は今が史上最高値水準
http://tawaraotoko.blog.fc2.com/blog-entry-21.html#more

広告

コメント

No title

iFreeバランスは一時の勢いはなくなってしまいましたが、SBI証券のiDeCoにラインナップされているので着実に増えていきそうですね。
セコさそのものよりも乗り換える理由がないからというのが正しいような気もします。
eMAXIS slimバランスが出た時に乗り換えなかった人が、同じコストなのに俵が出たからと言って乗り換えるとしたら、相当なたわらファンに違いありません。
それこそAMOneは感謝のしるしに米一俵プレゼントしても良いくらいだと思います。

No title

コメントありがとうございます。

>eMAXIS slimバランスが出た時に乗り換えなかった人が、同じコストなのに俵が出たからと言って乗り換えるとしたら、相当なたわらファンに違いありません。

私を含め、そんなファンはいそうにないですから、明らかに投信会社の戦略ミスだと思います。
非公開コメント

広告

プロフィール

たわら男爵

Author:たわら男爵
Painter:ますい画伯
http://www.masuitousi.com/

ブログ開始日 2016年3月1日

●リスク資産(6割)は「たわら先進国株」(楽天証券)とVT(SBI証券)をほぼ50:50でホールド中。
●つみたてNISA(SBI証券)では「たわら先進国株」を年初一括40万円購入。
●楽天カード投資(毎月1日)では「たわら先進国株」を毎月5万円購入(+特定口座で11日と21日に各5万円ずつ積立買付中)。
●SBI証券で「インデックスマラソン」の毎営業日100円投資を実行中。

●無リスク資産(4割)は、個人向け国債変動10(みずほ証券、SMBC日興証券)と楽天銀行(金利0.1%)。

パソコン版右端の「ブログ記事検索」と「カテゴリ」が便利です。

●「誰でもできる超簡単ほったらかし投資」(カテゴリ「【公開】誰でもできる究極の投資」)はこのブログの全エッセンスを1記事に凝縮したものです。
●カテゴリ「この投資信託がすごい」では、ベストバイファンドの具体名を明示しています。
●カテゴリ「インデックスファンドの基礎知識」を読めば、誰でも簡単に投資信託の必須知識を得ることができます。

新着記事通知用のツイッターアカウントはこちら。
https://twitter.com/tawaradanshaku

インデックス投資家必読の書

ブログ記事検索

他の投信ブログはこちら

管理